2006年04月29日

ヘビ少女○○○出ましたDeath Note

確か来月も単行本が出るはずのDeath Note。律儀なもんですなあ。
「来月も」なんて書くと毎月出るみたいだけど、さすがにそれはない。単にきちんと隔月刊を守ってるって意味。だけど、週刊誌連載の漫画って、一月おきに単行本が出るのが普通なんですよね。だから、当たり前というか普通っちゃ普通のことではある。ジャンプの他の連載だって、皆そうやって隔月で単行本がきちんと出ているはずだ。でも、けれども言えないことがある〜♪じゃなくって、けれどもできない人がいる。だから、ついつい、きちんと隔月刊を尊敬しちゃうのよね。あーあ、Hunter x Hunterの冨樫さん、今度はどこ行っちゃったのかな。還ってきたと思ったら、また別のコミケ準備? また休載で、ますます単行本発行も遠ざかるのであった。かといって、この件につき某巨大掲示板をチェックしに行く気もおこらないや。

HxHは今、アリの王国になぐり込みをかけようっちゅうクライマックスだってのに、これだけ休まれると、読者にも切迫感がなくなってしまう。アリの王様が超アタマいい故に自らのレゾン・デートル(笑)をついつい考え出す、なんて禁じ手みたいなもんもあっさり使っちゃう冨樫氏はすごいと思うし、このなぐり込みの結果はとてもとても楽しみ。王様の変心というか成長のおかげで、殺伐とした恐ろしさはなくなったし、これから先はそんなに気持ち悪いシーンはなさそうで助かる。でも、この展開のお陰で読み手のハラハラ度は減ったよねえ。その上、またまた休載になってしまって、待ち遠しさもすっぽ抜けてしまった。

もちろん、ジャンプ見るたびに、ああ、今週も載ってない、とがっかりはする。HxHがないんじゃ、Death Noteと銀魂しか読むとこないのに、ジャンプ買う気起こらんやんけ。・・・てなこと言いながら、One Piece以外は、ちゃんと読んるワシ。あ、ワンピは、好き嫌いじゃなくて、単に絵がダメなだけなんです。読みづらくて、読む気がしないんです。以前は、これで同人やってる友人がいたお陰もあって(^^;)、それでも苦労して読んでて、話は面白いと思ってたんですけど、絵がねえ。。。どうしても、漫画って絵が(自分にとって)見やすくないとスッと入っていけないんです。こんなに漫画が好きなのに、絵がダメってだけで何故か読めない作品ってあるものなんですねえ・・・。

絵がダメといえば、楳図かずおってどないですか?あの、肌のヌタッ、ヌメッとした質感が感じられるような妙にリアルで不気味な絵柄。最近、何故か女性週刊誌で、「おろち」とか「猫目小僧」とか昔の楳図漫画の復刻連載をやってて(!)、美容院に行くと、鳥肌立てながら読んでしまってます。ああ、やはり今読んでも気持ち悪いよ〜。この絵柄自体は、私はそんなに嫌いではないけど、ダメな人もいるだろうな。話の内容の気持ち悪さとあまりにピッタシだし。しかし、やはり楳図かずおって一種の天才というか異才なんだなあ。この人って、「結婚とかそういうことは、他の人がやればいいから」というヒトなんですってね。生身の普通の人間としての人生にも女性にも興味がないらしい。てか、そうだったんだ。見かけ通り別世界人だったのね。同じ記事で、生身の女性と関わったことがない故に?!女性の肉体の描写がちょびっと不自然なことが指摘されていたけど、うーん、そっかー。しかし、その割りに、女性ばかり描くヒトですよね。女性のいやらしさとか醜さの描写にあまりに長けている。身内を含め周囲の女性達への観察で生み出したものなのだろうか?単に自分自身の内側から醸し出されたものだけで描いたのだろうか?それとも、人間特有の醜さを女性の姿に託して描いているだけ?うーん、そうかもしれない気がしてきました・・。

ああ、久しぶりに長い前置きシリーズになってしまいました。が、本題はそんなに書くことなかったり(^^;) 
またまた今週のDeath Note読んでないと通じない話ですみませんが、要はタイトル通り、今週は○○○がなんとヘビ少女になってしまったのでした。
おわり。

