2006年07月23日

発進!アジウソンがジュビロが日々

7/12(水)  ジュビロ磐田 2 - 2 ガンバ大阪
7/19(水) ジュビロ磐田 1 - 2 大宮アルディージャ
7/22(土) ジュビロ磐田 3 - 1 セレッソ大阪

昨日、アジウソン新監督采配の3戦目で、ようやく片目が開いたジュビロなのでした。でもって、カンルイの勝利レポートを書きたかったとこなのですが、録画ビデオ(なんと、桑原隆ジュビロ初優勝監督が解説者!(@^^@))をまだ見終わっておりませんm(__)m それに、相手が、ブービー・メーカーのサクラさんなんで、う〜〜ん。ま、帰ってきたオークボくんに仕事させなかったのは、よかったけど、今週水曜のF.マリ戦が済むまで、本当に喜ぶのはとっておきましょう。でも、この水曜の試合で、喜べる可能性って、かなり限りなく低いような。何事も急にどうにかなるってもんじゃーないしねー。てか、先週水曜の大宮アルディージャ戦(オシム監督の初観戦試合)の負け方、かなり激しく暗かったらしいし(こっちの試合のビデオは見る勇気ない心弱い私・・・。)
いいの。水曜まで上を向いて歩きましょう。でも、明日からまた大雨らし(T_T)
posted by miquage at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理解なんだか見解なんだか・・・

今回のジダンの行動(あの状況で挑発に乗ったこと)を敢えて理解しようとすれば、結局彼は、サッカーの勝利よりも、家族や個人の名誉を守ることを優先する人だったということなのではないか。最後の試合でも自分の怒りに駆られることを選んだ。個人の誇りを守ることを選んだ。彼らしいというか、彼は自分がそういう人間なのだということを、最後の試合でも身をもって表したのだ。ジダンが自分の行動を恥じないというのは、だからなのだろう。

しかし、恐らくジダンがそういう人間であることを知っていて、うまく挑発したマテラッティをジダンよりさらに悪質と見るのは、行き過ぎではないだろうか。何故ならこれまでピッチ上ではこういう作戦はよしとされてきたのだから。それは一つの常套手段なのだから。ぶっちゃけて言うと(イタリアの)サッカーとはそういうものなのだから。

そして、何故こういうことが通ってきたかというと、いくらFIFAに、言葉の暴力に対する厳しい規定があっても、その規定が通用するのは、それが審判に対して行われたり、審判に聞こえるところで行われた時に限られてきたからだ。身体的暴力は、そこに怪我をしたり、倒れたりしている選手を第4の審判までの誰かが目にすることで、確認が可能だ。さらに、ビデオでも検証が可能だ。(実際は、まだ、ビデオ検証は認められていないと思うが。)
だけど、言葉の暴力はそれこそ唇が読めるような精密な映像が残っていなければ実証が難しい。ということは、その場での実証は不可能に近い。おまけに言葉のとりかたは人それぞれだ。

しかし、差別に対する宣言がされた、つまり、差別に関してはクリーンでなければならないこの大会で、母国では差別の撤廃運動に参加しているというマテラッティが、差別的言葉を使ったととられかねない難しい状況(相手がジダンという特別な選手だったことを含む)で言葉の暴力を使ったのは、何故だろう。いつもやっていることだからついやってしまった?そうかもしれない。しかし、それに加えて、以下の理由があると思う。

今回、イタリアは、試合の最初に、理不尽なPKをとられてしまった。あのPKは微妙だけど許容範囲だったという意見が主流のようだけど、やはり、私は理不尽だったと思っている。DFのマテラッティはファウルをとられないよう、はっきり脚を引っ込めている映像が残っているのだし、審判のかなり強引な判断だったと思う。但し、それが、主審が統べるサッカーというスポーツの特質なのだから、しかたないこととは思う。マテラッティもしかたないと思ったことだろう。

