2007年08月19日

不幸の日記(^^;)

今日は、友達宅での花火&夏祭り見物の話があったのですが、彼女自身の業務多忙につき、残念ながら中止になりました。

そこで、某所飲み会に行ったのですが、早退して、とんで帰りました。もちろん、Wスタンダード観戦(笑)の為です。

当たり前ですが、今日は15日(水)と違い直接対戦ではありません。だから、スカパーの2つのチャンネルを行ったり来たりしながらの観戦でした。


そして、その後、とっても不幸になりました。

 夏休みが明日で終わりだからかな。
 何もせずに終わっちゃったな。

 あまりに暑いからかな。
 ま、今日は少しマシだったけど。

 昨日の午後、会社に出てしまったからかな。
 でも、これで月曜が少し救われるからなー。

 「バルバラ異界」を大人買いしてしまったからかな。
 いや、これは、幸福の方だろう。
 「隣の801ちゃん2」の方は少し不幸かもだけど。

 いろいろ請求書が来たからかな。
 しかたないよね。
 さんざん無駄遣いしたんだから。

てゆっか、負ける門には福なんてこねーよ!(T_T)
posted by miquage at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

WスタンダードでW撃沈

昨日、試合は録画して出かけると書きましたが、さて、実際はどうなったのでしょうか。この人にそんなことができたのでしょうか。

てか、TVの操作を親に教えるという大義名分があった為、試合が始まるまでは家にいることになっていたのが運の尽き。お約束通り、15分になったら、30分になったら、ジュビロが点入れたら、と引き延ばしながら、結局、前半戦の終わりまでおうち観戦をしてしまいました(@^^@) それも、磐田の試合と東京の試合とチャンネル替えながら、かけもちで。あ〜、これぞ、スカパーを入れた醍醐味〜(^◇^)と、初めて感じることができました。てか、ほんとに、この為に入れたんだもんね、感涙!

とゆわけで、後は、録画にまかせて、それも、ジュビロの試合はスカパーをを録画、東京の試合は、地方局の中継を、別のテレビデオに録画、という万全の準備をして、とうとう出かける決心がついたのでした(^◇^)

ところがどっこい、玄関で、なんと、茶色くて大きて、ギトギトの憎いヤツの襲撃を受けてしまいました!そういえばお盆ではありますが、プシューと、殺生をいたしました。殺虫剤の白霧がおさまるのを待って、後始末をし、汗だくになって、漸く玄関を出ることができました。

長々と書きましたが、今年から、よんどころない事情(?!)で、磐田だけでなく地元チームも、というWスタンダード女になった私です。片方が負けても、片方が勝てば、撃沈度はましになるんじゃ、なんて淡い期待もあったのですが、昨日のように両チームとも、負けピーだと、W撃沈になったりもするわけです(T_T) そして、大量の敗戦ビデオをなんとしようという羽目にも陥ることに気付かされたリーグ戦再開初日でありました。などと言いながら、M属性を発揮して、一応録画は流して見たけどさ。そして、夏期休暇二日目は過ぎ行くのであった。
posted by miquage at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

喰らうゲンジツ、逃げるハラワタ☆ジュビロが日々

ガンバ大阪  5 対 2 ジュビロ磐田

てことは、

ジュビロ磐田 2 対 5 ガンバ大阪


・・・・・・・!!!(^◇^)


し、しかも、代表組不在なのかと思ったら、ベストメンバー(一応)だったんだね(・ω・;)

・・・てことで、現実トーヒ、ゲンジツ逃避。

070423_フク1.jpg

070423フク2.jpg

070423_フク3.jpg

最初が、明大前で拾った福ちゃん、
次が、うちの郵便受けに朝刊と一緒に入ってたフク、
最後が渋谷駅でゲットした福西サン。
あっ、みんな同じですけど(^^;)
ちなみに、モナリザではありません。

・・・にしても、なして?
なして、こげな似合わんユニ着とっとね???
見てたら、逆に、ちょっとお腹が立ってきたんですけど〜(;>_<;)
傷口に塩すりこんでしまったような気がするんですけど〜〜(T_T)
posted by miquage at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

還ってきたジュビロが日々(^^;)

ジュビロ磐田 1対2 浦和レッズ

ま、負けもうした(>_<)
しかし、レッズ監督に「鼻の差でどうにか勝てた」と言わしめるとは、上等じゃ!てか、昨夜は、もうほんとに久々に、ジュビロの試合みて、「やる〜!」と思わせてもらいました。ジュビロの監督が言っているように、まさに「いい試合をしたことと勝てるってことは別」ってのをを地でいくような試合でした。でも、結局勝てなきゃしょうがない、とは言いますまい。こういう見事な、攻撃的パスサッカーをこれからも見せてくれるなら、いいんだ、それで。

でも、ジュビロの若手って、皆しょっちゅう人格(サッカー格?!)が変わるんだよね。だから、けして次からを保証できないとこが、なんとも・・・(^^;) だいたい、先週水曜のナビスコ杯なんて、メンバー落としてきたJ2あがりの横浜FCに完敗してるんですぜ。それが、昨日は、Jリーグ・チャンプのレッズ相手に、鼻の差の惜敗。

若いだけあって、相手が強いほど燃えたりするのだろうか。それとも、相手が強いほど、実力が引き出されるのだろうか。というか、そういうのは「実力」とは言わないよね。強いて言えば、火事場の馬鹿力かなぁ。昔のジュビロみたいに、こういう試合をコンスタントにできるようになって、しかも勝利をゲットできたら、「実力」って言えるんだけどねー。

・・・ここまで書いてきて気付いたんだけど、昨年も、同じようなことがあって、同じように感じたような気がしてきた(>_<)願わくば、こんなこと書く頻度が減りますように。

