2004年11月08日

読み違い&読まず違い - Death Noteは死んだふり?!

Death Note第4巻発売。
連載中、斜め読みしかしてなかった部分をきちんと読むことができました。
そしたら、読み違いというか、読まず違いをしていた部分が大きいことに気付きました。

表紙は、あのミサミサ。
こいつ、ちゃんと見ると、最初から、目いっぱいゴスロリ少女なのね。
特にお洋服はすごい。
でも、やはり、あんまり妖しくない。
表紙なんかでは精一杯妖しく描いてもらってるけど、漫画の中ではあまりにフツーっていうか、
小柄で子供っぽすぎるような。

思うに、原作者(または漫画家)は、ゴスロリのロリータを、いわゆるロリータ・コンプレックスのロリを主に意味してると勘違いしてるんじゃ。
「下妻物語」読んで私も学んだんだけど、ゴスロリの場合のロリって、ロココの魂に身を捧げた人って意味みたい。
だから、ミサは服だけじゃなくて、中身も顔ももう少しイっちゃった、ロココ娘でもよかったような。。。

でも、それは枝葉末節。
肝心な内容を、読まず違いしていたようです。
やはり、ライトがダークに戻ってよみがえる伏線(だよね?)が張られている。
だから、Death Note は死んだふり。
早く真っ黒なライトが生き返ってほしいな。

それにしても、主人公ライトの設定にもけっこう笑えるし、Death Noteマニュアルにも、笑える。
マニュアルは、この4巻でも相変わらず増え続け、どんどん微に入り細に入りって感じになってきている。ちょっとオタッキーな匂いまでしてきてるよ。
まったく、こんなにサービスしてええんかい(笑)
次号では、ぜひ切って使ったNoteの切れ端の処理方法と、Noteの書き込みが一杯になった時の対処をマニュアル化してほしい。どうするのかものすご〜く心配。眠れないくらいだ(嘘)

あ、ライトの設定って、東大にトップで入ったスポーツ万能(中学の時、テニスで二年続けて全国制覇)のイケメンなんだよん。
ちょっと前までは全国模試トップのスーパー高校生だったんだけど、今は東大生で、ミサミサ以外にミス東大に告られている。
それから、高校以来のつきあいの彼女(?!)が2人いるらしい。

こういう設定をもっともらしく読ませてしまう、小畑健の画力ってすごいかも。
他の人の画でこれやったら、完全にギャグだよね。
小畑健の画の場合って、逆ギャグつーか、なんでもブラックな笑いにしてしまえる。安っぽくならないのだ。

PS
ついでに、幽遊白書完全版8巻も買ってしまった。
こちらは、今読んでも内容が新しいのに、脱帽。
面白さも色あせません。
ちなみに、さすがに3巻から7巻までは買ってないので安心してください(って、誰に言ってるんでしょう(^^;))
posted by miquage at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/984766

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。