2006年08月26日

禍福はあざなえるナワのれん(T_T)

ううっ、23日はやっっぱり厄日でした。
夜中にシアワセな気分でジュビロ勝利報告を書いた約一分後、リンク先のおあねす先輩のとこを見たら、某氏の「引退が決まったらしい」って書いてあるのに突然気付きました。ガビ〜〜ンと、凍りついてしまいました。

まだ、Milliyet紙の独占報道(本人表明ではない)とのことですが、とうとう「タオルを投げた」そうです。実際的にはとうにタオルは投げ込まれていて、サッカー選手としては引退同然だったことは、私だってアタマではわかっていたんです。でも、心と体が認めようとしていなかったんだ〜〜(;>_<;)

しかし、本当に公式に引退ということになれば、サッカー選手としては、名実と共に完璧に終了したわけで、これから丁寧に葬らねばならないのです。引退試合とかやってもらえるのだろーか。やったってトルコじゃどーせ見らんないけどさ。

それにしても、これからは、YouTubeで某氏を検索しても、芸能ネタ動画ばかりになるのだろうか。リンク先のpondeliさんとこによると、奇しくもトルコは土葬だとのこと。私は、これからも、某氏サッカー選手時代の画像や動画を掘り返し続ける、ネットのゾンビ・ハンターになるしかないのだろうか。それとも、モデルや俳優としての某氏に萌えるんるんアルバムと化していくのだろうか。

明日はどっちだ?
どっちなんだよーーーっ☆☆(>。☆)
posted by miquage at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | イルハン>ジュビロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

今日はカンダイッチ(⌒▽⌒)ノジュビロが日々

ジュビロ磐田 3 対 1 ジェフ市原・千葉

今日は、コンタクト入れを開いたらなぜかかたっぽしか入ってないし、某有名中華料理店の予約とろうと思ったら感じ悪いし、胃が荒れてキャベ○ン常用中だし、いいことないなー、と思ってたら、最後にありましたっ(@^^@)

なにせ4試合ぶりの勝利でっせ。
それもあの、ジェフ市原・千葉相手に3対1でっせ。
しかも、前半20分くらいに一人退場で、10人で戦ったんですぜ。
J1では珍しいほど若手ばかりのヤング・ジュビロ、やってくれます!
そんなに私のグチがこたえたんでしょーか(@^^@)
・・ぢゃなくて、やはりこれは、名波不在効果ではなかとですか?!
若いコ達も、自立しなくちゃと、根性座ってきたのじゃなかとですか?!

 次もバッチリ期待しちゃおーかな。
 てか、期待すると負けるんだよなー。
 ・・・表面的にはやめとこ。

ところで、うち帰ったら、洗面所にひからびたかたっぽのソフト・コンタクトが。
どうやら、昨夜洗う時に落としたらしい。
高い、2週間使い捨てのだったのになー。
昨日使い始めたばかりだったのになー。
でもいいの。一つ得たら一つ失うものなのよね。
それに、眼球の裏に回ってたりしてなくてよかったよね。

てことで、とにかく今日はカンダイッチなのであった〜(⌒▽⌒)ノ"
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

負けない!ジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 3 名古屋グランパスエイト


ううぅうむ、厳しい。
ジュビロ・サポ的にヒジョーに厳しいジュビロなのだった。
またまた3失点。前の試合では3失点しても分けたが、今度は、敗戦である。

そして、対戦相手「藤田俊哉の名古屋」は、これで4連勝だそうな。
試合見られなかったんでわからないけど、俊哉は、ようやく最近、
名古屋でボランチとしてうまくなじみつつあるそうな。
それはそれでけっこうなことである。
そして、名波のセレッソは、名波が見ているだけで、13試合ぶりに勝ったそうな。
てか、皆の動きがあまりよかったので、名波は出る暇なかったそうな。

てことで、繰り返すが、アジウソン新監督になっても
あいかーらずヒジョーに厳しいジュビロなのであった。
なにが厳しいかって、最下位セレッソに2対0で完敗した、
岡田F.マリちゃんに匹敵するくらい厳しい。
でも、本当はもっとずっと厳しいのは、
F.マリより2位だけ上の10位 ジュビロなのかもであった。