でも、とにかく自分のせいで先にフランス側に点が入ってしまったことには変わりない。そこで、マテラッティは必死になった。自らの力で一点返し、同点にした。そして、本来ならその1点で勝っていたはずのイタリアに勝利を取り戻そうと、しゃかりきになってディフェンスをした。言葉の力でもなんでも総動員した。そのダーティな言葉の一つがうまく、ジダンの心にクリーンヒットした。そして、マテラッティは、ジダンを退場に追い込んだ。彼の作戦が功を奏したのだ。

ピッチ上ではチームの勝利の為にはなんでもやる(=勝利の為にやることは汚いことと思わない)人間と、チームの勝利より自分や家族の名誉と気持の方を重んずる人間。ここで言う人間を民族と置き換えてしまっていいかというと、う〜ん、ほとんどかまわないのではないだろうか。いずれにしろ、どちらも日本人とはかなりかけ離れた人達であることは間違いないと思う。

今回のことで、コテコテの日本人な私なんかは、サッカーというのは、こういう「濃い」人達がやるスポーツなんだから、日本人が強くなるのは難しいよな、なんて改めて思ってしまったのだった。しかし、これも外人に対する先入観に基づいた一種の差別意識なのかもしれない。

でも、そんな私でも、ジダンを擁護するフランス人の国民感情も、マテラッティは罰を受けるようなことをしていないと主張するイタリア人の論理もそれほど無理なく理解することはできるんだから、両方を尊重しつつ罰したFIFAの裁定はまあ妥当なところだったのではないかと思うのであった。マテラッティの暴言の内容を封印したことと、ジダンのMVP剥奪をしなかったことを含めて。

http://www.sanspo.com/soccer/top/st200607/st2006072101.html
(いろいろ出てる中で、このサンスポの記事、とてもわかりやすかったように思います。)
posted by miquage at 23:08| Comment(2) | TrackBack(2) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

闘将ファンダメンタル

リンク先のSue(スー)さんの薫陶(?!)をけっこう長年受け続けているせいもあって、やはりアズーリ(イタリア代表)は、私にとってちょっと特別な存在なのだ。だから、ドイツにもバラックにもな〜んの恨みもないけど、決勝進出は嬉しかった。

でも、もう一つの準決勝は違った。
どうしてもフランスに勝ってほしかった。ジダンが好きとかそういったポジティブな理由だといいんだけど、そうではない。単に、ポルトガルの監督がなんかちょっと目ざわり 気になるからなのだった。

てか、すみません。ポルトガルの監督って、2002年日韓W杯のブラジル代表監督(てことは優勝監督)、ブラジル人のルイス・フェリペ・スコラリじゃないですか。97年に、半年もいないでジュビロをソデにしてくれたあのオヤジじゃないですか。

いや、別にそれで恨みがあるからってわけ(だけ)ではないんです。
この人って、オーストラリアのヒディングなんてもんじゃない、まさに凄腕って感じの人なんですよね。ブラジル人監督ってこういうものなのかな、だったらしかたねーや、と前には謙虚に思っとりました。でも、この日経の記事なんか見ると、ブラジル人監督としても特異なほど、すごい人だったんですねー(^◇^)
 (7/4)ポルトガルのスコラリ、百戦錬磨11勝不敗の闘将〔日経〕

ジュビロの時は、日本人選手のメンタリティが理解できないって言いだして怒って帰ってしまったんですけど、アンタに言われたくないっていうか、日本人選手の方だって、こんな人のメンタリティなんてわかってたまるかってとこあったんじゃ。もっとも、ゴン中山なんかは今でもこの人にアドバイスをもらってるみたいなことを読んだ覚えがありますから、何年もたって、だんだんにわかりあえてきた部分もあるのかも、ですけどね。

んで、ついでに書いちゃいますと、ポルトガルの選手達をPKアピール魔や相手チームのファウル チクリ魔にしてしまったのも、この監督の指導の賜物なんじゃないか、などと、私はかなり疑っとります。クリスティアーノ・ロナルドを、クラスメートの マンUのチームメートの ルーニーのしたことを大げさに主審に訴えても平気なコにしてしまったのはきっとこのおっさんなんだよー。それでルーニーがびっくりして、思わずロナルドを押したら、一発レッドが出てしまったんだよね。