それにしても、最後までゴン中山を出さない、アジ監督には、フ○ック!だわさ。

ところで、「フ○ック!」といえば(笑)、ここんとこ、DMC(デトロイト・メタル・シティ)づいています。なんか、これ読むといやされるんですよね。そういえば、昨夜の試合では、レッズの闘莉王が、しばらく見ない内にやつれたすさんだ感じになっちゃって、メーク済みクラウザーさんを連想させる、悪魔のような顔つきになってるのがちょっと気になったりしました。

そうそう、こういう観点(どういう観点じゃ(^^;))的には、昨夜の試合はとっても実り多い萌えサッカーでもありました(笑)短髪で前髪おろした永井くん、少し見慣れてきました。寂しいけど、オーギュ・ヘアは卒業なんだね。

卒業といえば、もうとうにイケメンは卒業したのね、と一方的に見限っていた、カレンくんが、ちょい痩せて、ものすごいイケメン返りしておりました!色白で、栗色のサラサラ髪で、女の子みたいな少女漫画風美少年になっておりました!!

ど、どうしたんだ、カレン、まさかエステに目覚めたのか。それとも、ゴールをあげるたびに、美しさが加わるのか?!さすがサッカー野郎だ。二試合連続ゴールでこれなら、今季終わりには、タッキーやウェンツ超えが待っている。頼むぜ、カレン!
posted by miquage at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

もののあはれな開幕直前

来週は、Jリーグ開幕ですね。
例年開幕一週間前に行われるのが、ゼロックス・スーパーカップです。
Jリーグ・チャンピオンと天皇杯王者が戦うのですが、今年は、レッズが両方制したので、レッズが戦うのは、天皇杯2位のガンバになりました。

あー、つまんねーの。
つい2年前位までは、ゼロックス・スーパー杯も、いつもいつも、ジュビロ対どっかだったのになー。でも、その頃は、ジュビロばっかり出てきて、他サポの人たちは、さぞつまらなかったろうなー。なんてことに思い至れるようになったとは、私も成長したものである。でも、こんな成長、したくもなかった(T_T) いつまでも、ゴーマンでいたかったよー。

今年なんて、ジュビロから移籍した選手がどっちかのチームで活躍してるってことも皆無で、あまりに隔世の感がありすぎです。とは言いながらも、未練たらしく(?!)、昨日録画しといた、ゼロックス杯を見たのでした。

昨年1年、レッズにまったく勝てなかったはずのガンバが、勝っとります。結局、なんと4対0で、終わりました。
マグノ・アウベスなんて、ゼロックス杯初めてのハットトリックやってしまいました。オキニの播戸はあまり活躍できなかったんで残念だけど、ガンバの仕上がり具合は、かなりいいみたいです。西野監督の美しい顔は、加齢&艱難辛苦の相乗効果で、少々やつれてしまいましたが、今年のガンバは期待できそうです。

しかし、試合見ながら、恒様(宮本)移籍効果、なんて言葉が浮かんでしまいました。いなくなった方がチームがよくなるなんて、なんかカナシーですね。代表の時も中間管理職的苦労を重ねてきたらしい、恒様ですが、どこに行っても、苦労がたえないタイプの人なんじゃないかなー。かといって、恒様はまったくタイプじゃないので、悩ましい、とか可哀想とか言って、萌える気にもならないのであった。

それより、レッズ、どうしたんでしょうね。トゥーリオはじめ、出られない怪我人が多いそうですが、今年はタイトルを取れる限る取るはずだったんじゃなかったんかい。最初から躓きましたね。折角取った、阿部ッカム、が、なんだか、オズオズと遠慮がちにプレー参加しているみたいなのも気になります。今年は、リーグ戦と並行してアジアCLも勝ち抜かなければならず、これから、地獄の耐久レースみたいな日程が始まるはずなのに、ほんとうに、困ったことです。代表にも、けっこうな人数とられちゃうんだし、開幕一週間前でこれって、かなりヤバイんじゃないのかなぁ。他クラブなれど、こっちは、悩ましい。とても気になります。

だって、ジュビロなんて、かつては、いっっつも、地獄の耐久レースみたいな日程だったんだからね。それでも、選手達は、黙って耐えたのであった。強いチームの宿命とはいえ、ほんとに、おつかれさまでしたm(__)m 今頃言ってどうする、ですけど、言いたい気持ちです。そして、今更だけど、その頃の中心選手達を全力でねぎらいたい気持ちです。ああ、こんな心境になるのも、ジュビロ弱体化効果ですね。それとも、歳と共に、もののあはれを感じるようになってきたってこと?ということは、加齢効果?もとい、単なる加齢?それとも、加齢イコール人間的成長?

なんでもいいけど、いつかは、ジュビロがまた、ふてぶてしいまでに強くなって、サポもゴーマンに戻れるといいな。
で、ここで、「今年こそは」、って、無理なことを言わないところが、「加齢」のなせるわざ?イコール人間的成長?しつこく繰り返すところが、年寄りの繰り言?(だから、どーでもいいってばさ。)

そうそう、今年、ジュビロのユニの背中は、キットカットではなく、ミロに変わります。ジュビロ選手の平均年齢低下に合わせたのかもしれん。「強い子のミロ」背負って戦うのが似合いそうな青二才ばっかのジュビロです。それにしても、中山や鈴木や田中にミロって似合わないよなー。ベテランのこと、もっと考えてやらんかい!ああ、また、年寄りの繰り言・・・。
posted by miquage at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

