2006年07月08日

闘将ファンダメンタル

リンク先のSue(スー)さんの薫陶(?!)をけっこう長年受け続けているせいもあって、やはりアズーリ(イタリア代表)は、私にとってちょっと特別な存在なのだ。だから、ドイツにもバラックにもな〜んの恨みもないけど、決勝進出は嬉しかった。

でも、もう一つの準決勝は違った。
どうしてもフランスに勝ってほしかった。ジダンが好きとかそういったポジティブな理由だといいんだけど、そうではない。単に、ポルトガルの監督がなんかちょっと目ざわり 気になるからなのだった。

てか、すみません。ポルトガルの監督って、2002年日韓W杯のブラジル代表監督(てことは優勝監督)、ブラジル人のルイス・フェリペ・スコラリじゃないですか。97年に、半年もいないでジュビロをソデにしてくれたあのオヤジじゃないですか。

いや、別にそれで恨みがあるからってわけ(だけ)ではないんです。
この人って、オーストラリアのヒディングなんてもんじゃない、まさに凄腕って感じの人なんですよね。ブラジル人監督ってこういうものなのかな、だったらしかたねーや、と前には謙虚に思っとりました。でも、この日経の記事なんか見ると、ブラジル人監督としても特異なほど、すごい人だったんですねー(^◇^)
 (7/4)ポルトガルのスコラリ、百戦錬磨11勝不敗の闘将〔日経〕

ジュビロの時は、日本人選手のメンタリティが理解できないって言いだして怒って帰ってしまったんですけど、アンタに言われたくないっていうか、日本人選手の方だって、こんな人のメンタリティなんてわかってたまるかってとこあったんじゃ。もっとも、ゴン中山なんかは今でもこの人にアドバイスをもらってるみたいなことを読んだ覚えがありますから、何年もたって、だんだんにわかりあえてきた部分もあるのかも、ですけどね。

んで、ついでに書いちゃいますと、ポルトガルの選手達をPKアピール魔や相手チームのファウル チクリ魔にしてしまったのも、この監督の指導の賜物なんじゃないか、などと、私はかなり疑っとります。クリスティアーノ・ロナルドを、クラスメートの マンUのチームメートの ルーニーのしたことを大げさに主審に訴えても平気なコにしてしまったのはきっとこのおっさんなんだよー。それでルーニーがびっくりして、思わずロナルドを押したら、一発レッドが出てしまったんだよね。

まるで、優等生が不良だって噂の子の悪事をチクったんでついそのまま信じちゃった先生みたいじゃん。しかし、何度かTVで流れる映像を見ましたけど、今回、ルーニーは、本人も言ってるみたいですが、けして故意に相手を踏んでいるようには見えないんですよね。

しかし、この行為も、ロナルドにしてみれば、多分師の教え(?!)を忠実に実行しただけなんでしょうし、マンUクビとかそういう問題でもないですよね。これもアホな。まあ、イギリスもいつものように戦犯がほしいだけでしょうから、嵐がすぎるのを待つ他ないんじゃ。。。

てなわけで、フランスが勝ち、アズーリが決勝で相手チーム(監督含む)の余計な小細工やパフォーマンスに脚を引っ張られたり、気を散らしたりしないですむことになってよかった!お陰で私も、無心に試合を楽しめそうです。三位決定戦の方も、ドイツのGKはカーンが出るってことだし、うう、楽しみ!

しかし、W杯終わったら、どうやって生きていったらいいの、と思ってる人は多いでしょうね。私も、こないだまで、Death Noteが終わったらどうやって生きていこうと思っていましたが、テレプシコーラがあるし、大量のまだ見てない試合のビデオがあるし、7月12日(水)からリーグ戦再開!じゃーありませんか。あ、オールスターもアリだ。まさに、至る所に青山ありって感じですね←意味違ってます(^^;) でも眠いんでまたねです。タイトルもいみふめだけど、またまたねです。
posted by miquage at 02:11| Comment(4) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。