じゃなくて〜〜〜(~~+)
・・・ネタばれよしの方は、「続き」へどうぞ m(__)m
続きを読む
posted by miquage at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

七転び八起きジュビロが日々

ジュビロ磐田 0 対 0 ジェフ市原・千葉

ジュビロ、めでたくジェフと分けました。
いや実は負けるんじゃ、と思ってたかも。
スンマセンm(__)m>山本監督
今のジュビロでジェフ相手なら引き分けでも御の字。
連勝はまたお預けでしたが、大きな収穫のある、いい試合でした。

なーんて、見てきたような言い方ですが、見てませーん。
昨日は、関東勢相手の試合だってのに、私が見られる局での中継が無し。
しかたないから、ジュビロHPだけじゃなく某巨大掲示板実況板まで併用の
ネット観戦でした。どっちを読んでもかなり激しい試合だったみたい。
最後までどちらが泣くことになってもおかしくないくらいの、
力が拮抗した、中味が濃い試合。
シュート数を見ても、前半はともかく、後半はジュビロも打ちまくった。
最終的には、巻を擁する千葉が12でジュビロが19!
枠内シュート数でも千葉6に対し8と勝っとる。
それも、若手とベテランとがまんべんなく、偏り無く、打ちまくってる。
そうだ!こういうジュビロが見たかったんだよ!!!

もしかして、先週の広島戦以来、本当に、チームの歯車がかみ合い始めている?
何度も何度も治ったと思ってはまた破れた傷口が本当にふさがり出している?

だった本当に嬉しいなあ。
そして、試合見たかったなあ。
そうか。今夜、Jスポーツでやる録画を見ればよいのだ(^◇^)

ところで、昨日の試合で一番カンドーしたのは、なんといっても、あの
「さよなら、ジュビロ」のオシム監督から、 丁度一年ぶりに見直してもらったこと(@^^@)

>>ジュビロはすごく調子が上がってきていると思います。
 これからジュビロと対戦するチームは大変だと思っています。

うう、ありがとう、オシム監督〜。
次の日本代表監督は、このヒトだといいなー(をいをい)

てか、この意見、某氏の、ようやくあと2−3週間で練習再開できる
までに脚が回復したってニュースと同じくらいうれしかったっす。

さあ、蘇れ、アイアン・シェフ!なんてね(^◇^)(古っ(^^;))
でも、今までの七転び八起き、ぢゃない一進一退の長〜い歴史があるから、
(どっちも)あまりはしゃがず見守ることにしまーす。


ところで、両チームがここまで熱くなったのは、ジーコの御前試合って
のもあったらし。

前回の御前試合(4月8日のFC東京戦)では大恥かいた、ジュビロの
代表選手達、今回はまだ面目を保ったんじゃないでしょうか。
点は入れられなかったとはいえ福西も村井も「FWじゃないもん」って
言えるし、田中と川口は完封させてもらったし(ホッ)。

一方、可哀想なのは、FWとしての結果を出せなかった巻。
広島の佐藤とどっちが残るのか(つかどっちも残らないのか)、
本人達もジーコも最後までたいへんでしょうね。

しかし、露出度が低くなった大黒サマはどうなるのや〜、、とか、
オオクボって今何しとるの〜、とかみんな思ってるよね??
どうも両オーさんは、最近存在感が限りなくゼロっちいような。
ま、みんな若いんだし、次があるからいいか?!(よくねーよ!!(^^;))
posted by miquage at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

リーグ戦ホーム初勝利ジュビロが日々

ジュビロ磐田 3 対 0 サンフレッチェ広島


ジュビロ完勝!!!\(^_^)( ^_^)/
そして私は完バテ(>_<)
というわけで、詳しくは、こちらをご覧下さい(⌒▽⌒)ノ"

そうそう、来週は、敵地で苦手のジェフ千葉市原戦。
FC東京と同勝ち点、同得点ってことで、同じ9位になったジュビロ。
なんとジェフは8位ではないか。
てことはっ、勝てば追い越せるのだっ!