まるで、優等生が不良だって噂の子の悪事をチクったんでついそのまま信じちゃった先生みたいじゃん。しかし、何度かTVで流れる映像を見ましたけど、今回、ルーニーは、本人も言ってるみたいですが、けして故意に相手を踏んでいるようには見えないんですよね。

しかし、この行為も、ロナルドにしてみれば、多分師の教え(?!)を忠実に実行しただけなんでしょうし、マンUクビとかそういう問題でもないですよね。これもアホな。まあ、イギリスもいつものように戦犯がほしいだけでしょうから、嵐がすぎるのを待つ他ないんじゃ。。。

てなわけで、フランスが勝ち、アズーリが決勝で相手チーム(監督含む)の余計な小細工やパフォーマンスに脚を引っ張られたり、気を散らしたりしないですむことになってよかった!お陰で私も、無心に試合を楽しめそうです。三位決定戦の方も、ドイツのGKはカーンが出るってことだし、うう、楽しみ!

しかし、W杯終わったら、どうやって生きていったらいいの、と思ってる人は多いでしょうね。私も、こないだまで、Death Noteが終わったらどうやって生きていこうと思っていましたが、テレプシコーラがあるし、大量のまだ見てない試合のビデオがあるし、7月12日(水)からリーグ戦再開!じゃーありませんか。あ、オールスターもアリだ。まさに、至る所に青山ありって感じですね←意味違ってます(^^;) でも眠いんでまたねです。タイトルもいみふめだけど、またまたねです。
posted by miquage at 02:11| Comment(4) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

胸騒ぎの寝ぼけ眼蛇足付き

びええん!!!(;>_<;)
朝起きたら、ブラジル対フランスが終わっていました。
なんでーーー??? ちゃんと目覚ましかけたのにーーー!!!(T_T)
てか、昨日の朝も同じことして、ボーゼン自失だったような。
起きたらイタリア対ウクライナ、終わってたような。
結局、二日続けて、準々決勝の第2試合(って言うのか?!)を見逃したってどうよ(-_-;

つか、悪いのは、その前の第1試合(午前0時キックオフ)なのだ。
ドイツ対アルゼンチンもポルトガル対イングランドもPK戦にもつれこんだからなのだ〜。お陰で、3時近くになってモーローとしながら、4時起きで目覚ましかけて寝ると・・・・・起きられるわけないわなー。目覚ましすっとばして、朝まで熟睡・・・ってか、一応気になってるから熟睡はしてないんだけど、朝6時頃漸く完全に目が覚めて、TVつけると、「準決勝進出国が決まりました」ってなニュースやってるのだった。

なんかまるで悪夢のよう。特に今朝なんか、準決勝進出が、ブラジルではなくフランスになってるのを見て、本当に一瞬夢の続きかと思いました。やはり、ブラジルが勝つとなんとなく思ってたんですね。ジダン、ほんとにフッカツしたんだ〜。

ところで、これで、今回のW杯でブラジルから得点したのって、ジャパンとフランスだけってことになりますよね。だからどうってこともないんですけど、一応書き留めておこう。欲を言えば、ブラジルに、ぶっちぎりで優勝してもらいたかったような気もします。そしたら、ジャパンが群を抜いて弱かったってことにはならなかった・・・かもしれないのにぃ。(ああ、虚し)

でも、ジダンもアンリもいいんだけど、ロナウジーニョやロナウドをもっと見たかったってていう日本人は多いのじゃないでしょうか。強いだけじゃなくキャラクターの立ち方が、激しく受けてましたもんね。プレーも見てて面白かったですもんね。今回、練習を完全公開して(しかも有料)ヘーキだったり、ちょっとW杯を見くびっていたとこもあったりするのかな。W杯は特別で何が起こるかわからないっていう意識にすこーしだけ欠けていたんじゃ。なんて、ブラジルに対して失礼かもしれませんが考えてしまいました。

