2007年09月02日

最初で最後のワールドコン

昨日は、横浜で行われているワールドコンに行ってきました。
この催し、今回は、日本SF大会も合同で行われ、正式名称は「第65回世界SF大会/第46回日本SF大会Nippon2007」という長いものだそうです。

そうそう、日本SF大会は毎年日本で行われますが、二年に一回のワールドコンは、多分、我々の目の黒い間(つまりあと数十年!?)日本で行われることはもうないだろう、とのことです。

てことは、人生で最初で最後(多分)の日本開催ワールドコンだもの、行くっきゃないだろうってことで、静岡ダービーのスカパー観戦も、すっぱりあきらめたのでした。

尚、実際の会期は3日までの5日間だそうで、休暇をとり、ホテルに泊まって全日参加の人もけっこういるようです。

私は昨日一日だけ、しかも、一昨日遅かった為朝起きられず、会場に着いたのが丁度正午位でした。でも、夜の食事会も含め、充実した日でした。関東も、昨日から急に涼しくなって、身体も割りと楽だったし、いいもんいっぱい見られたし、寝不足でも、行ってよかったです。

戦果は、まず、イラストレーター加藤直之さんの美しいイラストつきサイン!
展示ホールを歩いていたら、偶然サイン会をやっているのを発見し、並んでもらってしまいました。一人一人希望を聞いて、丁寧にイラストまで描いてくれたので、ビックリでした。(並んでいる人がすごく少ないのにもビックリ。割合知られていなかったようです。)

それから、かもねぎ音頭も、間に合って、見ることができて、ラッキーでした。可愛いし、カッコいいし、これ見ると、ほんとに元気になります(@^^@) 今度は、一緒に踊るぞ! (言ってみただけですが(^^;))

ここでもう一つ意外な眼福が!それは、「地球へ」のソルジャーブルーのコスをした、激マブ(笑)なS嬢との再会でした!いやー、カッコいいのなんの。やはり、やるべき人がやるべきことをやると、決まるんですよね。

企画の方は、「おたくスタディーズ」と「バルバラ異界とポーの一族のはざま」。たまたまどちらも同じ部屋だったので、「おたく・・」の後そのままいたら、大人気の「バルバラ」も一番前に座って聴くことができました。

「バルバラ・・」の方は、パネル・ディスカッションというより、萩尾望都さんのファンクラブの集まりのようでした。萩尾さんが出演すると、皆、単なる一ファンになってしまうんですね(^◇^)

というか、実は、私は、この企画にモーさま本人が出るとは知らなかったという、すさまじいマヌケさ。何故か、どういうわけか、漫画評論家数人によるディスカッションと思いこんでいたのでした。思いがけず、十年ぶりくらいに、肉眼で、モーさまに拝謁(?!)することができて、勝手にドラマ(笑)でした。しかし、変わらないのう。団塊の世代に近いとはとても思えん。

とても疲れたけど、中華街でニンニクを食べてしまったせいか、昨夜は目が冴えて、なかなか眠れませんでした。(いや、けして、某チームの結果を見て、血圧が上がったからでは・・(T_T) )
posted by miquage at 22:38| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。