2006年11月26日

ああレッズ・・でもジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 0 清水エスパルス

ディープインパクト、勝ったそうですね!ってのは置いといて、
ガンバは、雨の中、ロスタイムのマグノアウベス・ゴールで勝ち、レッズは引き分けてしもうた。結果、レッズの優勝は最終節にもちこされ、京都サンガは最下位が確定してしまったのであった。

というわけで、今日は、もう本当にドラマな、優勝のかかった2試合(ガンバ対京都とレッズ対FC東京)をかけもちで見ることができ、TV観戦の醍醐味を味わうことができました。

しかし、レッズは、最終節(なんと2位ガンバとの直接対決)で、負けても、まず優勝は間違いないんですね。それというのも、ガンバったら、今日の試合で得失点差をかせぐことがまったくできなかったんですもの。

なにしろ、前節、ジュビロにも敗れ、死にものぐるいの京都は、本当にがんばりました。ロスタイムに入るまで、ガンバと引き分けで、宮本(の髪)もヨレヨレで湯気が(雨の日はいつもそうか(^^;))というすごい試合でした。少しだけ早く試合が終わったレッズは、もう今日優勝が決まるかと、待ちかまえていたのに、ほんとに残念だったのー。

ま、次はホームで盛大に優勝が祝えるのだから、ガンバさんのお陰でうちの優勝が一層盛り上がってよかった、くらいの寛大な気持ちで最終節にのぞんでください。だって、確か6対0くらいでレッズに勝たなきゃ、ガンバの優勝はないんだもの。

というのも全部置いといて、
もちろん、もちろんですわよ。ジュビロ・サポは、一番ドラマなもう一試合をメインで観戦しましたですよ! そう、ジュビロとエスパルスの4位をかけた決死のダービー! 

そりゃまー、○分に一回くらい、ギド&ワシンの仏頂面と雨にぬれた宮本&マグノの顔をおがみに行きましたけど、やはり一番イケてるのは、腸炎で前節休んだ、福西さんのちょっとやつれたニヒルなお顔だったなーと(いや別にサポだから義理立てしているわけじゃ・・(^^;))

とにかく、今日は福西の日でした。得点は、前田のPKだったんですけど、これを誘発したのは、福西さんでしたし、他にもいっぱい、解説者から、「経験と技量のなせるワザ」などと言われてしまうような「爽やかヤクザ」らしいプレイが随所に見られました。やはり、単なる「爽やか」だけでは、実力が伯仲したチームとの試合では勝てないんですね。

以上、ほんとうに久々にエスパルスに勝って、5連勝、そして4位に躍進したジュビロでした。

あれ〜、最終節の相手にしてすぐ後ろについてきていた、アントラーズったら、負けてやんの。やはり、オガサが抜けた穴は大きいのかなー。そのオガサのメッシーナ、25日は、ベンチ入りしたオガサの出番はなく、ミランに敗戦とのこと。(オガサ、ガマンだ、もうすぐ出番が・・。)

ところで、ジュビロのベテランは、アントラーズ柳沢(元メッシーナ)に何故かとても弱かったのですが、かつてのヤナギをよく知らない、(そして、W杯のヤナギを知っている)アジウソン・チルドレンの若手達はどうなのでしょうか。彼の神通力は通じるのか、最終節、これも楽しみなところです。あれ、でも、ヤナギは怪我でここのところ出ていなかったのかも?? やはり、明治は遠くなりにけり、ですなぁ・・・。
posted by miquage at 17:33| Comment(3) | TrackBack(1) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>だって、確か6対0くらいでレッズに勝たなきゃ、ガンバの優勝はないんだもの

得失点差が5点差、直接対決なので、3点差の勝ちでガンバの優勝ですよ。
難しいことは難しいですが、優勝のプレッシャーでレッズが固くなると有り得ないことじゃないと思います。レッズが普通にプレー出来たら3点差はちょっと考えにくいですけどね。
Posted by keta at 2006年11月27日 13:45
ketaさま
コメント、ありがとうございました!
私も、新聞読んで、間違いに気付きました!
そっか、直接対決だからなんですね?!
おっしゃる通り、レッズが普通にプレーできさえすればねぇ。

監督がシーズン後に退任すると言って以来、なんか選手に動揺が走っているようだと、レッズ・サポの友人が言っておりました。でも、監督の為にも優勝を、と思います。

ジュビロが絡んでいない話だと、とことん寛大になれますね。しかも、ジュビロがそれほど、ドン底状態じゃなくなっているとこがミソ(^^;)
Posted by miquage at 2006年11月28日 22:38
>ジュビロがそれほど、ドン底状態じゃなくなっているとこがミソ

ドン底じゃないどころか、18節以降の後半戦では一番勝ち点を上げてるんですよ。まあ、優勝のプレッシャーがなかったという有利な点がありますが(笑)。

磐田 34
浦和 33
G大 30
川崎 29

来年はいきなり優勝は期待しすぎかもしれませんが、優勝戦線に加わってくれるんじゃないかとは思っています。
Posted by keta at 2006年11月29日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28322312

この記事へのトラックバック

もしも2ndステージがあったなら
Excerpt: 現在首位です。 ジュビロ磐田 1-0 清水エスパルス (得点者)磐田:前田 3年ぶり、静岡ダービー勝利!! 磐田5位、清水4位、勝ち点差2で向かえた今季2度目の静岡ダービー、舞..
Weblog: ~Gran Capitan~
Tracked: 2006-11-27 02:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。