2006年01月04日

アンジェリーナに1800円

正月はいわゆる正月映画を劇場でバーンと観てやる。
今年最初のゼータクはこれと決めていたので「Mr.& Mrs. Smith」の4時からの回を観にいった。しかし、正月映画というにはちょっと小粒っぽくない?!ブラピのファンでもないのに何故にこの映画? つか、なんでハリポタやキングコングじゃないんだって素朴な質問が出そう。

実はハリポタは今まで一度も観てないんで、今更観るわけにいかないんだ。なんとなく義理と人情が立たないんだ。そして、キングコングの方はハズれた場合のショックが大きそうなので回避した。キングコング映画というかキングコング、大好きなんで、ショボかったらガッカシだもんね。で、それ以外で少しでも誉められているのを目にしたことがある、Mr.& Mrs.にしたの。でも、誉めてたのって香取慎吾だっけ?稲垣の方だっけ?それから、どこかの週刊誌だっけ?どっちにしろ、たいした誉め方じゃなかった気もする。・・とにかく、少なくとも「アンジェリーナ・ジョリーの唇と脚」だけは、皆誉めていたような。

ま、豪華カップルのシャレたラブ・コメのよくできたのだったらおなぐさみというか、けっこう拾いものかもしれん、などと思いながらも、正月にロードショーでやろうってんだからなんかそれだけのもんがあるんだろうと勝手な期待もあったのであった。(ああ、くどくどしー)

以下、ネタばれ(バレバレ)になりますのでご注意ください。
(かまわない方はクリックして読んでください。)


続きを読む
posted by miquage at 22:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。