2007年08月18日

久々源氏物語

とーとつですが、講談社文庫で、毎月一巻ずつ出ている、瀬戸内寂聴訳の「源氏物語」に、けっこうハマっています。

昔の女子(腐女子含む)って、高校生くらいの時に、一度は、これの与謝野晶子訳のか何かにハマった経験があるのでは、と思っていたのですが、どうなんでしょう。また、もう少し若い世代は、漫画の「あさきゆめみし」しか読んでないヒトも多いのかも知れません。ま、今となっちゃ、「あさきゆめみし」世代もかなりのおねえええさんでしょうけど。(「え」が一個で10歳又は12歳とお考えください(笑))

話戻りますが、ン十年ぶり(?!)に読む、「源氏物語」は、相変わらず、すごくおもろいです。光源氏は、やはりやなヤローだし、嫌な気分になるような重苦しい逸話も多い小説ですが、(とっても僭越ですけど)やはり傑作だと思います。てか、紫式部は、光源氏をちっともいい奴に書こうとしてないんですよね。容姿は誉め倒していますが、人格的には、エゴイスティックで、陰険で、マザコン&ロリコンで、だらしなくて、全然いい人じゃないんです。でも、その性格付けのお陰もあって、小説の中で、ありとあらゆる人間関係のパターンが出てきます。全部、今の世に通じるというか、今でもそのままのことが起こっていて、けっこうビックリします。

それからもう一つ、平安の昔と今とでは、人と人とのコミュニケーションの取り方が、すごく似ているような感じがして、それも、今と重ねて面白く感じられる一因と思います。

まず、コミュニケーションのとり方ですが、源氏物語の時代の人達って、何かというと、五・七・五・七・七の歌を詠んで、会話代わりのようにやりとりしているではないですか。会える距離にいようが、実際に会っていようが、おかまいなく、歌を書いてはすぐに、直接、或いは、女房や従者にもたせて渡し、時差のないコミュニケーションを展開していたわけです。今の、メールのやりとりと似ていませんか。

PCや携帯が普及していなかった少し前まで、我々は、電話か手紙でコミュニケーションしてたわけですが、メール全盛の昨今の状況って、その頃よりむしろ、このような平安時代のスタイルに、似ているくらいではないでしょうか。

それから、メールと歌には、もう一つ、類似点があります。

携帯メールに特に顕著な現象かもですけど、手紙とは違う、簡略化した表記で、お互いだけわかるような表現で、文章を書きますよね。
そして、源氏物語にふんだんに出てくる歌も、その当時のその階級の中で共通認識としてある、古歌等をベースにして、お互いにだけわかるように、省略した書き方で、綴っていますよね。

つまり、どちらも、同じ時代・年代に生き、同じ文化をもつ人であればわかる、共通認識をフルに活用して、含蓄をもたせ、限りある文字数で、コミュニケーションをはかっているわけです。

そういえば、大昔、与謝野晶子訳の源氏物語を読んだ時には、平安時代の日本って、逢い引きの約束等に電報を多用していた、モーパッサンの時代のフランスが似ているな、と思ったものです。
ところが、今読むと、それより今の日本の方が似ているように感じられるのです。なんつーか、奇遇というか、不思議な感興を覚えるのでありました(^^;)

        ◇

瀬戸内寂聴訳「源氏物語」(講談社文庫)は、今月8巻が出るようです。(あ、別に買わなくても。。。)

        ◇

そうだ!ついでにもう一つ、「恋愛」の仕方も似ているところがあると思ったんで、付け加えてしまいましょー。

平安時代って、貴族の女性は人前に一切顔を出さず、交際は、歌のやりとりから始まりましたよね。歌の返し方等で、男が恋心をつのらせ、会うまでに何度もやりとりすることが、恋愛だったわけですよね。そして、いざ会うとなると、それは、ほぼ結婚が決まることを意味してたような。

今も、ブログやネット見合いサークルで知り合って、メールのやりとりから交際が始まって、会うまで時間がかかるっていう恋愛パターンがけっこうあるようです。この場合も、会った時点では、お互いをよく分かり合っていて、すぐ結婚が決まることが多い、と聞いたような。

うー、しかし、これは案外眉唾かもしれん。ネット見合いサークルの「公称」ってやつで、実体がないかもしれん。誰か試してみた人、おらんかの??

posted by miquage at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。