帰ってきた、ゴン中山、帰ってきてすぐイエロー一枚もらった福西、
今日の3点全部にからんだ、太田くん達若手と息の合ったプレーで、
また勝利、頼みます(^ε^)-☆

ところで、タイトルは、「えっ、今頃リーグ戦ホーム初勝利(>_<)」っての
を忘れんように、つけました。
この屈辱感をコヤシにきれいな華が咲くといいんだが。。。
posted by miquage at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

いけないクライマックスDeath Note

今週も絶好調クライマックスが続いているDeath Note。

し、しかしっ、なんじゃーこりゃー!
たったひとコマ、見てはいけないものが・・・・!!

そう、それは、Death Noteに突然出現した、「筋肉」。
こ、これではまるで「アストロ球団」(>_<)
うう、なんでこんなとこにレトロな少年漫画がヒトコマだけ出現しとるのだ。
それも、クライマックスのいいとこで。

つか、それがあまりにミスマッチ&あまりにイヤ〜ンだったんで、
今週のラストのインパクトが弱っちくなってしまったあるよ。
どーしてくれるね、小畑健さん。
てか、担当編集者、なぜにヨセって言わなかったんだ。
ああ、みっともない。

つか、このヒトコマだけ、ほとんど「ギャグ」なんですけど。
実は「こ○わりくん」まで連想したヒトも(ここに)いるんですけど。
まさかそれを意図しての・・・・ハズはねーよな。

そうだ、例えばムンクの「叫び」みたいな処理とかできなかったのかよ〜。
それがキミ(誰だか知らんけど)のセンスのみせどころじゃないのかー☆

・・・あ、でもやっぱり結局小畑健さんのセキニンなのかしらん。
もしかして明日のジョーみたいな○○○を一度描いてみたかったとか??
ううう、でも、それだけはカンベン〜〜!!!あるよ(T_T)
尼寺へ行けあるよ〜〜(T_T) (T_T)
posted by miquage at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

味スタの乱ジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 3 FC東京 (@味の素スタジアム)

自分の死後3年間その死を内緒にせえ、と遺言したのは、武田信玄だっけ。
近隣諸国とのつばぜりあいの中で、3年間もてば、後継者も成長するし、
国が生き延びられると考えての言葉だったはず。
しかし、確か秘密はもたず、国も3年もたなかった。

・・・こんなのを思い出してしまった昨日の試合(T_T)

先週日曜の大分戦に続き、 水曜のナビスコ杯でも、若手の力で勝利を
ゲットし、漸く軌道に乗ってきたかと思わせたジュビロ。
なのに、昨日は、ジーコの御前で、川口能活も田中誠も、
思いっきり大恥をかきました。
そら、福西、西、韓国代表の金は欠場でしたが、この程度の欠場で、
この負けっぷり。
つまるところ、完敗ってことですな。
ハイ。せり負け、よせ負け、力負け。
すべてにおいて、東京に負けてました。

 こうしてどんどん追い落とされていき、結局J2に落ちのびる
 なんてことも、ワシら、視野に入れとかねばならん。
 なにせ、お館様の3年で世代交替完成ってプランは、
 2年目の今まだ、ほとんど形がつかない段階にしか見えぬ。
 どうも昨年も同じようなことを言って嘆いていたやに記憶するが、
 来年の今頃、3年目になってもまだこの状態ぞと嘆いておらぬ
 とも限らぬ。
 ああ、せめて、若い者の手本、藤田俊哉がいてくれたら。。。

昨日は、ジュビロおっかけ娘、ことえはんとこんな話をして、
酒も飲まんとさんざんクダ巻いて帰ってきました。
てことで、そうです、行ってきました、味スタ観戦。

日中一時雨が降りましたが、すぐにやんで、いいお天気になった
昨日の東京。
4時からの試合開始時にはちょっと暑いくらいでした。
ところが、前半の終わりくらいから、日が陰って、風邪も出てきて、
後半なんて、用意してきたコートにくるまってもけっこうサム〜。
ことえはんなど、ホッカイロを出してもんでいたのだった。
しかし、試合内容はもっともっとサムくて、もうほとんど
凍りついていました。

 TVのサッカー観戦はあまり意味がない。
 それは本当のサッカー観戦とはいえない。
 何故なら、結局、わかるのはかろうじて相対的なスピード差だけ。
 チームや選手の全体の動きやほんとうの速さを見るには、
 現地に行くしかない。

