2007年02月12日

加齢なる一族

 タイトル、なぜか最初に、この字が出たのです。意味深です。

 キムタクの「華麗なる一族」ですが、初回は見逃したけど、二回目からなんとなく毎回見ています。しかし、はっきり言って、主役は、北大路欣也サマではありませんか。

 鈴木京香との、ベッド・シーン(上半身裸で、薄着の京香と並んでベッドに入っているだけですが)まで、こなしておられる!さすがでござります!胸板、厚い(よう)です!

 しかし、なんつか、まさに「御大」って感じの、この人が出てくると、なんでも時代劇になってしまうような感じがします。てか、まんま、腹黒なお代官様ではありませんか。

 ま、このドラマも、60年代の高度成長期という、「時代」を見る、時代劇なのですから、かまわないっちゃかまわないのかもしれません。トウが立った青二才を蹴散らして、大芝居を繰り広げる北大路様の前に、敵はありません。

 しかし、昨夜の回の、あまりにベタな、あまりに安っちー血糊の使い方、あれだけは、なんとかしてほしかったなー。時代劇風目張りメイクに、赤ペンキみたいなべっとり血糊って、討ち入りじゃないんだからさ。まさか、時代劇の小道具、そのまま使ってるんじゃないでしょーね(^^;)

 ハッ、でも、60年代って、今の若者にとっちゃ、もうそのくらいムカシ感がある「時代」だったりするの?だから、あれが許されるのかしら。うーーむ、じゃー、一人だけとても今っぽい、キ○タクの髪型はなんとする。あ、でも、彼は体型が60年代だから、許されるのか。(冗談ですよ、冗談・・(^^;;))
posted by miquage at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てないドラマに関する記事にコメントするのも、どうかと思いましたが、知り合いからイーグルスの「ならず者」が使われているとの情報を得、番組の最後だけチェック。

「ならず者」って、誰のこと? 北大路にもキムタクにも、イーグルスは合わない気がしました。
Posted by あ。 at 2007年02月28日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。