2006年02月26日

ブロンドのわなわなぷるぷる

「わかるだろう。背の高いブロンド娘には弱いんだ」

さて、このアホみたいなセリフは誰のでしょう。
あー、あの人ね、と思った方、たくさんいらっさると思います。
あの人って、あの、失業中の上交通事故とかいう噂の某氏のことですよ。
失業中なのに偽ブロンド娘(推定)と遊んでたら、車にひかれてしまった某氏のことですよ。
おまけにその車運転してたのも女性だったとか。
いや別に女の子と遊んでいたから事故にあったってことはないんだし、
たまたま女性が運転してたってだけなんですがね。
つか相変わらず「女難の相」持ちだってことが(ますます)明らかになったわけで。。。

てか、いかんな。
ここまで書いたら、ますますこのセリフも某氏ものとしか思えないじゃありませんか。
で、やっぱりそうなんでしょうか。
いや〜違いますよ。某氏のセリフじゃありません。
さすがに彼はそこまでアホっちーセリフは吐かないと思います。(そうかい??)
ま、言葉で言わなくても、気が強くて悪そうなブロンドが好きだってことは
またまた見事に証明されてしまったわけざんすが(^^;)

ちなみに、先の「(推定)」ってのは、「偽ブロンド」にかかるわけで「娘」に
かかるわけじゃーございません。念のため(笑)

えー、ようやく冒頭のセリフ問題に戻りますが、実は、こちら、「ツイン・ピークス」
で、絶頂期にあった頃の、カイル・マクラクラン氏のお言葉なんです。
「ツイン・・」はたしなむ程度でしたが、カイルは、アイルランド系で普通の
アメリカ俳優とはひと味違う感じでけっこう好きだったんです。

でも、インタビューでこんなこと言ってるのを見た時に、ツキモノが落ちました。
つか立ち読み中のその雑誌、シャキーンと2つに裂いてしまいそうになりました。
なーーーんだ、こいつ、単なるヤンキーのにーちゃんやないかって感じ。
それも、それだけが自分の弱点でして・・って恥ずかしそうに言うならまだしも、
「わかるだろう」はねーだろ、アホー!

・・・てな感じで、無条件なブロンド好きって、やぱ無条件にアホっちいですよね。
だから、「キューティ・ブロンド」みたいな映画だってできちゃうんでしょうね。

つかお陰様で、誰かさんの新カノを某所のその先で見せてもらったら、
一気に事故のショックがどこかのブラックホールに吸収されてしまったとです。
ついでに脱力のあまり、週に一度はと思って始めたここの更新もさぼっております。
(ああ、また言い訳にイ○ハンを使ってしまった。でも漸くリンク先の増殖をしましたよ!)

しかしねえ、有名な話かもだけど、ベッカムだって、ヴィクトリアが初めての、
つか最初で最後の(?!)ブルネットなんだってね。彼女にゲットされる前の相手と
今の浮気相手はほとんど全部ブロンドなんだそうな。

ブロンドがありえない、東洋人がブロンドに特別な関心をもつのはわからないでもない。
しかし、ベッカムみたいなブロンド男までそれじゃ、外人の女の子が髪をブロンドに
染めるのに年間多大な金額を費やすってのもわかる気がします。ハァ〜・・・。


ところで、そういえば、私も幼少の頃、男女を問わずブロンドの俳優が好きでした。

  マリリン・モンロー
  ミレーヌ・ドモンジョ
  フェイ・ダナウェイ
  ウェイン・モウンダー
  ジャック・ペラン
  デヴィッド・マッカラム

う〜ん、けっこういますね。
あまりに古くて名前がわからなかったんで、今回ネットで確認した人も混ざってます。
でも、今は特にブロンドのサッカー選手に執着するってこともないわけで、
誰かさんと違って悪いブロンドにひっかかることもなかろーし。

・・・・フン、まったくアホかーーーっ!!!
posted by miquage at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。