サックスブルーのショッキングブルー

星のカケラを拾い集めても、もう二度と同じ光は放ちません。

古めのサポーターから見ると、もうほとんど空中分解の某チーム。クラブ側から言えば、多分、分解したのではなく、変形または変化もしくは進化しただけなんでしょう。

だけど、その過程で、こぼれていったカケラが、大きすぎ、多すぎるのです。もう、ほとんど実体が無いではありませんか。

それなのに、とうとう、今日、福西崇史30歳のFC東京移籍まで決まってしまったのです。これで、最後に残っていた、核の部分にまで、大きな穴が・・・(;>_<;)

きっと皆さんはご存知ないでしょうけど、ジュビロにはもう、藤田も名波もおらんのですよ。服部も今年からおらんことになったのですよ。

てことは、なんと、30歳以上の選手は、鈴木と田中と川口と、そして、ゴン中山くらいしかおらんとですよ。

てことは、若い子よりどりみどり状態ですのよ。でもほんと言うと、全部、アレダレヨ状態ですのよ。

すみません。ペコちゃんより、納豆より、ここ数日で、何より衝撃だったのは、(当然のことながら)この一件だったのでした・・・。
posted by miquage at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ホカロン無情(T_T)ジュビロが日々

<天皇杯準々決勝@埼玉スタジアム>

   ジュビロ磐田  3 対  3 浦和レッズ
延長前後半      0 対  0
PK戦        9 対 10


今日は、最近珍しいくらいのいいお天気でした。
浦和美園駅から、スタジアムに向かう道すがら、分厚いダウンのコートを脱いで歩いたほどでした。実は、スタジアムは寒いだろうと、大きめの膝掛けやレッグ・ウォーマーまで持参しておりました。結果、リュック以外に手提げ袋が必要になり、ますます汗をかいてしまいました。

しかし、試合20分前位から席でじっと座っていたら、やはり寒くなってきました。結局、試合開始早々に、ホカロンを2つ出し、両腿の下に敷きました。

しかし、後半は、そのホカロンが暖かいのか、ぬるいのかよくわからなくなりました。あまりに寒い為だろうか、それとももうさめたのだろうか、んな、バカな・・などと時々、考えました。

延長になると、もう何も感じなくなりました。PK戦になると、寒さ自体を感じなくなりました。

・・・今、そのホカロンは私の手元にありますが、まだまだ暖かいです。不良品ではなかったのでしょう。冷めたら捨てようと思いながら、冷めないんで、捨てられません。でも、早く捨てたい!

負けた試合のホカロン(しかもまだ熱い)なんて、嫌いだぁ〜〜〜!!!



というわけで、以下は、スタジアム・レポートです。
てか、単なるグチですんで、聞いてやろうって方はどーぞ!

続きを読む
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

浦和美園で果つ?!ジュビロが日々

タイトルがちょっと縁起でもなかったかもです。

だいたい、駅名がいけないんですよね。
美園っていうと、フランス語だったら、シャンゼリゼじゃないすか(少しウソだけど(^^;)) ということは、とにかく、天国を連想させる地名じゃないでしょうか。 で、つい、果てる、とか言いたくなってしまうんですよね。いかんなー。

でも、果ててはいけない。バテてもいけない。
いや、負けて果てるのは勝手にしてくれだけど、勝って果てると、元旦の国立に行き着けなくなる。

なにしろ、明日(23日)、飛車角落ちのレッズに勝っても、29日はエコパで、(多分)静岡ダービーが待ってるんです。

でも、てことは、今年国立に行ける確率は非常に、そして非情に、小さいということです。

しかし、天皇杯は、元旦の国立が、ほんとの天国。
ここで勝って初めて昇天できるんです。
明日は心して戦ってください。

実は、私も、ホカロンを4つ持って、出陣です。
年の瀬ですが、年賀状も書いてませんが、掃除もしてませんが、寒いですが、行くんです。

だって、なにしろ、今年最後のジュビロの試合ですもんね。
最後くらい、見にいかんとね。(だから、違うってばーーっ!(^^;))
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

大出来かもねぇジュビロが日々

ジュビロ磐田 0 対 3 鹿島アントラーズ

最終節の結果については、もう「レッズ、オメ!(@^^@)」だけしか言うことがありません。ワタシの他の期待は、ことごとく裏切られました(T_T)


そして、「言うことがない」と言いながら、いつものように、「言う」ワタシ(^^;) 哀しいサガです。

まず、セレッソ大阪、入れ替え戦まで行けませんでした。福岡に抜かれて、J2落ちが確定してしまいました。名波がせっかくヘルプに行ったというのに、帰ってきたオークボも不発続きで、まことに残念です。最終戦は、森島が怪我で観戦、西沢も途中で負傷、という状況だったそうですが、やはり、入れ替え戦ができるとできないでは、天国と地獄ですよね。

入れ替え戦は、福岡対神戸。この組み合わせだと、私は神戸を応援したいです。昨季末の段階で、J1に移籍せず、がんばり抜いた、三浦淳宏の心意気をなんとかしてやりたい。(そりゃ、福岡にも、元ジュビロでがんばっている、久藤がいるけどさ。)昨日の最終節で、三浦淳宏は途中退場になってしまったらしいですが、入れ替え戦は出られるのだといいな。←やっぱ無理なのでしょうか?!


