2005年03月26日

ほんとに賽は投げられたー(;>_<;)

ところで、疲れてる理由その2は、勿論、イラン戦ですねん。
ハーーーー、引き分けにもちこみたかったですねえ。

海外組ですが、眉間にしわを寄せ、険しい表情をした小野の活躍がとても目につきました。
バーレーン戦が欠場になってしまって残念です。
中村俊輔も随分、がんばっていた。
少なくとも存在感はあり、相手に脅威を与えていたように思います。

それに較べて、中田って、こんなんだっけ???
なんか、前は、他のヤツらとまったく違う安定感で、彼にボールが渡ると一安心、
そしてなんかやってくれる、って期待がもてたんですけど、
昨日は、うーーん、なんか簡単に奪われてなかった?!

ヒデって目玉焼きによる露出の激しさと反比例して、最近神通力が薄れてってるような。
ああいう、「ヒデはほんとはこんなに親しみやすいんだよ」みたいな露出は、やめた方が
いいんじゃないの!?
最近出ている、ヒデ本、どういう人達が買ってるのか(実際売れているのか)ちょっと
知りたい気がします。

高原はねえ、もともとあまり期待してないからねえ。(すんませんね)
この人って、なんか、いっつも期待できる気がしないんだよね。
ジュビロにいた時は、期待できたんだけど、それは周囲がよかったからねえ。
なんたって、「常に誰よりも一生懸命」なゴンと2トップ組んでたんだもの。
そりゃ、点も入るわな。

ゴンの薫陶を受けられなくなってからの高原は、なんかうーん、無意味に
たくましくなったっつーか、海外でのサバイバル術は身につけたみたいだけど、
それ以外(サッカーとか(^^;))はどうなんだろーねー、って感じがいつもつきまとってる。
(「万年世界うるるん」じゃないんだよ、みたいな(笑))
今回は、ブンデスリーガでようやく点を入れられるようになってきたとこなんだから、
もう少し期待してやってもと思ったけど、しなくて正解だったです。

最後にヤナギですが、なんかやけに可愛い髪型になっちゃっていましたね。
まだ「実力もあるアイドル」ぶりっこやっとるつもりかって思っちゃいました。
この人がなんで珍重されているのか、鹿島の時代から、私には最大の謎でした。
(私の好みではないが)嫌味のない可愛い顔以外にとりえはあるんかい、と思ってた。
しかし、インタビュー記事で、「イヤなFWは」って質問に、ジュビロの選手が皆、
ヤナギと答えているのを読んで、ヘェーーと思った覚えがあります。

きっとなんか目に見えない神通力というか、うまいところがあるんでしょうねー。
まあ彼は、今回、福西の前でほんとにいいタイミングで球を落としてくれたんで、
よしとしましょう。これも、ヤナギの不思議な実力だったのかもです。
いいパス出しと同じ効果だったもんね、結果的に。

というわけで、疲れている理由その3に行きたいと思いますが、力つきてしまったので、
明日また書きたいと思います。(え、書かなくていい?)
日本代表の賽はすでに投げられたわけですが、投げられなかったお人の話です。
ひとつも前に進まない双六、それどころか、何コマか戻ってしまったのかも。
やはりこういうのが一番疲れるかもしれません。ハァーー・・・。
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2632209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。