2006年11月26日

ああレッズ・・でもジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 0 清水エスパルス

ディープインパクト、勝ったそうですね!ってのは置いといて、
ガンバは、雨の中、ロスタイムのマグノアウベス・ゴールで勝ち、レッズは引き分けてしもうた。結果、レッズの優勝は最終節にもちこされ、京都サンガは最下位が確定してしまったのであった。

というわけで、今日は、もう本当にドラマな、優勝のかかった2試合(ガンバ対京都とレッズ対FC東京)をかけもちで見ることができ、TV観戦の醍醐味を味わうことができました。

しかし、レッズは、最終節(なんと2位ガンバとの直接対決)で、負けても、まず優勝は間違いないんですね。それというのも、ガンバったら、今日の試合で得失点差をかせぐことがまったくできなかったんですもの。

なにしろ、前節、ジュビロにも敗れ、死にものぐるいの京都は、本当にがんばりました。ロスタイムに入るまで、ガンバと引き分けで、宮本(の髪)もヨレヨレで湯気が(雨の日はいつもそうか(^^;))というすごい試合でした。少しだけ早く試合が終わったレッズは、もう今日優勝が決まるかと、待ちかまえていたのに、ほんとに残念だったのー。

ま、次はホームで盛大に優勝が祝えるのだから、ガンバさんのお陰でうちの優勝が一層盛り上がってよかった、くらいの寛大な気持ちで最終節にのぞんでください。だって、確か6対0くらいでレッズに勝たなきゃ、ガンバの優勝はないんだもの。

というのも全部置いといて、
もちろん、もちろんですわよ。ジュビロ・サポは、一番ドラマなもう一試合をメインで観戦しましたですよ! そう、ジュビロとエスパルスの4位をかけた決死のダービー! 

そりゃまー、○分に一回くらい、ギド&ワシンの仏頂面と雨にぬれた宮本&マグノの顔をおがみに行きましたけど、やはり一番イケてるのは、腸炎で前節休んだ、福西さんのちょっとやつれたニヒルなお顔だったなーと(いや別にサポだから義理立てしているわけじゃ・・(^^;))

とにかく、今日は福西の日でした。得点は、前田のPKだったんですけど、これを誘発したのは、福西さんでしたし、他にもいっぱい、解説者から、「経験と技量のなせるワザ」などと言われてしまうような「爽やかヤクザ」らしいプレイが随所に見られました。やはり、単なる「爽やか」だけでは、実力が伯仲したチームとの試合では勝てないんですね。

以上、ほんとうに久々にエスパルスに勝って、5連勝、そして4位に躍進したジュビロでした。

あれ〜、最終節の相手にしてすぐ後ろについてきていた、アントラーズったら、負けてやんの。やはり、オガサが抜けた穴は大きいのかなー。そのオガサのメッシーナ、25日は、ベンチ入りしたオガサの出番はなく、ミランに敗戦とのこと。(オガサ、ガマンだ、もうすぐ出番が・・。)

ところで、ジュビロのベテランは、アントラーズ柳沢(元メッシーナ)に何故かとても弱かったのですが、かつてのヤナギをよく知らない、(そして、W杯のヤナギを知っている)アジウソン・チルドレンの若手達はどうなのでしょうか。彼の神通力は通じるのか、最終節、これも楽しみなところです。あれ、でも、ヤナギは怪我でここのところ出ていなかったのかも?? やはり、明治は遠くなりにけり、ですなぁ・・・。
posted by miquage at 17:33| Comment(3) | TrackBack(1) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

どっこい勝ってる、ジュビロが日々

ふー、ようやく11月23日の「ジュビロが日々」まで来ました(とはいえ、一ヶ月でたった3件のエントリしかないって(T_T) )

てか、私がブログをサボっているからって、試合がないわけでも、ジュビロが負け続けているわけでもないのであったー。(負け続けてると思ってた人も多いんじゃ(^^;))

さて、今日を含めてあと3試合となった、J1リーグ、ジュビロは、今日も勝って、なんと2年ぶり、いやもしかして3年ぶりくらいの4連勝! で、5位から4位に上がったかな、と見たら、4位の同じ静岡のエスパルスも勝っております。仲良く足踏み状態。
そして、後ろから、ぴたりと鹿島が・・・。しかし、このあたり、優勝も降格もかかっていないので、盛り上がっているのは、ハッキリ言って各チームのサポだけ。ちょっと哀しいかも。

