2006年02月05日

けものみちだよ白夜行

「浪花節だよ人生は」そして「けものみちだよ 白夜行」というわけで、ついこの間まで「白夜行」を「北帰行」と間違えてた私ですが、ちゃんと文庫本買って、読みましたよ、「白夜行」!。それなのにまだしつこく、本屋で平積みの「白夜行」見ると「あ、ホッキコーだ」と思ってしまう自分がいます。お許しくだせー>直木賞の東野圭吾センセー。

ところで、「北帰行」って、もしかして「キタキコウ」って読むのでしょうか??湯桶読みになってしまいますから違いますよねー。ってのは例によって遠くにおいといて、読んでわかったんですが、「白夜行」って「けものみち」だったんですね!悪女モノって某所で読んで、ええっ、でもTVだと主役 綾瀬はるかと山田くんがやってんじゃ、と思ってたんですが、ほんとうに原作は、悪女モノだったのでした。しかも、後書きで、馳星州が「ほんまもんのノワールだ」なんて賛辞を捧げるほどのかなりすごい悪女モノ。日本の小説でこういうの久しぶりに読んだように思いました。

あ、TV版の方は2回目をちょっと見ただけなんで、原作通りなのかわかりません。でもさ、あの配役で、原作通りはまず無理なんじゃないの。それとも、大人(20代)になったら、配役が変わるのかなあ。それでも無理だよね。10代があの2人じゃ。趣旨変えて、根底にある少年少女時代の純愛を主役にもってきて、やむをえず悪に突っ走るしかなかったのや路線にするしかないんじゃ。。ま、そんな心配してもしかたないか。ドラマで原作の趣旨を完全変更しちゃうのってよくあることだものね。「野ブタ。をプロデュース」はすごすぎたと思うけど(^^;)

ところで、TVの方の「けものみち」って、松本清張の「けものみち」と「黒革の手帳」をコンバインさせたような作品なんだそうで、やはりこれも原作のけものみちとは随分違うらしいです。でも趣旨は変わってないというかすごい悪女モノって点では変わってないらしい。こっちは趣旨は変えてないけど、設定とストーリーを変えちゃってるわけね。まー、いろいろあらーな。

ここから先は例によってネタばれ無宿になってしまいます〜。

かまわない方はお入りください(^ ^)


続きを読む
posted by miquage at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。