これは、サッカーにうるさい某氏が言ってたセリフ

「だって、わかるだろう?TVカメラの視線は選手を追って
 動きながら撮るんだからね」
このセリフが嫌味に感じられたのは、コイツがしょっちゅう
現地観戦に行ける立場にあったから。
だけど、確かに、本当のスピードはわからないってことを
肝に銘じてTVを見るようにはしてきた。

で、TVでもここんとこダメだったジュビロだが、
目の前では・・・
やはりダメじゃないかよ、コノヤロー!でした(T_T)

てか、やはり、欠場者に大きい選手が多かったせいもあるけど、
昨日のジュビロは、まず身体で負けていた。
けっこう前の席だったので実感したんだけど、東京のDFが前に立つ
とジュビロの選手は前が見づらいんだよね、当たり前だけど。
そして、ゴールマウスには、川口に較べるとずっとデカイ、
土肥が立ちふさがっている。
でも、藤田俊哉だって小さかったわけだし、以前のジュビロだったら
当然、そんなこと、ものともしなかったはず。

そんなこんなで、最初の頃こそ、カレンのワントップやめろよなー云々
ぎゃーぎゃーわめいていた、ワレワレも、冷たい風と共にだんだん
言葉少なになってきました。
ヒュ〜〜・・・・どよ〜〜ん・・・


それでも、それにしても、昨日は、一人でTV観戦とかしなくてよかった。
同士と一緒の観戦で、ほとんど同じ感慨を分かち合うことができ、
落ち込みが少しでも分散されましたです。

それで、「続き」でちょっとだけ(?!)さらなる余計なお世話を
書くことにしますた。
これも、やはり、ことえはんと、意見が完全に一致してたことばかり。
ジュビ・サポはやはり皆、見事に同じこと考えているんですね。
それがわかってほんとに嬉しかったのでした。


続きを読む
posted by miquage at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

勝手にクライマックスDeath Note

まだ火曜日だってのに、忙しい盛りだってのに、
勝手にクライマックスを迎えないでほしい。
マッチ1本火事のもと、てか
Death Noteのお陰で妙にハイなヒトになってます。
いやー、今週はよかった〜。
あせり、うろたえ、ブザマにころがる、○○○。
こんないいもんが見られるなんて、生きててよかった(@^^@)
やぱ今がクライマックスだよね。
こんなの見ちゃったら、来週号の謎解きなんてどーでもいーや。
でも、これから○○○がどーなるのかは、勿論気になります。
燃え心が無事に成仏、じゃない昇天できるような成り行きに
なりますように。

それにしても、これ、今流行ってますね。
昨日も、電車の中でWJの連載をくいいるように読んでいる
おにーさんの隣には、単行本にかぶりついているおにーさんが。
子供の間じゃ、きっと、「あなたは○○ですか」「ハイ」とか
「あとは○○の召すままに」なんてセリフが流行ってるだろーなー。
てか私が子供だったら流行らせてるな。

でも、映画の方に期待している人なんているのかなあ。
6月と9月(だっけ?)に公開なんて、スペシャル版のTVドラマ
みたいな作り方だし、日本人ばかりのキャストみたいだし、
なんか昔の怪獣映画それもあまり特撮にお金がかかってないの
みたいなもんができそうな感じがするあるよ。
あと、主役は藤原くんより、もこみちとかがよかったんですけど。
でも、藤原くんの演技力と若作りのワザに期待しよう・・・。
posted by miquage at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

遅ればせ開花宣言ジュビロが日々

ジュビロ磐田 2 対 1 大分トリニータ(@大分)

たとえ翌日ジュビロが負けても、なんて謙虚に書きましたけど、
フッフッフッフッ、ジュビロ勝ちました!
シャムスカなんのその。
大分のジュビロ初勝利は永遠のお預けですわな。
昨日は満開の桜も見られたし、いやー、めでたい!

