2006年10月09日

ねばり腰リターンズ?!ジュビロが日々

9/30  ジュビロ磐田 1 対 0 横浜F・マリノス
10/7  ジュビロ磐田 3 対 2 ガンバ大阪

アレヨアレヨの間に、2連勝。正直言って、どちらの試合もあまり勝てると思っていなかったので、ビックリしてポカンとしてたら、ここに書くのが遅れてしまったって感じです。とにかく、2連勝を果たし、今季初めて6位までせり上がったジュビロでございます。しかもっ、2試合とも、後半ロスタイムの前田ゴールによる辛勝、ねばり勝ち!(^◇^) 土曜夜の某スーパーサッカーPLUS でも、「てことは、ようやく磐田も走れるようになってきた、ということでしょうか」、なーんて、病人が重湯からお粥に変わったかのような、わかったような、コノヤローな、某氏の発言を聞くことができました。ほんまに、ようやく、ネバネバした二枚腰サッカーができるようになってきたのやろか。それともできるようになってきたかのような錯覚なのでしょうか。

というのも、ここ数試合、どうも監督の指示が、マン・マークとゾーン・ディフェンスのまぜこぜらしいんですけど、その切り替えがうまく行ったせいでうまく運んだのか、切り替えなかったのでうまく運んだのか、監督の試合後のコメント読んでも、よくわからなかったりするんだもん。古なじみのアジウソンではあっても、外人監督っていまいちよくわかりません。てか、ブラジル流で、わざとわからなくして、煙に巻いてるってとこもあるのかもです。それならそれでいいんだけどさ。たとえば、選手が監督の指示がよくわからなかったふりをして正確に従わなかったせいで逆にうまくいったんだったり(つまり、マグレってこと)じゃなかったことを、切に祈ります。トークバトルでゴンも嘆いていた、昨今のどーーしても三連勝かなわぬジュビロの不安定さが、今度こそ、解消されてきているのだとよいのですがー。

なにしろ、相手チームにとってみれば、マムシなみ(笑)にタチが悪い、たとえ負けてても「ロスタイムに同点にするのは当たり前、延長で勝ち越すのはデフォルト」な三枚腰、四枚腰の、しぶといサッカーをしていた、以前のジュビロを見慣れていた身にすれば、まだなんとも判断がつきかねるところです。試合を中継で見られたのは、岡ちゃんはすでにいないんで憎らしさも三割安(笑)のFマリとの一戦の方だけでしたが、この試合、両チーム共、instrumentalで「昔の光、今何処〜」のメロディがヒョロ〜と流れてきそうなサムいシーンた多々見られました。つか、どちらも、ほんとーにたいしたことなかったです。いつの間にかたいしたことなくなってしまったチーム同士の試合だったっす(涙)たいしたことなさを競い合ってる試合だったっす(シツコイ?!)結局、ジュビロが勝てたのは、F・マリの方が少しだけどーしょーも無さが勝っていたから、ただそれだけっす。

しかし、これもそれも、昔の目で今の選手達のプレーを見ているからなんでしょう。今の選手で、この内容、この勝利ゲットだったらもぉもぉ御の字ってか、ほめてつかわすってなもんのはずですよね。特に、一昨日なんて、勝った相手、ガンバっすよ。はっきり言って負けると思ってたから、外出中、携帯で経過確認もしなかったっすよ。揚げ句に、結果見て、これはアクセスするページを間違えて昔の試合結果を見てしまっているのでは、などという疑いすらもって、何度も確認し直した人もいたくらいだし(^^;)(どーせヲレだよ。)

以上、三連勝してからアップしようと思ってたら、もはやその機会はござらぬ、という、今季再三繰り返された教訓を生かして、アップしてしまおうと思います。・・・うっ、マズイっすよ、ヤバイっすよ、次節、こないだ初負けをさせていただいた、大宮サマじゃん。


にしても、昨年まで神戸にいた、ガンバの播戸、よくやってる!一昨日は頻繁にオフサイド・トラップにかかってくれたみたいで、有り難かったけど、どうせなら、遠藤やシジクレイじゃなくて、この人にゴールさせてあげたかった。7試合連続ゴールをあげさせてあげたかった。ほんと言って、このコは他人の気がしないっす。ああ、見慣れた坊主頭のあの形。こないだ、27歳にして、初代表に選ばれた時は、涙が出そうでした。それもこれも、「こ〜べ〜、泣いてどおなるのか〜」と今年、J2にいってしまった神戸ですが、その神戸にいた時の、2004年春のあの人との思い出があるから。この人を見ると、あ奴を思い出すから。そうそう、あの頃は、播戸くんのHPも頻繁に見に行ったよなー。そういう人、きっと多いよね。とにかく、あの頃、(多分)アレに優しくしてくれて、ありがとうね。それだけで、もうこれからもずっと応援するからね。代表でもゴールあげてね!

それにしても、あーーあ・・・。
posted by miquage at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25138709

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。