レッズ・サポはこの週末にもいいことがありそうで、いいなぁ。来季は私もこの時期、今季とは違った意味で正気でいられない状況だといいなぁ。

というわけで(どんなわけだ)、今週は、野ばらちゃんのではなく、本物の、ナボコフの「ロリータ」を読んでおります。最近出たばかりの新訳が、早くも文庫になってて、それがとてもいいと聞いたので、買ってみたのです。が、面白いです。とてもいいです。1955年の作品とのことですが、もっと古典っぽいのかと思ってたら、ちっともそんなことないのでした。

そして、今週末は・・・もしかして、エスパとの4位をかけたダービー決戦だぁっ!
posted by miquage at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュビロが日々もどき(また一月遅れ)

今度は、10月29日の「ジュビロが日々」でおます(^^;)


金・土と社内旅行なんてもんに行ってたお陰で、土曜日午後二時からの、浦和レッズとの決戦が見られなかったのです。その上、帰りの電車内で携帯の電池が切れてしまい、途中から試合経過のチェックができなくなってしまいました。ウォ〜!

しかし、災難はそれだけでは終わりませんでした。
TVで試合を見ていたはずのうちの親に早く結果を聞こうと、二階の居間に上がったら、何故か居間のドアが開かないではないか。そして、居間の中には、親が。私が帰るちょっと前に、居間のドアを閉めた瞬間から、開かなくなったそうな。

あわてて、近所の鍵屋に走ったのだが、二四時間営業と看板に出ているのに、やっていないのであった。電話もかけたのだが、誰も出ない。そこで、すぐ近くの交番に相談したら、すぐ、鍵・ドアの救急なんとかという会社のチラシをくれた。そこに電話したら、三−四〇分で来てくれるという。

結局、四〇分くらいたってやってきた、その業者が、ヤスリ(?!)で、引っ込まなくなってしまったドアの凸の部分を、ガリガリ切ってくれて、なんとか開きました。
しかし、その業者が、帰った直後に、何気なくドアを閉めたらもう一度開かなくなってしまう、というとんでもないオチまでつきました。

この時は、ノブを必死にガチャガチャやったら、どうにか開きましたが、結局、その部分を取り換えるまでは、もうドアをキチンと閉めてはいけなかったんですね。業者に電話したら、その注意をし忘れたのだと謝りました。彼の指示に従い、ドアが閉まらないよう、凹側をガム・テープでふさぎ、凸側のヤスリで切りきれなかった部分を、引っ込めた状態でやはりガム・テープ止めしました。

業者が言うには、狭いトイレのドアが開かなくなって、通りに向かって助けを求めた人もいるそうです。しかし、通りに向かって窓がないトイレだったらどうしたらいいのでしょう。閉じこめられたのが、通りに面した窓がある、水も食べ物も電話もある、居間でまだよかったのかもしれません。

いやー、しかし、何故かあのレッズに勝っちゃった(!!!)喜びも吹っ飛ぶような、ナンギな一日でした。いや、こういうことがあったから、かわりにレッズに勝てたのかもです。
posted by miquage at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一月遅れで、ジュビロが日々(^^;)

なぜか10月22日の「ジュビロが日々」でごんす(@^^@)


なんかよくわからないんですけど、呑み会の帰りに逆方面の電車に乗って、3駅行ったとこで気付きました。降りて乗り換えようと、そのホームの逆側で、しばらく待ってたら、そちらも同じ逆方面行きでした。おぬし、やるな!

という「トホホ」はおいといて、ホームを移ってようやく正しい方向の電車を待ちながら、携帯で試合検索したら、当然、日本シリーズの結果ばかり。ようやくJリーグの結果を見つけたら・・・。

はい。勝ち点3ゲットと、トラタヌをしていると必ず負ける、最近お定まりの悪パターン。4連勝どころか、な、なんと、降格争い真っ最中の福岡に勝利を献上してしまっているではありませんか。なんつー太っ腹。てか、お陰で、名波のセレッソの足を引っ張ることにもなってるじゃありませんか。せっかく、今日、セレッソも勝ったというのに、ジュビロのせいで自動降格圏内からの脱出はなりませんでした。ジュビロの方も、次回は、首位の真っ赤なチームとの対決!勝てるわけないと思ってると勝つ、という最近のいい方のパターンが適用されるとええのだが・・・。


ところで、久々に書き込もうとしたら、やり方を忘れていました!
今、やり直し入力をしたとこですが、今度は大丈夫かな。。。
posted by miquage at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。