・・・あぁあ、なんかもう力尽きてきた。
バ○ヤローと言う元気もない。

ジュビロは昨日、鹿島の野沢のハットトリックで3対0で負け、通年5位で終わりました。先週、5連勝で4位に上がったのは、やはり(偶然+幸運)x2だったのでしょう。それが証拠に先週ジュビロに(たまたま)負けたエスパルスは、3対0で広島に勝って、しっかり4位で終わっています。

しかし、結局、今年のジュビロは「5位でも出来すぎ」な程度のチームだったのです。「6連勝」とか、「4位」とかいった数字は、まだまだなじみません。人材インフラの整備が不十分です。たまたま後半戦、調子が上がったので、4位以内、なんて夢を見てしまいましたが、昨日の試合(見てないけど)で、現実に気付きました。

来週から本格突入の天皇杯でも勝ち進めたら、(多少の)復活が少し本当に思えてくるかもです。しかし、天皇杯は、リーグ戦で疲れ果てた上位チームが弱いのが定番ですから、勝ち進めて当たり前なところがありますし、それほどこれで期待することもできないことは、よっくわかっております。。

てか、数年前、ジュビロがタイトル・コレクターだったころは、天皇杯もとってほしいと切に思いながらも、頼む、そろそろシーズン終了にしてくれ、と思う気持ちも片隅にオーアリでしたよ。選手もきっとそうだったと思うな。2シーズン制だったせいもあるけど、ほんとうにきつい日程だったもの。(ああ、また、遠い目・・・。)

それにしても、Fマリはまた、大改造のようです。某選手や某大介、どこに行くのかなぁ。
posted by miquage at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ああレッズ・・でもジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 0 清水エスパルス

ディープインパクト、勝ったそうですね!ってのは置いといて、
ガンバは、雨の中、ロスタイムのマグノアウベス・ゴールで勝ち、レッズは引き分けてしもうた。結果、レッズの優勝は最終節にもちこされ、京都サンガは最下位が確定してしまったのであった。

というわけで、今日は、もう本当にドラマな、優勝のかかった2試合(ガンバ対京都とレッズ対FC東京)をかけもちで見ることができ、TV観戦の醍醐味を味わうことができました。

しかし、レッズは、最終節(なんと2位ガンバとの直接対決)で、負けても、まず優勝は間違いないんですね。それというのも、ガンバったら、今日の試合で得失点差をかせぐことがまったくできなかったんですもの。

なにしろ、前節、ジュビロにも敗れ、死にものぐるいの京都は、本当にがんばりました。ロスタイムに入るまで、ガンバと引き分けで、宮本(の髪)もヨレヨレで湯気が(雨の日はいつもそうか(^^;))というすごい試合でした。少しだけ早く試合が終わったレッズは、もう今日優勝が決まるかと、待ちかまえていたのに、ほんとに残念だったのー。

ま、次はホームで盛大に優勝が祝えるのだから、ガンバさんのお陰でうちの優勝が一層盛り上がってよかった、くらいの寛大な気持ちで最終節にのぞんでください。だって、確か6対0くらいでレッズに勝たなきゃ、ガンバの優勝はないんだもの。

というのも全部置いといて、
もちろん、もちろんですわよ。ジュビロ・サポは、一番ドラマなもう一試合をメインで観戦しましたですよ! そう、ジュビロとエスパルスの4位をかけた決死のダービー! 

そりゃまー、○分に一回くらい、ギド&ワシンの仏頂面と雨にぬれた宮本&マグノの顔をおがみに行きましたけど、やはり一番イケてるのは、腸炎で前節休んだ、福西さんのちょっとやつれたニヒルなお顔だったなーと(いや別にサポだから義理立てしているわけじゃ・・(^^;))

とにかく、今日は福西の日でした。得点は、前田のPKだったんですけど、これを誘発したのは、福西さんでしたし、他にもいっぱい、解説者から、「経験と技量のなせるワザ」などと言われてしまうような「爽やかヤクザ」らしいプレイが随所に見られました。やはり、単なる「爽やか」だけでは、実力が伯仲したチームとの試合では勝てないんですね。

以上、ほんとうに久々にエスパルスに勝って、5連勝、そして4位に躍進したジュビロでした。

あれ〜、最終節の相手にしてすぐ後ろについてきていた、アントラーズったら、負けてやんの。やはり、オガサが抜けた穴は大きいのかなー。そのオガサのメッシーナ、25日は、ベンチ入りしたオガサの出番はなく、ミランに敗戦とのこと。(オガサ、ガマンだ、もうすぐ出番が・・。)

ところで、ジュビロのベテランは、アントラーズ柳沢(元メッシーナ)に何故かとても弱かったのですが、かつてのヤナギをよく知らない、(そして、W杯のヤナギを知っている)アジウソン・チルドレンの若手達はどうなのでしょうか。彼の神通力は通じるのか、最終節、これも楽しみなところです。あれ、でも、ヤナギは怪我でここのところ出ていなかったのかも?? やはり、明治は遠くなりにけり、ですなぁ・・・。
posted by miquage at 17:33| Comment(3) | TrackBack(1) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

どっこい勝ってる、ジュビロが日々

ふー、ようやく11月23日の「ジュビロが日々」まで来ました(とはいえ、一ヶ月でたった3件のエントリしかないって(T_T) )

てか、私がブログをサボっているからって、試合がないわけでも、ジュビロが負け続けているわけでもないのであったー。(負け続けてると思ってた人も多いんじゃ(^^;))

さて、今日を含めてあと3試合となった、J1リーグ、ジュビロは、今日も勝って、なんと2年ぶり、いやもしかして3年ぶりくらいの4連勝! で、5位から4位に上がったかな、と見たら、4位の同じ静岡のエスパルスも勝っております。仲良く足踏み状態。
そして、後ろから、ぴたりと鹿島が・・・。しかし、このあたり、優勝も降格もかかっていないので、盛り上がっているのは、ハッキリ言って各チームのサポだけ。ちょっと哀しいかも。

レッズ・サポはこの週末にもいいことがありそうで、いいなぁ。来季は私もこの時期、今季とは違った意味で正気でいられない状況だといいなぁ。

というわけで(どんなわけだ)、今週は、野ばらちゃんのではなく、本物の、ナボコフの「ロリータ」を読んでおります。最近出たばかりの新訳が、早くも文庫になってて、それがとてもいいと聞いたので、買ってみたのです。が、面白いです。とてもいいです。1955年の作品とのことですが、もっと古典っぽいのかと思ってたら、ちっともそんなことないのでした。

そして、今週末は・・・もしかして、エスパとの4位をかけたダービー決戦だぁっ!
posted by miquage at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュビロが日々もどき(また一月遅れ)

今度は、10月29日の「ジュビロが日々」でおます(^^;)


金・土と社内旅行なんてもんに行ってたお陰で、土曜日午後二時からの、浦和レッズとの決戦が見られなかったのです。その上、帰りの電車内で携帯の電池が切れてしまい、途中から試合経過のチェックができなくなってしまいました。ウォ〜!

