2005年02月06日

そうでないヒトにはそれなりに。。。

「オーシャンズ12」を見てしまった!(*^o^*)
ロードショーを映画館で見るなんて、いったい何年ぶり?なんて贅沢なんだ〜。
こないだは、ボーン・スプレマシーの試写会に行ったし、なんかバチあたりそう。

「オーシャンズ12」ですが、この映画、「顔ぶれだけでカンドー!」って批評が多い。でも、内容自体は、少々古めかしい感じがしなくもない。昔ながらの大掛かりな泥棒ストーリーを時代設定に合わせて一新しただけのような。。

「オーシャンズ11」はビデオ撮ったまままだ見ていないのだが、こっちと同じで下敷きになっているストーリーは昔の同名映画と同じで、それをリメイクした作品なのだろうか?いろんな面で古めかしく感じられるのは、だからなんだろうか?!

結局、ブラピはじめこれでもか〜、のスター軍団の価値がわかる人にはすっごく面白い、そうでない人にはそれなりに面白い、くらいの映画なのでは、と思っちゃったりします。

あと、マット・デイモンは、「ボーン・スプレマシー」と違って、こっちは若いカワイコちゃん的位置づけの役柄なのねん。まあだ、こっちの方が適役なんじゃ、とか思えてしまうのは、やはり童顔のせいでしょうか?!

というわけで、ここから先は、ネタバレになりますので、ご注意ください。

だいたい、この情報化時代に、スターのそっくりさんで人をだますなんて、無理がある話。実際、無理がたたって、バレるわけだが、そして、バレるのも計算の内なんだが、それでも、なんかこういうこと考えつくってだけで古めかしい感じがする。

そのそっくりさんを、今旬の大スター本人が演じるから、大サービスで、気がきいてるってことなのだろうけど、このヒト、そんなにビッグなのかなあ?そのジュリア・ロバーツ演じるジュリア・ロバーツにだまされかける役でゲスト出演のブルース・ウィリスもそう。私なんかは、特別この2人のファンでもないので、ふうん、きっとアメリカじゃ、この2人にこれだけの価値があるのね、ってヒトゴトのような感じ。

なんか、こういう古めかしい仕掛けの対象になるようなスターって、やはり昔の銀幕の大スターって感じのスケールの大きいゴージャスな男女優でないとつまらない感じがする。今のアメリカ映画じゃ、ゴージャスってもこの2人くらいが限度なんだろう、ってのはわかるんだけど。

それから、つまらなく感じられるのにはもうひとつ理由があって、この2人が典型的な、近寄りがたいような美男美女じゃないからかも。つーか、見かけ的にちっともすごくないんだもの。

だいたい、ジュリア・ロバーツって、こんなにオバサンだったっけ?なんか前より目と目の間が寄ってきたような感じがする。ほんとうに普通の、イタリア系のちょっととうがたったおねーちゃんになってしまった。ちっともナイス・バデーじゃないし。

単にちょびっと老けただけなんだろうか?!きっとそうだよね。それとも、役作りでやつれてみせているってのもあるのかな。「本物のジュリア」に化けてもやつし(というか普通の奥さんぽさ)を残すという細かい芸なんだろうか。だったら、ゴメンよ、ジュリア。

しかし、「大スター(自分自身)のそっくりさん」役のこの人を見てると、ジュリアも出世したもんだなあ、と思う。思いながら、でも、兄さんのエリック・ロバーツは何処に?なんて思っちゃう私。。。
(エリックだよ、今をときめく(?!)エルリックじゃないよ。そういえば、「鋼」は、いつのまにか9巻が出てたのね。知らなかった。。。)

エリック・ロバーツは、確かジュリアより10歳くらい上の実兄。スターになってすぐ、交通事故で大怪我をして、少し顔が変わって表情が不自然になってしまったとか。
でも、事故の前は、超美形俳優だったらしい。私が映画で見たのは、事故の後だったのだろうか。もともとこういう目と目の間が近い、濃いタイプの顔ってあまり好きじゃないので、そんなに感銘を受けなかったのだが、事故の後でも美形俳優で通っていたはず。しかし、事故前に、ジェニファー・コネリーかなんかと兄妹役で出た頃のビボーは伝説的らしい。

もしかして、私がエリックの映画を見てそんなに感銘を受けなかったのは、事故後で、もうそれほどは美しくはなくなっていたからなのだろうか?!その可能性はある。きっとそうだったに違いない。伝説になるような、神秘的な美男美女って最近ほんとにお目にかかれないもの。
若いころのエリック・ロバーツ映画、見てみたいなあ。。。
posted by miquage at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。