2005年01月23日

ショートパンツの法則

やっぱりドイツ語もトルコ語も、辞書引くのたいへん〜、ってことで、結局イルハン・ニュースは、おあねす様のとこや、2chや、いろんな個人サイト様頼りです。こういったとこで、英文の記事も載ってるってわかると、初めてちゃんと元記事を読みにいく。それ以外は載ってる写真をもらうだけ(^^;)

やはり、紙の辞書って買うと安心しちゃうんだよ。そういえば、3年くらい前に買った英語の電子辞書もやはりめんどくって、あまり使ってません。PCと違って小さなキーボードに単語打ち込むのって、せせこましくて、ダメなんです。それに、小さい割にけっこう重いので、出張の時もあまり持ってかないのであった。

じゃ、英語の辞書は何を使ってるかって言うと、結局、パソコンで「英辞郎」ばかり。うちでも会社でも、PCに入れてある英辞郎を使いまくっている。英和も和英も引くのが簡単で、ほんとうに便利です。単語の形じゃなくても引けるのが特にいい。家も会社も常時接続なんだから、ほんとはオンラインの「英辞郎」の方を使った方が改訂されてていいんだろうけど、なんとなく、PCに落としてある方を使っちゃう。何故だ? アルクのアクセス数を増やしたくないとか特にそんな変な理由もないんだけどな(^^;)。

というわけで、私の望みは、トルコ語とドイツ語も「英辞郎」みたいなすぐれものの辞書ができて、オンラインで常時使える世の中になること、でなけりゃ、無料のオンライン翻訳サービスがもっと進化することですが、どっちも望み薄ですね。それこそ、どっかの国のサッカー選手のファンとかでもやってなきゃ、結局英語がわかれば済む世の中だもの、ニッポンは。

あ、それからもう一つ解決方法(?!)が。イルハンが英語圏の国に移籍すりゃいいんだよ、今度は。日本に戻ってくれとは絶対に言わないが、本人、英語は大丈夫だそうだから、英語圏に是非行ってくれぃ! そうだ、フランス語圏でもよい。フランス人は川口能活が大好きだったくらいだから、イルハンみたいなタイプがかなり受けると思う。行ったれ、行ったれ!

・・・なんてこと言ってる場合じゃないらしい>イルハンの状態。
今月いっぱいで、ヨーロッパの冬の移籍市場が閉じてしまうというのに、一週間くらい前に太股の肉離れを起こしたとのこと。夏の膝の手術からようやく回復してボール練習を始めたと思ったら、これだ。膝の故障とは違い、それほどシリアスな、選手生命にかかわる怪我ではなく、1−2週間練習できないくらいだそうだ。が、よりによって、この時期である。移籍市場が閉じてしまったら、どうするのだろう?
練習生でまた半年(?!)待たなきゃならないの?

と心配してたら、某サイトさんで、この「移籍市場」の締切が関係するのは、今、どこかと契約している選手の場合で、イルハンは神戸とすっきり片がついているのなら、この締切は関係なく、いつでもヘルタ・ベルリンと契約を結べるのだ、という説を読んだ。つまり、プータローなら問題ないらしい。これが本当ならいいんだけどなあ。きっと本当だよね。だって、ヘルタは、「イルハンが1/31までに万全の状態にならないのは我々はよくわかっていた」と言いつつ、別途「冬の補強候補はイルハンだけ」と言っているわけだから、時節はずれの契約を当然視野に入れているはず。

いろいろ読んでみると、ヘルタにもいろいろ心づもりというか、裏のねらいがあるのだ。この間から、2chのイルハン・スレッドの古いのをあさっているのだけど、2年あまり前(つまり、ワールドカップの後)でも、ヘルタはイルハンを獲りたがっていた。その時も、ドイツに住んでいる、たくさんの非ドイツ系住民(トルコ人)ファン狙いもあったようだ。