しかし、災難はそれだけでは終わりませんでした。
TVで試合を見ていたはずのうちの親に早く結果を聞こうと、二階の居間に上がったら、何故か居間のドアが開かないではないか。そして、居間の中には、親が。私が帰るちょっと前に、居間のドアを閉めた瞬間から、開かなくなったそうな。

あわてて、近所の鍵屋に走ったのだが、二四時間営業と看板に出ているのに、やっていないのであった。電話もかけたのだが、誰も出ない。そこで、すぐ近くの交番に相談したら、すぐ、鍵・ドアの救急なんとかという会社のチラシをくれた。そこに電話したら、三−四〇分で来てくれるという。

結局、四〇分くらいたってやってきた、その業者が、ヤスリ(?!)で、引っ込まなくなってしまったドアの凸の部分を、ガリガリ切ってくれて、なんとか開きました。
しかし、その業者が、帰った直後に、何気なくドアを閉めたらもう一度開かなくなってしまう、というとんでもないオチまでつきました。

この時は、ノブを必死にガチャガチャやったら、どうにか開きましたが、結局、その部分を取り換えるまでは、もうドアをキチンと閉めてはいけなかったんですね。業者に電話したら、その注意をし忘れたのだと謝りました。彼の指示に従い、ドアが閉まらないよう、凹側をガム・テープでふさぎ、凸側のヤスリで切りきれなかった部分を、引っ込めた状態でやはりガム・テープ止めしました。

業者が言うには、狭いトイレのドアが開かなくなって、通りに向かって助けを求めた人もいるそうです。しかし、通りに向かって窓がないトイレだったらどうしたらいいのでしょう。閉じこめられたのが、通りに面した窓がある、水も食べ物も電話もある、居間でまだよかったのかもしれません。

いやー、しかし、何故かあのレッズに勝っちゃった(!!!)喜びも吹っ飛ぶような、ナンギな一日でした。いや、こういうことがあったから、かわりにレッズに勝てたのかもです。
posted by miquage at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一月遅れで、ジュビロが日々(^^;)

なぜか10月22日の「ジュビロが日々」でごんす(@^^@)


なんかよくわからないんですけど、呑み会の帰りに逆方面の電車に乗って、3駅行ったとこで気付きました。降りて乗り換えようと、そのホームの逆側で、しばらく待ってたら、そちらも同じ逆方面行きでした。おぬし、やるな!

という「トホホ」はおいといて、ホームを移ってようやく正しい方向の電車を待ちながら、携帯で試合検索したら、当然、日本シリーズの結果ばかり。ようやくJリーグの結果を見つけたら・・・。

はい。勝ち点3ゲットと、トラタヌをしていると必ず負ける、最近お定まりの悪パターン。4連勝どころか、な、なんと、降格争い真っ最中の福岡に勝利を献上してしまっているではありませんか。なんつー太っ腹。てか、お陰で、名波のセレッソの足を引っ張ることにもなってるじゃありませんか。せっかく、今日、セレッソも勝ったというのに、ジュビロのせいで自動降格圏内からの脱出はなりませんでした。ジュビロの方も、次回は、首位の真っ赤なチームとの対決!勝てるわけないと思ってると勝つ、という最近のいい方のパターンが適用されるとええのだが・・・。


ところで、久々に書き込もうとしたら、やり方を忘れていました!
今、やり直し入力をしたとこですが、今度は大丈夫かな。。。
posted by miquage at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ねばり腰リターンドォ!ジュビロが日々

ジュビロ磐田 2 対 1 大宮アルディージャ

おぉっと三連勝!
今季初の三連勝!!
そして、川口能活がジュビロに来て以来、初めての三連勝ーーっ!!!

川口のこと、ほんとに知らなかったです。
ヘーーホーー、そーだったんだー!!
なんかギャフン!(古っ)って感じです。
しかし、待てよ、てことは、昨シーズンは、一度も三連勝、無かったんじゃ・・・(大汗)

・・それにしても、まるで、ジュビロに今までかかっていた、「一勝したら一分け」、「二勝の後は負け」という悲惨な呪いがとけたかのようです。いったいぜんたい、どこの、どんな王子様がホカしてくれたのでしょう?それとも、アジウソン監督、アナタが、ラッキー・ボーイなの?!(ゴメン、プリンスとは言いがたいナイスすぎバデーなもんで。。)

いや、他力本願な考え方はいけませんです。
実は、昨日の試合の録画を見た後、ゴンが得点した、9月16日の、フロンターレとの激闘(4対3で勝利)の試合もビデオで見たのですが、若手、やってくれてるじゃありませんか!自分達でなんとかしなきゃ、どーにもならないぞってのが、だんだん骨身にしみてわかってきたんじゃ。てことは、裏返すと、監督も、ベテランも、それほどは頼りになんねーぞってのがわかってきて、お尻に火がついてきた、と言い換えることもできるかもです(^^;) が、よかったんじゃないでしょーか。結果的に、若手のお陰で、昔みたいな「勝ちきれるチーム」になってきたのですから!!

