2007年02月25日

もののあはれな開幕直前

来週は、Jリーグ開幕ですね。
例年開幕一週間前に行われるのが、ゼロックス・スーパーカップです。
Jリーグ・チャンピオンと天皇杯王者が戦うのですが、今年は、レッズが両方制したので、レッズが戦うのは、天皇杯2位のガンバになりました。

あー、つまんねーの。
つい2年前位までは、ゼロックス・スーパー杯も、いつもいつも、ジュビロ対どっかだったのになー。でも、その頃は、ジュビロばっかり出てきて、他サポの人たちは、さぞつまらなかったろうなー。なんてことに思い至れるようになったとは、私も成長したものである。でも、こんな成長、したくもなかった(T_T) いつまでも、ゴーマンでいたかったよー。

今年なんて、ジュビロから移籍した選手がどっちかのチームで活躍してるってことも皆無で、あまりに隔世の感がありすぎです。とは言いながらも、未練たらしく(?!)、昨日録画しといた、ゼロックス杯を見たのでした。

昨年1年、レッズにまったく勝てなかったはずのガンバが、勝っとります。結局、なんと4対0で、終わりました。
マグノ・アウベスなんて、ゼロックス杯初めてのハットトリックやってしまいました。オキニの播戸はあまり活躍できなかったんで残念だけど、ガンバの仕上がり具合は、かなりいいみたいです。西野監督の美しい顔は、加齢&艱難辛苦の相乗効果で、少々やつれてしまいましたが、今年のガンバは期待できそうです。

しかし、試合見ながら、恒様(宮本)移籍効果、なんて言葉が浮かんでしまいました。いなくなった方がチームがよくなるなんて、なんかカナシーですね。代表の時も中間管理職的苦労を重ねてきたらしい、恒様ですが、どこに行っても、苦労がたえないタイプの人なんじゃないかなー。かといって、恒様はまったくタイプじゃないので、悩ましい、とか可哀想とか言って、萌える気にもならないのであった。

それより、レッズ、どうしたんでしょうね。トゥーリオはじめ、出られない怪我人が多いそうですが、今年はタイトルを取れる限る取るはずだったんじゃなかったんかい。最初から躓きましたね。折角取った、阿部ッカム、が、なんだか、オズオズと遠慮がちにプレー参加しているみたいなのも気になります。今年は、リーグ戦と並行してアジアCLも勝ち抜かなければならず、これから、地獄の耐久レースみたいな日程が始まるはずなのに、ほんとうに、困ったことです。代表にも、けっこうな人数とられちゃうんだし、開幕一週間前でこれって、かなりヤバイんじゃないのかなぁ。他クラブなれど、こっちは、悩ましい。とても気になります。

だって、ジュビロなんて、かつては、いっっつも、地獄の耐久レースみたいな日程だったんだからね。それでも、選手達は、黙って耐えたのであった。強いチームの宿命とはいえ、ほんとに、おつかれさまでしたm(__)m 今頃言ってどうする、ですけど、言いたい気持ちです。そして、今更だけど、その頃の中心選手達を全力でねぎらいたい気持ちです。ああ、こんな心境になるのも、ジュビロ弱体化効果ですね。それとも、歳と共に、もののあはれを感じるようになってきたってこと?ということは、加齢効果?もとい、単なる加齢?それとも、加齢イコール人間的成長?

なんでもいいけど、いつかは、ジュビロがまた、ふてぶてしいまでに強くなって、サポもゴーマンに戻れるといいな。
で、ここで、「今年こそは」、って、無理なことを言わないところが、「加齢」のなせるわざ?イコール人間的成長?しつこく繰り返すところが、年寄りの繰り言?(だから、どーでもいいってばさ。)

そうそう、今年、ジュビロのユニの背中は、キットカットではなく、ミロに変わります。ジュビロ選手の平均年齢低下に合わせたのかもしれん。「強い子のミロ」背負って戦うのが似合いそうな青二才ばっかのジュビロです。それにしても、中山や鈴木や田中にミロって似合わないよなー。ベテランのこと、もっと考えてやらんかい!ああ、また、年寄りの繰り言・・・。
posted by miquage at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

加齢なる一族

 タイトル、なぜか最初に、この字が出たのです。意味深です。

 キムタクの「華麗なる一族」ですが、初回は見逃したけど、二回目からなんとなく毎回見ています。しかし、はっきり言って、主役は、北大路欣也サマではありませんか。

 鈴木京香との、ベッド・シーン(上半身裸で、薄着の京香と並んでベッドに入っているだけですが)まで、こなしておられる!さすがでござります!胸板、厚い(よう)です!

 しかし、なんつか、まさに「御大」って感じの、この人が出てくると、なんでも時代劇になってしまうような感じがします。てか、まんま、腹黒なお代官様ではありませんか。

 ま、このドラマも、60年代の高度成長期という、「時代」を見る、時代劇なのですから、かまわないっちゃかまわないのかもしれません。トウが立った青二才を蹴散らして、大芝居を繰り広げる北大路様の前に、敵はありません。

 しかし、昨夜の回の、あまりにベタな、あまりに安っちー血糊の使い方、あれだけは、なんとかしてほしかったなー。時代劇風目張りメイクに、赤ペンキみたいなべっとり血糊って、討ち入りじゃないんだからさ。まさか、時代劇の小道具、そのまま使ってるんじゃないでしょーね(^^;)

 ハッ、でも、60年代って、今の若者にとっちゃ、もうそのくらいムカシ感がある「時代」だったりするの?だから、あれが許されるのかしら。うーーむ、じゃー、一人だけとても今っぽい、キ○タクの髪型はなんとする。あ、でも、彼は体型が60年代だから、許されるのか。(冗談ですよ、冗談・・(^^;;))
posted by miquage at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。