2005年05月02日

涙のアトム

PLUTO第2巻、読みました。
「涙の百恵ちゃん」ぢゃなくて「涙のアトム」が出てくるのは、この巻だったんですね。ビッグコミックの連載ではとうに見たシーンだったので、1巻に出てきたような気がしていました。

・・・しかし、相変わらず大仰な売り方でんな。まさか、毎回通常の単行本と同時に豪華版を出すつもりだったとわ〜!!!インド人もビックリじゃないでしょうか。(インド人って、世界じゅうの商人の中で一番商売上手だとかいうけどさ)

今回の豪華版の方は、手塚治虫、浦沢直樹それぞれの絵のシールがついてるそうな。1巻の場合は、手塚治虫作「地上最強のロボット」がついてるってんで、ついついそっちを買わされましたです。でも、さすがに今回はヤダ。そらま、シールは見たいけど、高いし場所とるねんね。。

のっけから、売り方嘆いてしまいましたけど、内容的には、私、1巻より好きです。1巻は、肩に力が入ってたのかな、なんか情に訴えすぎというか、ウッソーってとこがあるように思いましたけど、本格的にアトムが出てきた2巻からは自然かつ率直な語り口になってきた感じがします。話をやたらに複雑にしてないとこもいいかも。

なんといってもアトムが自然に可愛いのがすべてを救っているのかもです。ただ、私だけかもしれないけど、やはりなんかヤというか、納得できないのが、あの人間を殺したというロボットの姿と保存法、それから、大統領のテディ・ベアかな。

ロボットの方は、保存している理由はわかるんだけど、ほんとうに素朴な疑問というか、なんであんな凝った姿で保存しとかなきゃならないのかわからないのね。ヘンだよ。(はっきり言うと、なんであそこだけあそこまでエヴァなんだよ、わけわかんないよ、なのねん。)

大統領のテディ・ベアは、なんかどっかで見たような。これもなんかのパクリなのかなあ。なんとなく笑っちゃうよね、ってとこあるんです。ありがちだよな、こういうのって、みたいな・・。

以上、私がひねくれているだけかもしれないし、人によって気になるところは違うと思うのですけど、書いてみました。ストーリーが進めば、このイヤな感じが解消されることを祈りつつ。

ところで、今日、ビッグ・コミックの最新号が出ていたので、連載の続きを読みました。そしたらガッカリ(?!)。7人目の「地上最強のロボット」エプシロンは、基本的に手塚治虫の原作通りだったのだ。当たり前か(^◇^)

実はなんとなく、最後の一人は女性ではと思いこんでいたのだ。つーか女性でないまでもアヤしい美形ロボットに間違いない、と期待していたのだよ、明智君。ああ、ちょっと恥ずかしいぞ。だけど、ロボットも含め、出演はおじさんばかりなんだもの。そろそろそういうの出てきてもいい頃なんじゃないの?こうなったら、まだ出てきてない、悪役陣にアヤしい期待を抱くしかないのかな。

・・しかし、こういう婦女子って、ヒンシュク!描いてる人にもかなり迷惑かもしれん。やだねえ(^^;)←一応自覚はあるねんね。あってどうなるわけでもないけどさ。
posted by miquage at 22:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくわからないんです。
私が読んでる「PLUTO」とミクァ〜ゲ〜さんが読んでるのは、同じ作品なんでしょうか?
ベースの手塚作品を知らないせいか、まったく入れ込まずに読んでます。
オタにはなれないですね。1番好きなのが「沈夫人の料理人」なんですから。

ところでゴン150Gおめでとうございました。
歴代3位が城というのにびっくりしました。

先日カラオケで「涙のステップ」歌いました。
Posted by 美也子 at 2005年05月03日 11:06
をを、そうですか。
原作に関する知識と思い入れがないと
どんな感じがするのでしょうか?
面白いんでしょうか?
知りたい気がします。
(沈夫人は、私も好きですよ〜!)

ゴンのこと、ほんとにめでたいです。
ジュビロも久々大勝利だけど、今日(4日)、
の連続勝利と連続ゴン・ゴールを期待しています。
ここにもそれから書こうと思って(^^;)

「涙のステップ」って、知らなかったです。
きっと知らないはずないほど、有名な曲なんですね。
う〜〜む、どうして知らないんだろう。
Posted by miquage at 2005年05月04日 01:00
>原作に関する知識と思い入れがないと
>どんな感じがするのでしょうか?
>面白いんでしょうか?

うう、ごめんなさい。
正直言って、「あまり面白くない」です。
単に「哲学入ったSF」という印象。
PLUTOに出てくるアトムもウランも、鉄腕とは別物です、私には。

この〜曲ぅが終わあったら〜 ひ〜とり〜に戻るのね〜♪
「涙のステップ」有名ですが、ちと古すぎますかね、ミクァ〜ゲ〜さんには。
歌は須藤薫、曲は杉真理。須藤のベスト版買おうかと思っています。
Posted by 美也子 at 2005年05月05日 09:25
ああそうだ書き忘れ。
ゴンのパスからカレンのゴール、なかなか良かったっす。特に二人のちょいハグ。
いいもん見せてもらいました。
Posted by 美也子 at 2005年05月05日 09:27
そっかー、やっぱり、「あまり面白くない」んだー。(なんとなく納得)

それから、「涙のステップ」が古すぎるんじゃなくて、
私の方が古すぎなんだと思います(^^;)。
あ、単に、そのころ、ポップスよりアイドル歌謡ばっか聞いてただけかも。
歌えるのはせいぜい、「涙のリクエスト」くらいだっちゃ。
Posted by miquage at 2005年05月05日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。