2005年06月05日

私見ヒデ効果そしてトシヤ〜!

バーレーン戦、小笠原がやりましたね!
やった〜!と思いながらも、このゴール・シーンを見て、激しくトラウマが疼いたジュビロ・サポは私だけじゃないだろう。2001年チャンピオンシップでも、あのくらいの場所からのフリーキックが一発で入って、負けたのだ。
ドヒャ〜!!!って感じで、もう起きあがれないくらい、のけぞった。
うう、この一発で年間チャンピオンがパ〜!である(-_-;

そう、ジュビロは本当に何かとオガサたった一人のお陰で、大一番で負けとるのだ!
そういえば、(大一番じゃないけど)昨シーズンもヤラれた。
やはり、ああいうミドル・シュートだった。
いつも、けっこう遠いとこからズバーッと入る。もう、絶句って感じ。

若い癖に妙にオヤジな体型と顔つきのオガサ。
けして器量が悪いわけじゃないのに、なんでかな、なんか下司ばった感じがするオガサ(スマン)。
けしてスマートなプレーヤーではないオガサ。
だけど、代表にいたら、確かに頼りになるやつかも。

そのオガサは、以前、ジーコの海外組偏重が納得できない、という発言をズバッとしていた、数少ない国内組の一人だ。いつもいないヒトが急に来てポジションを奪われるのは理不尽だってことをきちんと言ってた。

この発言の裏には、もちろん、海外で大活躍している選手が来るってんならいいけどね、ってのがあったと思う。だから、今回、彼にとっても、これ以上ないうれしいゴールだったと思う。
ヒデさんはがんばったとはいえ、ゴールはできなかったもんね。
(なーんて、こんな料簡の狭いことは、オガサ自身はけして口に出しては言わないだろうけど。)

しかし、この試合前の、ナカタの、自らの日本代表内での復権を目指した様々なパフォーマンスは、私的にはかなり目に余るものがあった。
福西はじめ、いろいろな選手との口論が報道されているが、結局、オレサマが自分で点をとるくらいの決意で来てやってるんだから、言う通りにしろ、オレサマが前に行けるように、こうしろ、ああしろ、、、ってことだったのだろう。

こういう自己中心的な、思いこみの激しい、オレサマな女王様タイプ(ああっ、ここまで言ってしまった(^◇^))の人間って、日本の社会ではなかなか受け入れられない。実績があり、実力が証明されている場合でも難しい。
ましてや、今季、セリエAでも活躍していないこいつの場合は、ふつうダメっしょ。
あ〜、あの踏ん張り方、見苦しいよ。落ち目になっているからの踏ん張りでしょ?日本代表だけは、自分が君臨できる唯一の王国にしたいっつう・・・。

もちろん、こういう、ナカタから見たら下司の勘ぐりみたいなこと言って批判する、私みたいな人間はメチャ多いわけで、彼も、この重圧によく耐えている。
こうした中で、とにかく、代表は自分がいた方が強い、ということを証明してみせなければならないのだから、大変である。

で、今回、証明できたんでしょうか???

ま、ある程度はできたんでしょうね。湯浅さんのこの試合評(さすがです〜)を見てもそこそこに評価されてるし。
 ttp://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_2.folder/05_japan_6.4.html

だけど、だけどね、この試合の一番のナカタ効果は、「ヒデに偉そうに口うるさく言われたくねーっ!!!」ていう、激しい反発心からうまれた、オガサを始めとした、周りの選手達の素晴らしいパフォーマンスだったんじゃないかと思います。(あ、湯浅さんぽい口調になってます(^^;))
つまり、言われる以上のことを先回りしてとっととやっちまえばこいつも黙るだろってことなんじゃ・・・(^◇^)

古〜いギャグですが、「ポーの一族」でエドガーが、
「静かにしろ!」とギャーギャーうるさいクラス委員長テオを無視して、てんでバラバラに騒いでいるクラスの連中に対し、「テオを黙らせろよ!」とひとこと言う。すると、皆が一様にピターッと静かになる。
こんなシーンを連想してしまった私でした。

ま、いいんですけどね。これだって立派なヒデ効果だし、ヒデ自身、最近珍しい、いいパフォーマンスを見せていたわけだし。(でも、実は途中から超眠くなってあまりよく覚えてないんだ、ゴメン)

ところで、そのヒデもいないんだし、「ジーコ〜、北朝鮮戦に、藤田呼んでくれよ〜。いいじゃん〜〜」と夕べから騒いでいたら、ウソ〜、こんな記事が!!!

 ttp://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050605-0009.html

トシヤ、逆転名古屋入りってほんとっすか?!

posted by miquage at 14:54| Comment(2) | TrackBack(1) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真です。
感動です。
ジュビロは藤田一人くらい抜けても強いから、
ええんです。ええんです。
Posted by ぐらぱち at 2005年06月06日 00:33
ううう、寂しいです。
この寂しさは、リーグ戦再開したら、一試合ごとにずんずんと
深くなっていくことでしょう。
でも、浦和より名古屋でよかったです。
その方が藤田の活躍のチャンスが広がるのでは、と思います。
本当に優しい、いい人ですから、宜しくお願いしますね・・・。
Posted by miquage at 2005年06月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4146097

この記事へのトラックバック

FIFAワールドカップ ドイツ2006 アジア最終予選 バーレーンvs日本_試合後
Excerpt: 日本列島が熱狂したバーレーン戦。もう一踏ん張り、 他力本願真っ最中です。 とにかくイランはバーレーンに、絶対勝ちにくる。 日本の結果次第ってこともあるかもしれないけれど、 そういう問題では無い。 ..
Weblog: Grampus8
Tracked: 2005-06-06 00:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。