・・・てのは、勝てないからってのもあるけど、
そんなことでは、ジュビロ・サポは負けなくってよなのであって、
だけど、ジュビロがジュビロじゃない感じがするのは
負けそーなくらい、厳しいのであった。ヤバイのであった。
だって、名波も藤田もいないっしょ。中山出らんないっしょ。
そしたら、田中誠だって鈴木秀人だって福西だって、
ここってどこのチームよってプレーしてても思うんじゃないの。

てか、二十代前半ってか、二十歳くらいの青い果実(笑)ばっか
ピッチに取り残されているんですが、こういう人員構成って、
宴の後っつか、空中分解すませた後みたいな感があるのですが、
いかがなもんでしょ、若い新監督。
こういう若いにーちゃん達をかわいがって、まとめてくれる
おじさん達が、少数派になりきっちゃって、もうすでに死に体。

大黒柱のおっさん群がsomeからa few になり、今度はとうとう、
few になってしまった感がアリアリ。
誰かにその役割をシフトするったって、フクにするのは、無理な話だろう。
昨日の試合見た人から、あまり動いてなかったとクレームがついていた。
8月12日の鹿島戦でも同上だった。
いや、動かなくってもいいんだけどさ。別の役割果たせる人なら。
でも、性格的にそういう役割とはミスマッチなんじゃないの。
かといって、ゴンもハットもマコもヒデも、そういうタイプの人材ではなかろう。
それとも、アジ監督は、そういう役割はいらないってか?!

名波は、あと1年半ほどは現役でフル稼働して、35歳で引退、
42歳で監督で帰ってくる、みたいなことを言ってるそうだ。が、
が、が、

いったい帰るおうちはあるのだろうか・・・。


負けてないのは、タイトルだけやん(^^;;)
posted by miquage at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

キタキタキタ!

ジュビロ・サポになって10年目、まさかこんな日が来るとは思いませんでした。でも、来ちゃったんです。

土曜日は、雷の影響で都内の電車が止まったり遅れたり、メチャクチャでした。4人で待ち合わせた新幹線で、間に合ったのは1人だけ。残り3人(私含む)は30分くらい後の新幹線でエコパ(静岡スタジアム)に向かいました。

スタジアムに着いたら、なんだかヘン!別ルートの1人を含め、先に行っていた、2人のナナ・ギャルの目が虚ろ。捨てられたワンコのような顔をしているのだ。てことで、聞いてみると、7番 名波がセレッソ大阪にレンタル移籍だというのである!!!

そんなことはありえないっ。しかも、こんな急にっ!

名波を出せ!と前日まで騒いでいた2人にとっちゃショックはいかばかりであろう。翌日のサテライトの試合どころじゃない。その日の本チャン 鹿退治にも出ない。もしかしたら、もう二度と、サックス・ブルーのユニを着たナナを見られないかもしれないのだ。

まぁ、試合自体は、点を取ったり取られたりで、なかなか面白い一戦でした。てか、強豪鹿島とこのような引き分け(3対3)ができたってことは、ジュビロの世代交替も少しは成功しつつあるのか、と思わせる試合ではありました。が、ずっとアップしていたのに出してもらえなかったゴン中山の姿にもいっそう思うことが思われてしまう試合でもあったのでした(T_T)

そして、試合後に名波のビデオ・メッセージが流れました。結局、やむをえない事情(出番がない!)から彼自身の意思で決まった移籍のように感じられましたが、その事情を作ったのは、前監督であり、現監督であり、チーム側なんですよね。藤田俊哉と違い完全移籍ではありませんが、うーん、来年1月に帰ってくるのだろうか。

ピッチに実際に来て挨拶する道も選ばなかった名波。もう仲良し(だという)森島のいる最下位セレッソをJ2降格から救うことで、頭がいっぱいなのだろうか。

しかし、名波の場合、帰ってくる時は監督って可能性もあるかもだし、ナナ・ギャルたちは辛抱強く、時々大阪遠征しながら待つっきゃないでしょうね。早速、帰りに、浜松のジュビロ・ショップで、ピンク(セレッソのチーム・カラー)のシャツを買っていました。
ピンクとはいえジュビロのシャツだから、当然胸にはJubiloって書いてあるんだけど、これならセレッソの名波の試合に着てってもダイジョーブってことで(ホントか?!(^^;;))

今日くらいになって、ナナ・ギャルではない私にも、なんだかジワジワとこのナナ抜けショック効いてきたように思います。てか、ジュビロの背骨が無くなってしまったみたいで、こんなもんをジュビロと呼べっちゅーのか、みたいな。う〜〜〜ん・・・。
posted by miquage at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

イクイクイク!