今日だって、2得点は、太田と前田の若手コンビだし、前田はなんと12点目。ま、今季は上に何人もいるから、FWで代表入りは難しいでしょうけど、ようやく前田も花が咲きはじめたようです。カレンは昨年の活躍はどーした、ってしょぼくれぶりだったですが、昨日だって、いい働きしたんだし、U21の代表にも今回、選ばれたしで、よかった、よかった。(チッ、磐田からは一人だけかよ、ってのはおいといて)

それから、いつも、解説者から、速さとスタミナを絶賛される、MF太田ですが、23歳の若さで、すでに、顔が、面構えが、できてきました!比較的小柄だし、まったく派手なとこがない選手ですが、そういう意味でも、とてもジュビロらしいMFだと思います。(いや、30歳になっても、顔を骨折しても、ちっとも顔が変わらない、アンドロイドみたいな某MFも、とても好きなんですけどね。)

で、実は、他のハタチくらいの選手の皆さんって、顔の区別はつくんだけど、プレーの特質まであんまし区別ついていません(^^;) でも、そろそろ、ヤツらも本格的に覚えてやらねばなるめー、と思う今日このごろなのでした。もう秋も深くなってきたことだし。←これはつまり、秋になるまで、何度もヤツら見てるのに、今まで覚えようって気が起こらなかったのか、記憶力の低下を意味するのか、アッシにもよくわかりません。それはともかくこれからは覚えようと思うって、覚え書きですな、多分(^◇^)

11月4日からは、天皇杯参戦だし、還ってきたねばり腰をキープして、勝ち抜いてほしいものです。
posted by miquage at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ねばり腰リターンズ?!ジュビロが日々

9/30  ジュビロ磐田 1 対 0 横浜F・マリノス
10/7  ジュビロ磐田 3 対 2 ガンバ大阪

アレヨアレヨの間に、2連勝。正直言って、どちらの試合もあまり勝てると思っていなかったので、ビックリしてポカンとしてたら、ここに書くのが遅れてしまったって感じです。とにかく、2連勝を果たし、今季初めて6位までせり上がったジュビロでございます。しかもっ、2試合とも、後半ロスタイムの前田ゴールによる辛勝、ねばり勝ち!(^◇^) 土曜夜の某スーパーサッカーPLUS でも、「てことは、ようやく磐田も走れるようになってきた、ということでしょうか」、なーんて、病人が重湯からお粥に変わったかのような、わかったような、コノヤローな、某氏の発言を聞くことができました。ほんまに、ようやく、ネバネバした二枚腰サッカーができるようになってきたのやろか。それともできるようになってきたかのような錯覚なのでしょうか。

というのも、ここ数試合、どうも監督の指示が、マン・マークとゾーン・ディフェンスのまぜこぜらしいんですけど、その切り替えがうまく行ったせいでうまく運んだのか、切り替えなかったのでうまく運んだのか、監督の試合後のコメント読んでも、よくわからなかったりするんだもん。古なじみのアジウソンではあっても、外人監督っていまいちよくわかりません。てか、ブラジル流で、わざとわからなくして、煙に巻いてるってとこもあるのかもです。それならそれでいいんだけどさ。たとえば、選手が監督の指示がよくわからなかったふりをして正確に従わなかったせいで逆にうまくいったんだったり(つまり、マグレってこと)じゃなかったことを、切に祈ります。トークバトルでゴンも嘆いていた、昨今のどーーしても三連勝かなわぬジュビロの不安定さが、今度こそ、解消されてきているのだとよいのですがー。

なにしろ、相手チームにとってみれば、マムシなみ(笑)にタチが悪い、たとえ負けてても「ロスタイムに同点にするのは当たり前、延長で勝ち越すのはデフォルト」な三枚腰、四枚腰の、しぶといサッカーをしていた、以前のジュビロを見慣れていた身にすれば、まだなんとも判断がつきかねるところです。試合を中継で見られたのは、岡ちゃんはすでにいないんで憎らしさも三割安(笑)のFマリとの一戦の方だけでしたが、この試合、両チーム共、instrumentalで「昔の光、今何処〜」のメロディがヒョロ〜と流れてきそうなサムいシーンた多々見られました。つか、どちらも、ほんとーにたいしたことなかったです。いつの間にかたいしたことなくなってしまったチーム同士の試合だったっす(涙)たいしたことなさを競い合ってる試合だったっす(シツコイ?!)結局、ジュビロが勝てたのは、F・マリの方が少しだけどーしょーも無さが勝っていたから、ただそれだけっす。

しかし、これもそれも、昔の目で今の選手達のプレーを見ているからなんでしょう。今の選手で、この内容、この勝利ゲットだったらもぉもぉ御の字ってか、ほめてつかわすってなもんのはずですよね。特に、一昨日なんて、勝った相手、ガンバっすよ。はっきり言って負けると思ってたから、外出中、携帯で経過確認もしなかったっすよ。揚げ句に、結果見て、これはアクセスするページを間違えて昔の試合結果を見てしまっているのでは、などという疑いすらもって、何度も確認し直した人もいたくらいだし(^^;)(どーせヲレだよ。)

以上、三連勝してからアップしようと思ってたら、もはやその機会はござらぬ、という、今季再三繰り返された教訓を生かして、アップしてしまおうと思います。・・・うっ、マズイっすよ、ヤバイっすよ、次節、こないだ初負けをさせていただいた、大宮サマじゃん。


にしても、昨年まで神戸にいた、ガンバの播戸、よくやってる!一昨日は頻繁にオフサイド・トラップにかかってくれたみたいで、有り難かったけど、どうせなら、遠藤やシジクレイじゃなくて、この人にゴールさせてあげたかった。7試合連続ゴールをあげさせてあげたかった。ほんと言って、このコは他人の気がしないっす。ああ、見慣れた坊主頭のあの形。こないだ、27歳にして、初代表に選ばれた時は、涙が出そうでした。それもこれも、「こ〜べ〜、泣いてどおなるのか〜」と今年、J2にいってしまった神戸ですが、その神戸にいた時の、2004年春のあの人との思い出があるから。この人を見ると、あ奴を思い出すから。そうそう、あの頃は、播戸くんのHPも頻繁に見に行ったよなー。そういう人、きっと多いよね。とにかく、あの頃、(多分)アレに優しくしてくれて、ありがとうね。それだけで、もうこれからもずっと応援するからね。代表でもゴールあげてね!