しかし、ほんと、PK戦で涙をのんだアルゼンチンとイングランドには、ご愁傷様、としか言いようがない準々決勝でしたm(__)m アルゼンチンはキーパーの負傷で交替を1枠使わざるをえなくなったし、イングランドは、ルーニーの一発レッドで人数が減ったのがかなり響いてたような。(ルーニーの一発レッドは、そこまでのことしたかなあ。画面ではよくわからなかったんですけどねぇ)こういうことがあっても、ゆずらず、相手をPK戦まで引っ張りこんだんですから、すごいです。

あ、もちろん、脚をひきずりながら、120分間出場し、PKも決めた、ドイツのバラックもえれーし、デコを出場停止で欠きながら、PK戦まで乗り切ったポルトガルもすばらしいと思いますが。

そうそう、ポルトガルは、これで決まるっていう最後のPKが、21歳のクリスティアーノ・ロナルドでしたね。マンUで、丁度10歳年長のベッカムのレアル移籍の穴を埋めたこのボーヤがPK決めて勝敗が決まったのって、ドラマでした!!!

ベッカムといえば、脚の負傷で後半42分で退場した後、その脚を冷やしながら、泣いていましたね。(アナウンサーが泣いているようだと言っただけか?!でも、顔を覆って泣いてるように見えました。)「今大会はいわゆる『英国紳士』風で」てなことを、これまたアナウンサーが言っていましたが、(1998年の紅顔の美少年はもうほとんど別人なんで置いとくとしても)確かにビジュアル的にも2002年の時とはまたまったく違うベッカムが見られました。かなり苦みと渋みが出てきて(てか、おやじ度高くなって)、髪型も、前回に較べると、かなりいい加減(てか、どういう名前の髪型なのか取り沙汰もされなかったし)でしたし、ベッカムらしい華やぎ(てか、ゲーノー臭)といえば、時折観戦中のグラサンのヴィクトリアが画面に映し出されるくらいでした。

やはり、最後のW杯になるかもってんでなりふりかまっていられなかったんでしょうか。でも、すみません。私は今回のベッカムが一番心ひかれました。なんかちょっと演歌のテイストが入っているような感じがして、カッコよかったです。演歌はまったく好きじゃないのになんでかなー。

てなわけで、ベッカムのW杯は終わってしまったけど、フィーゴとジダンのW杯はまだ続くのでありました。


アリ?!
珍しく、萌えネタがない。
そういえば、見逃したイタリア対ウクライナでもまったく出してもらえなかったみたいだし、ロタンくん、ほんとに出場機会少なかったんだ。まっこと残念でごわした。ウクライナはミレフスキー(このチーム内で珍しく黒髪)とか、他にもとても気になるおにーさん達がいたのに、結局、録画がほとんどで、TV生観戦をさぼってしまいました。後日、復習が必要です!(^^;)

蛇足(なのか)です。

あら、魔裟斗、負けちゃったんだ。
で、魔裟斗に勝ったオランダ人はタイ人に負けちゃったのね。
ジーコ・ジャパンと同じ(?!)で顔立たなくない?!

そして、蛇足の本題です!!

ジュビロ新監督、来日!!!
アジさん、やはり、太りましたねえ(^^;)
でも、連れてきたコーチもなかなかのイケメン。
三人そろって、なんかのエージェントみたいです(@^^@)

あ、エージェントっても代理店じゃなくて、「スパイのライセンス」(古っっ(^^;))の方です。
そうそう、トム・クルーズのMi��って、意外に出来がいいらしいですね。
「エロイカより愛をこめて」33巻も快調だし、冷戦終わっても、エージェントの生きる道が定まってきたみたいで、てことは世界は相変わらずってことで、よいのか悪いのかですが、まあよかったです。
posted by miquage at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。