・・なんてね、実言うと、ロスタイムになんとか勝ち越すって
いうかなり薄氷の勝利でした。が、とにかく勝ったのでありんす。
それも、アウェーな上、福西も西も村井も出られない中、
菊地、成岡というそろって21歳の若手の得点で勝利を
もぎとったってのは大きいです。
彼らにとっても自信につながるでしょう。
これが奴等がひとまわり大きくなるきっかけになるといいんですが。

なにせ、ここ数試合、33歳の名波サマ一人が死ぬほどがんばって
くださっても、どうにか引き分けがやっと(てか、水曜のナビ
スコ杯でも負けくさったし)って状態だったんですから。

次も何故かアウェーが続くのですが、8日(土)は味の素スタジアムで
FC東京を撃破!です。
なんと今節終わった状態でその東京が8位、そしてジュビロが7位
なんで、負けられないっすね。

そういう私は、味の素スタジアムの沿線に住んでいる地元民。
そして、FC東京は、ジュビロの金沢や川口信男が移籍した先でも
あります。

スピードスター川口にとっちゃ古巣との初対決じゃありませんか。
そういう意味でも楽しみな試合です。

などと言ってたら、フッフッフッフッ(こればっかりや☆)
なんとっ、観戦できそうなチャンスが巡ってきました。
実はそれで、はやばやと他の予定をぶっこわしたヲレ(^^;)
本当に見にいけますように!(ダメになったらどないするつもりやねん(^◇^))
posted by miquage at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サクランさくら日より

最近、ますますアタマの中味に自信がなくなってきました。
まずは、友人のオタク軍団(?!)の皆さんとのお花見のこと。
何故か土曜じゃなくて日曜に開催と思いこんでましてん。
てか4月1日が日曜だと思いこんでたのか、日曜が4月2日と思い
こんでたのか、わからないんす。
とにかく金曜深夜に帰宅して、ハタと気づきました。

「明日(4/1)のお花見について」ってメールが入ってるやん。
「しがつついたち」って土曜日じゃん。でもって明日じゃん(^◇^)

絶句。

実は、土曜は出社せなあかん状態と思ってましてん。
で、日曜はお花見。これで土日は埋まったぜ、と頭に入ってましてん。
ううー、しかし土曜の出社はなんとか避けられないものかと、
金曜深夜まで仕事して帰ってきての、驚愕の事実発見(笑)でし。

てか、そうなんです!
深夜までやって、なんとか目処つけて帰ってきたとこだったのよ。
てことで、怪我の功名(意味違う?)というか、悪運が強いというか、
花見が土曜でも行ける状態になってましてん!!
はー、よかったあ。
(金曜遅くまでやんなくて日曜出社してもよかったやんって
 突っ込みはなしね。)

てことで、何喰わぬ顔して(?!)行ってきました、昨日のお花見。
しかし、脳内劣化の証拠はそれだけではなかったのです。
お花見の間、ジュビロ今試合中なんだけど、どうなったかなあ。
ああ、結果気になる。
なにしろ相手はイケメン・シャムスカ率いる大分だからなあ。
などなどほざいていた私。

ところが、帰宅して調べたが、どこにも結果が出ておらへん。
ジュビロHP見たら、スコアが0対0になっとる。
なに、ゼロ分け???と一瞬目が点。
ちがーーーーう!
単にスコアボードがまだブランクなだけ。
だって、試合は日曜だったんだもーーん。
ああああ、脱力(;>_<;)

こうなると、脳内エイプリルフールっつか、なんかコワイもんが
ありますな。
まあ、元々記憶力に(も)まっったく自信ないんですが、仕事が
煮詰まってくるとそれに加速がかかります(^^;)
てか今度は仕事に責任転嫁してしまいましたー。
でも、こういう人って仕事の方でもなんかやってるんじゃって、心配に
なりますよね。
そうだ、きっとなんかやってるよ。
おにーさん、ひとつ賭けますか?(ってちょっとコワイ(^^;))

肝心の花見ですが、楽しかったですよー。
いやー、こんなに天気のいい、しかもまさに満開の日に花見なんて、
十数年ぶりのことじゃないかと思います。
とにかく青空の下、真っ白な綿菓子のようなふわふわの桜に埋まった
公園で、70年代歌謡曲の流れる中、オタクな話題で盛り上がるって
のは格別ですなー。

しかし、何故に昨今の桜(多分ソメイヨシノなんだが)はこんなに白い?
土の酸性度の影響という答が出てましたが、ここまで白いと、葉が
ちらほら出てきただけで一気に豪華さが薄れるように思います。
だからそういう意味でも昨日は最高の花見日より。
こんなのに参加できたってことはそれだけで充分に幸運と思わなきゃ。
たとえ翌日ジュビロが負けても(ヲイヲイ)
posted by miquage at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。