それにしても、あーーあ・・・。
posted by miquage at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

アマンドが夢、ジュビロが日々

昨日は、祝日なのに、仕事でしたー。

そしたら、フカクでしたー。午後3時半から試合だったのでしたー。断じて忘れていたわけではないのに、試合経過&結果をネットでチェックするのを失念しておりましたー。

4時半頃、仕事が終わって、銀座に映画を見にいきましたー。祝日の土曜のせいか、見たい映画のチケットは、きれいに売り切れてましたー。最近、銀座の映画館はほとんど指定席だったんですね、知りませんでしたー。

虚しく、お茶して帰る途中、もう試合が終了時間なことに気付きましたー。携帯でチェックしたら、3対2で負けてましたー。

てことは、1年半ぶりの三連勝は泡と消えましたー。
ゴンは、39歳のバースデー・ゴールをあげるどころか「ホームで、ひさびさフル出場で、負け」、というのを体験したのでしたー。

ついでに、相手は、今までジュビロが負けたことがないはずの、大分トリニータでしたー。

ちなみに、ここのところ、チームの中心として大活躍の、「だけど、もう多分代表には呼ばれない」福西は、眼窩骨折で欠場でしたー。


てことで、一番哀しかったのは、負けたことないチームに負けさせていただくという初体験にも大きなショックを受けなくなった自分の打たれ強さ(←ちょっと違うような気も(^^;))でしたー(トホホ)

有楽町アマンドのビッグシュー(イチゴ入り)が美味しかったのが、せめてもの慰めでっしゃろか、てな一日でしたー。

    * * * * * *

とゆわけで、問題のビッグ・シューですが、高さ7センチ、直径11センチ位(誤差1センチ内外)の大きなものでしたー。お陰で、本当なら追加したかった、ダージリン・ティー・シューにはアタックできませんでしたー。

このビッグ・シューの中には生クリームとカット・イチゴがほどよい割合で入っていて、イチゴの酸味が生クリームの甘みを緩和し、この大きさでも軽く食べられるようになっていましたー。

久々にアマンド(日比谷店だけど)に入ったのを記念し、アマンドのHP、初めて見てしまいましたー。

・・・しかし、このトップページの、アマンドのキャッチフレーズ(?!)ってどうよ?

「美しい菓子は、あたえる美しい人生を!
 快い菓子は、あたえる快い律動を!」


律動などいらぬ。
勝利がほしい!
posted by miquage at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

疾風怒濤三連休

私的に年に一度クラスのイベントが続いた三連休が終わった〜。てか、終わってしまった〜。ハ〜〜〜、疲れました〜〜〜。

昨日は、「誰も寝てはならぬ」のドSなトゥーランドット姫に翻弄されてヘロヘロになって帰ってきたら、ジュビロが、ジュビロが、川崎Fを振り切って、勝っとるやないか〜〜〜っ!(^◇^) 7対0の前試合でもう運は尽きたかと思ってたんだけど、イケてるじゃありませんか!!!しかし、アッシが見られないと根性出すって、いけない習慣がついてしまったよーだね、ジュビロさんは・・・。

そして、今日は、誰が見ても見なくても負ける心配だけはない、「ぴあ」のジュビロ・トークバトルを見に、国際展示場に行ってまいりました。出演は、ゴンちゃんとカレンくん、そして司会は、中西さん、という豪華キャスト!だけど、昨夜の試合で2人が1ゴールずつあげてなかったら、なんと寂しいトークバトルになっていたことか。こういうこと一つ見ても、若いカレンはともかく、ゴン中山がいかに強運な男がわかるというもの。何しろ、昨夜のが、今シーズン初ゴールだったんだもの。お陰で、国際展示場内国際会議場の座席はほぼ満杯、とても盛り上がっていました。まるで、ジュビロが強かった頃のトークバトルのようでした(トホ)

てことで、いや〜、ゴンちゃんのしゃべること、しゃべること。ほとんど中西さんと2人の対談ショーのようでした(^^;) なにしろ、話が面白すぎて、終わらなくて、予定時間を20分も過ぎてようやく終わったのでした。

で、特に「やっぱそうだったのかー」感(笑)が強かったことなんですけど、21歳のカレンくんは、ゴンはじめジュビロのベテラン選手と食事に行くとかオフでのおつきあいをほとんどしたことないのだそーな。中西さんもビックリでした。

ベテラン側が誘いにくい理由ってのが、若いハタチ前後の選手は、寮住まいが多いので、寮のバランスのとれた食事で身体作りをすることが望ましいので〜、なんて中山は言ってましたけど、要するに、歳が離れすぎていて、おつきあいのしようがないってことなのねっって感じ。

やはりねー。このあたりに、ジュビロのサッカーの統一性がなくなった原因があるんじゃ、とゆー思いを強くしちゃったのでした。中西氏が、誘ってもらえってけしかけていましたから、これからに期待しましょー。(遅いんじゃ、なんてドSな突っ込みは無しね(^^;))
posted by miquage at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