ん?
なんかミョーなタイトルですか?!
ま、いいや。
だって、明日から一泊で夏祭り。
静岡スタジアムに出撃なんですもん。
朝まで浜松でカラオケなんですもん。
でもほんと、いい加減に勝ってほしいものです。
そして、名波が出てほしい。
でないと、帰りに横浜で行われるサテライト(二軍)の試合に
ナナが出るかもしれないから行く、とがんばっている同行の若い子が。。
年寄りはとてもついていけません。
浜松でうなぎ喰ってグーグー寝ながらうち帰りたい。
名波、本チャンに出て、鹿さんに勝ってくれー。
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

カトあやサッカー本のスルメ

いやはや久々の更新でございます(^^;;)
早速タイトルがワケワカになっとります〜m(__)m

てか、ジュビロの浮き沈みと連動している私の本体ですが、3連勝報告を書こうと思っていたら、3試合目で負けやがって、コノ・・・(以下自粛)まぁ、「アホか、Fマリに勝って浮上した瞬間に書けばよかったのに」というご批判もあるでしょうが、なんかFマリって前節の時点じゃ最悪の状態で、岡田監督も昇天しそうだったんですよね。だから、次に宿敵清水エスパルスとの静岡ダービーに勝ったら書こうと思ってただけで、けして夏バテ省エネ・モードになってたわけじゃ・・・。いや、バレバレかもなんですけど(^^;;)

とゆわけで、今週はリーグ戦お休みなんで、すき間ネタというわけではありませんが、サッカー本の紹介(?!)をいたします。

漫画家カトリーヌあやこさんのサッカー・コラムや漫画は前から大好きなのですけど、本になった機会に、「カト・カルチョ」と「サッカーおばかさん」(「サッカーおばさん」ではない(爆))をまとめ買いしてじっくり読んでしまいました。両方同時に読むと面白さ倍増です。

2002年のW杯の後で出た、「ミーハーサッカー2002」(他の漫画家2人との共著)も、ずっと愛読書だったりします。こちらもとにかく楽しいんです。そして、ちょっと悲しい。

というのも、2002年版の方は、その当時のイ○ハンのイラストや彼についてのコメントがけっこうたくさん載っているからなんです。そして、私のようにまだイ○ハンな人が、続けて今年出た「サッカーおばかさん」を読むと、ちょっとマゾヒステッィクな喜びを感じてしまうかも(笑)だって、こっちにもまだ、2002年版に掲載もれの、賞味期限切れイ○ハン・ネタがけっこう載ってたりするんだもの。

でも、この「サッカーおばかさん」にも何故か2004年の来日関係に関しては、まったく一言の言及もありませんので、ご安心(?!)ください。ややこしいことは思い出さないですみます。まぁ、逆に思い出されるかもってのもあるかもしれんがのう・・・(T_T)

話がそれてしまいましたけど、カトリーヌあやこさんの、日本代表を含めたすさまじいまでの追っかけぶりには、ほんと、頭が下がります。好きならここまでやらなきゃホイって感じです。

さらに、「サッカーおばかさん」には、懐かしの「ポーの一族」の「小鳥の巣」の一シーンを、アイマールとサビオラで描いてみたり、(大)昔の少女漫画オタクにはこたえられない、楽しいサービスがあったりします。(このシーンを他のサッカー選手の組み合わせで描くことが、同人界などで流行してたりして(^^;))

ん?、ちっとも「サッカー本紹介」にはなってないような。
でも、とにかく読めば読むほど、味が出てくる文章&漫画です。
よかったら読んでみてくださいね。
ちなみに、言わずもがなですが、今日のタイトルがクサいオチになってたりします。こりないヤツです(^◇^)

「ミーハーサッカー2002」(2002年刊 漫画+エッセー)
ミーハーサッカー2002.jpg

「カト・カルチョ」(2006年刊 コラム集)
カト・カルチョ.jpg

「サッカーおばかさん」(2006年刊 漫画+エッセー)
サッカーおばかさん.jpg

posted by miquage at 21:03| Comment(0) | TrackBack(1) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。