今回ももちろん、それがあるらしい。ヘルタではすでに、イルハンのトルコ代表仲間バシュトゥルク(相変わらず、セレッソの森島によう似とる)が活躍していて、その為もあって、ヘルタHPは、今度トルコ語版ができる、とのこと。それに加えてイルハンが入れば、ドイツ国内のトルコ人ファンわしづかみ状態で、観客動員数も増えるのでは。。。って期待もあるのだろうね、きっと。

でも、だから、イルハンがヘルタをリハビリ施設代わりにしていても、文句いわずに受け入れてくれてるわけね。
ハァ、イルハンも大変だねえ。膝の怪我もちなのに、一人だけショートパンツでトレーニングしている場合じゃないよ。わかってるのかなあ。
とゆーわけで、今日はイルハンの短パン問題を追求してみたいと思う。

そう、問題はこのショートパンツなのよ!というか、ショートパンツに象徴される、ノーテンキ度だっ!よく言えばマイペースなんて言ってる場合じゃないよ、まったく。神戸に来た時も、寒いのに一人だけショートパンツで、もっとさむーいヨーロッパでもショートパンツだったのだから、しょーがないのかな、と思って見てたけど、また手術しても、またショートパンツだ。ヘルタの他の選手はぜーんぶ、長いトレパンなのにだよ。(それで、統一を乱すってんで、話題になってしまったらしいのだ。「ショートパンツの選択」というタイトルの記事が出たようだ。)

なんでイルハンは膝の手術を繰り返しても、真冬でも、短パンにこだわるのでしょう??
私は、選手生命に関わる問題だと思うんですけどねえ。
そこで、選手生命を棒に振る可能性も省みずイルハンが短パンにこだわる理由、考えてみましたー。

a. 脚の線に自信があるからに決まってるやろ。
b. ちゃう!逆に自信ないからや。短パンの方がごまかせると思っとるんや。
c. 単に人と違うことして目立ちたいだけやで。
d. 長いトレパンはくと、アレルギーで脚に湿疹が出よる。
e. なにゆーてんの。短パンの方がカッコいい。男は短パン!と思ってるからじゃよ。
f. このくらいの寒さだと短パンで丁度いいんだよ。長いトレパンじゃ、暑いんだ。

他にもなんか、アイディアありませんかねー?
私にゃ、結局わかりませんや。
いや、実は、
「単にノーテンキなだけ!!!(四倍角)」
という大正解があるんでしょーが、あえて目をそらしたい、というか。。。(爆)

これが冬でなけりゃ、イルハンの、短パンに足首までの白いソックス、という、女学生みたいないつものトレーニング・ファッションは、清潔感があって、好きなんですけどねー。あの白いソックスがツボなんだよなー(^◇^) なんてオヤジみたいなことを言ってる場合じゃない。太股の肉離れ回復状況、どっかに載ってないかなー。。。
posted by miquage at 22:41| Comment(2) | TrackBack(1) | イルハン>ジュビロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピッチでイルハン探す時はぶっとい脚を探せって言うくらいだから
長パンはきっついんじゃないの〜〜〜。

森島さんって最近見ないな〜。セレッソにいるんだね。
Posted by 美也子 at 2005年01月27日 17:51
確かに、誰よりもムチムチプリンの美味しそうな脚してますよねー(^◇^)
ところで、おあねす様情報によると、ヘルタと契約できて、その脚が
ブンデス・リーガのピッチでとうとう見られることになりそうだとか。
デカ長パンをはいて、ちっとは節制して、ほんとうに復活してよね〜。

ところで、マダム、森島さんは、ずーーーっとセレッソのヒトですぜ。
最近、大久保くんにミスター・セレッソを乗っ取られてしまって、
確かに影が薄かったけどさ。。。
Posted by miquage at 2005年01月28日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1688118

この記事へのトラックバック

うわあっ、どうしよう
Excerpt: 考えるより先に涙が…………。 頭よりも先にハートが反応してしまった!!! イルハン、ヘルタ・ベルリンと契約っ!!! 喜べないんだよまだ。 だって異例の厳しい条件付契約なんだよ。 期間は6月末ま..
Weblog: 真プライベート・ロード
Tracked: 2005-01-28 10:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。