アレアレアラアラ ジュビロが日々

9/9(土)  ジュビロ磐田  7 - 0 アルビレックス新潟

皆さんご存知の通り、8月23日にジェフに3対1で勝ったジュビロは、その後、「以下省略」したくなるような2つの結果をプレゼントしてくれました。

8/26(土) ヴァンフォーレ甲府と 1 - 1 で引き分け(>_<)
8/30(水) サンフレッチェ広島に 2 - 1 で敗戦(;>_<;)

ところが、昨日、ジュビロは、何故か7対0で、アルビレックス新潟に完勝したのです。

中継がなかったので、TVでやってる名波@セレッソ対ガンバの大阪ダービーを見ていたヲレは、ジュビロHPの試合経過が、刻々と加点されていくのを見て、「ウソだろ」とか「なにかの間違いだよな」とか「審判がひどいのかな」とかついつい思った、恩知らずだっ。

とゆわけで、いつも(勝手に)お世話になってる、「三光鳥の話」さんが、リンク・フリーなのを今頃発見したので、リンクを貼らせていただくことにしました。詳しくはそちらをご覧あれあれ、ですm(__)m

そうそう、三光鳥っていうのは、静岡の県鳥(「けんちょう」って読むのかしらん)でごわす。ジュビロの「ジュビロくん」、と「ジュビィちゃん」(確か17歳)は、三光鳥のカップルなんだよん。しょーむない豆知識ですまんこってす。
posted by miquage at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

今日はカンダイッチ(⌒▽⌒)ノジュビロが日々

ジュビロ磐田 3 対 1 ジェフ市原・千葉

今日は、コンタクト入れを開いたらなぜかかたっぽしか入ってないし、某有名中華料理店の予約とろうと思ったら感じ悪いし、胃が荒れてキャベ○ン常用中だし、いいことないなー、と思ってたら、最後にありましたっ(@^^@)

なにせ4試合ぶりの勝利でっせ。
それもあの、ジェフ市原・千葉相手に3対1でっせ。
しかも、前半20分くらいに一人退場で、10人で戦ったんですぜ。
J1では珍しいほど若手ばかりのヤング・ジュビロ、やってくれます!
そんなに私のグチがこたえたんでしょーか(@^^@)
・・ぢゃなくて、やはりこれは、名波不在効果ではなかとですか?!
若いコ達も、自立しなくちゃと、根性座ってきたのじゃなかとですか?!

 次もバッチリ期待しちゃおーかな。
 てか、期待すると負けるんだよなー。
 ・・・表面的にはやめとこ。

ところで、うち帰ったら、洗面所にひからびたかたっぽのソフト・コンタクトが。
どうやら、昨夜洗う時に落としたらしい。
高い、2週間使い捨てのだったのになー。
昨日使い始めたばかりだったのになー。
でもいいの。一つ得たら一つ失うものなのよね。
それに、眼球の裏に回ってたりしてなくてよかったよね。

てことで、とにかく今日はカンダイッチなのであった〜(⌒▽⌒)ノ"
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

負けない!ジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 3 名古屋グランパスエイト


ううぅうむ、厳しい。
ジュビロ・サポ的にヒジョーに厳しいジュビロなのだった。
またまた3失点。前の試合では3失点しても分けたが、今度は、敗戦である。

そして、対戦相手「藤田俊哉の名古屋」は、これで4連勝だそうな。
試合見られなかったんでわからないけど、俊哉は、ようやく最近、
名古屋でボランチとしてうまくなじみつつあるそうな。
それはそれでけっこうなことである。
そして、名波のセレッソは、名波が見ているだけで、13試合ぶりに勝ったそうな。
てか、皆の動きがあまりよかったので、名波は出る暇なかったそうな。

てことで、繰り返すが、アジウソン新監督になっても
あいかーらずヒジョーに厳しいジュビロなのであった。
なにが厳しいかって、最下位セレッソに2対0で完敗した、
岡田F.マリちゃんに匹敵するくらい厳しい。
でも、本当はもっとずっと厳しいのは、
F.マリより2位だけ上の10位 ジュビロなのかもであった。

・・・てのは、勝てないからってのもあるけど、
そんなことでは、ジュビロ・サポは負けなくってよなのであって、
だけど、ジュビロがジュビロじゃない感じがするのは
負けそーなくらい、厳しいのであった。ヤバイのであった。
だって、名波も藤田もいないっしょ。中山出らんないっしょ。
そしたら、田中誠だって鈴木秀人だって福西だって、
ここってどこのチームよってプレーしてても思うんじゃないの。

てか、二十代前半ってか、二十歳くらいの青い果実(笑)ばっか
ピッチに取り残されているんですが、こういう人員構成って、
宴の後っつか、空中分解すませた後みたいな感があるのですが、
いかがなもんでしょ、若い新監督。
こういう若いにーちゃん達をかわいがって、まとめてくれる
おじさん達が、少数派になりきっちゃって、もうすでに死に体。

大黒柱のおっさん群がsomeからa few になり、今度はとうとう、
few になってしまった感がアリアリ。
誰かにその役割をシフトするったって、フクにするのは、無理な話だろう。
昨日の試合見た人から、あまり動いてなかったとクレームがついていた。
8月12日の鹿島戦でも同上だった。
いや、動かなくってもいいんだけどさ。別の役割果たせる人なら。
でも、性格的にそういう役割とはミスマッチなんじゃないの。
かといって、ゴンもハットもマコもヒデも、そういうタイプの人材ではなかろう。
それとも、アジ監督は、そういう役割はいらないってか?!

名波は、あと1年半ほどは現役でフル稼働して、35歳で引退、
42歳で監督で帰ってくる、みたいなことを言ってるそうだ。が、
が、が、

いったい帰るおうちはあるのだろうか・・・。


負けてないのは、タイトルだけやん(^^;;)
posted by miquage at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。