2006年03月12日

またアカンですジュビロが日々

ジュビロ磐田1 対 3 浦和レッズ

あきまへん。
2試合やってまだ片目も開きまへん。
背中の「キットカット」が泣いている。
そして、胸の新ロゴ「飯田産業」が・・・・。
(うう、飯田サン、どうかお見限りなく、気長に見守ってやってくださいね)

・・・しかし、それにしても、胸ロゴが目立たないユニじゃのう。
単にうちの古TVの画面映りが悪いせいなのだろうか。
胸になんて書いてあるか、試合中、ほとんど読めんのだ。
いいのか、これで?

てか、今日みたいな負け試合では、目立ってもしょむないって考え方もあり?
だって、開幕戦に続いて今日も、妙に赤い、背中のキットカット・ロゴだけ威勢良く浮き立ってたけど、それがなんだか寒々しく見えた。

水色にあの赤って元々寒気がするような色合わせだが、今日みたいな試合内容だと、ますますミスマッチが目出つような気がする。その上、キットカットって「きっと勝つ」ってことで、一応縁起モンなんだよね。なのにこれじゃ、さらにむなすぃ。

だいたい、縁起モンのはずのキットカット背負って完敗かよってのもあるし、威勢のいいロゴや文句がユニについているのも考えもんかもしれん。クリカラモンモンのにーちゃんが、喧嘩に弱かったら哀しいってのと同じかも。

それから、キットカットにとっても、神通力疑われちゃっていや〜んかもしれない。今の季節、受験生だって頼りにしてるってのにこれはないでしょう、ジュビロさん、ってなもんだろう。

いやほんと、先週思ってた通りに何の意外性もなく、やはり勝てなかったってのは悲しいよね。実言うと、そこをなんとか、奇跡とか運とかで引き分けくらいはしてほしかったんだけどね。

でも、ま、1点返せただけでもよしとするかい。
なにしろ前半なんか、今日はレッズがジュビロ相手に華麗な得点ショーを繰り広げるのかとゾッとしたくらいだもの。3点位で助かったと思った方がいいのかもしれない。

まあ、日本の銀河系軍団とも言うべき、豪華フルメンバーのレッズと違い、今日のジュビロはかなり駒落ちだったってことも一応エクスキューズにはなるかもしれん。元々、今季大黒柱のはずだったFW前田遼一が怪我で開幕から出ておらんのだよ。その上、福西も今日は怪我で欠場。さらに、試合前半で田中誠が引っ込んでしまった。恐らく彼も怪我だろう。
結果的に、開幕戦以上に、超ベテランと超若手だけのサムいチーム構成になってしまった。

もっとも、前田も福西も田中もフル出場だったとしても、勝てたとはちょっと思えない。
本当に、ジュビロは、相手にとってこわくない、小粒なチームになってしまったように思う。
つか、山本監督は、今年、優勝とかは度外視してチーム作りをしているとしか思えません。
来年優勝できれば、3年の任期の間に優勝って公約?!が果たせてオッケーということで今年はまだ我慢の年のつもりなのでしょう。

でなきゃ、レンタル移籍組を呼び戻しただけで、大型補強しなかった理由がわかりません。
そして川口信男、河村といった中堅どころを放出した理由も。

・・いや、理屈ではわかっているんだ。
登録選手数は決まってるんだし、予算も限られているんだから、こうしてやりくりするしかないんだ。

恐らく、生え抜きの若手をこの1年で勝利のプロに育てようと思っているんですよね。
でも、てことは、若手が中堅どころのしたたかさと判断力を即製で身につけないといかんわけね。

・・・・・。
敗戦のプロになっちまわないようにね。(我ながら、やなヤツ(^^;))

ところで、鹿島アントラーズ 対 Fマリノス戦の前半も見ました。
結果的に、Fマリの大勝(3対0)だったのですね。Fマリ、絶好調みたいです。
岡田監督ってやはり監督としてすぐれもんなんでしょうね。
誰かさんと違って、去年の建て直しが、もうできているんですよ。
ほんと、「お主、デキるな!」って感じ。

・・・・・。
なんだかますますキライになってきてしまいましたぁ!(^◇^)
posted by miquage at 14:39| Comment(0) | TrackBack(2) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14685687

この記事へのトラックバック

Jリーグ第2節
Excerpt: J1リーグ 第2節 試合結果 浦和レッズ 3−1 ジュビロ磐田 清水エスパルス 2−0 名古屋グランパスエイト アルビレックス新潟 2−0 FC東京 ..
Weblog: サッカー道
Tracked: 2006-03-12 17:26

Jリーグ第2節
Excerpt: Jリーグ
Weblog: サッカー道
Tracked: 2006-03-12 17:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。