2006年06月04日

冷たくも美しく萌え「ロバと王女」

いつかは必ず見たいと、長年執着し続けてきた映画、「ロバと王女」をとうとう見てきました(@^^@)
1970年のフランス映画、監督はジャック・ドゥミです。
これのデジタル・ニューマスター版ができたってのを某新聞で読んだ時は目をむき、目を疑いました。で、あまりに嬉しくて舞い上がってしまった為か、てっきりDVDが出るって話だと思いこんでしまいました。(しかし、あまりに私らしいパターン(^^;))

ところが、このDVD、アマゾンその他で探しまくっても、どこにも出てません。まだ発売前なのであろうと思い、あせらず待とうと思いました。
なにしろ、苦節(でもないか)ン十年も待っていたのですから。

しかし、あまりにいつまでたっても出てこないので、変だにゃー、ともう一度調べたら、なんとそれは、映画館でデジタル・ニューマスター版が上映されるって話だったのぢゃーーー!!!

ヒエー、今頃そんなこと言われても、きっともう上映終わってるよと、涙目で上映館をググりました。そしたら、地方上映の後、東京に戻ってきて、飯田橋ギンレイでやるってわかって、ホーーーッ(^^;)
ちなみに、DVDは、7月28日に出ることになったそうで、これで本当に完全に安心したのであった(o^o^o)

ジャック・ドゥミ映画といったら、「シェルブールの雨傘」(1964年)が日本では一番有名なのかな。その次が、「ロシュフォールの恋人たち」(1966年)でしょうか。(このあたり、私はリバイバル上映やTVで見ましたです。)

1970年の「ロバと王女」は、大御所となってからのドゥミが、彼を恩人と思っている、カトリーヌ・ドヌーヴを主演に思いっきり遊び心で作った映画だったんじゃないでしょうか。
実際のところ、ジャック・ドゥミの他の名作と呼ばれる映画と較べたら、映画としての出来自体はどうやらあまり高く評価されてないらしいです、「ロバと王女」。

ちなみに、この3作ともミュージカルで、作曲家は、いつもドゥミとコンビを組む、ミシェル・ルグラン。ミュージカルですから、短いセリフも全部、歌になっています。もちろん、長く一曲歌うシーンもあります。
でも、「ロバと王女」の場合、役者達が本職の歌手ではないので、音楽はきれいだけど、歌がすごくいいってわけではないように思います。(シェルブールとロシュフォールに関しちゃ歌は本職の歌手が吹き替えていたような。。)

ついでに言うと、この映画、ストーリー的には、ペローのおとぎ話をほぼそのままなぞってるわけで、登場人物の心情や行動には理屈もリアリティもたいしてありません(ホント)。そういう意味での納得や感動を求めてはいけないみたい。お姫様だからこれでいいのさ、王様だからこれでヨシ、ってな感じです。

歌に関しちゃ、実はこの映画の最初の方で、カトリーヌ・ドヌーヴが歌い始めた時、この不安定な音程でこんなに長く歌っちゃっていいのか、許されるのかとハラハラしたくらいでし。(ま、まさかあれってプロ歌手の吹き替えじゃないよね。)

だけど、この映画ってそもそもそ〜んなこともこ〜んなことも気にする映画じゃないんですね。見始めてすぐわかったことなんですが、なんといっても、これは、当時27才のカトリーヌ・ドヌーヴの異様なまでの美しさを見る為の映画だったんです。この中じゃドヌーヴはヘタな歌を歌っちゃおうが、セリフがバカっぽかろうが、何をしてもカンペキに許されるんです。

もちろん、他にも見所はあります。
批評家は、これでもかっていう耽美な衣装や仕掛けや舞台装置を見所に挙げてます。ま、ところどころ、おとぎ話ということを意識しすぎたのかちゃっちぃところもありましたが、確かに、青の国、赤の国の舞台装置や、キャラクターのメイクなんかは、今見ても色あせません。もしかして、後年のスター・ウォーズなんかにも影響を与えているんじゃないでしょうか。

だけど、それだって、衣装をとっかえひっかえして出てくるドヌーヴの美しさに較べたらどれほどの意味がありましょうや。てか、そう思わせるほど人間離れしてきれいなんです。

なんつか、「源氏物語」で、少年時代の光源氏が美しすぎて不吉だ、とささやかれたのまで連想してしまいました(^^;)

・・・実は、私は、ドヌーヴってそれほどは好きじゃなかったんです。
単なるブロンドじゃん、それも偽の、って思ってたこともあるくらいで(笑)だけど、もう理屈でもなんでもなく、見直さざるをえなくなるほどきれい。髪がブロンドの極致っていうか、金色がかったカスタードクリームみたいな色なんですが、その色と同じくらい、現実離れした美しさ。この髪もほんまもんじゃないなんてとても信じられないほど似合っています。

で、なぜ似合うかというと、顔かたちが冷たいほどに端正だからだったんですね☆
ファンの人には、今頃気付くなよなんて言われそうですが、とにかくすっきり端正な薄い顔。
そして、ほとんど胸の膨らみを感じさせない、スラリとスレンダーなお姫様体型。
白痴美に近いような、冷たくて清楚な美少女役を演じるのに、もーもーこれ以上のモンはありませんや。

そして、(あるとすればですが)その次の見モノは、その父王役のジャン・マレーでしょうか。
とにかく不気味なまでにカッコいい美中年であります。「エロイカより愛をこめて」で、少佐にさんざん「カボチャ」と言われていたような、ちょーちんブルマー風ズボンと、タイツ、そして、マント、という冗談みたいな格好が、似合いすぎ。なんというか、こういう格好をしても、カッコいいんです。見てて恥ずかしくないんです。ま、多少妖しいかもしんないけどさ(^^;)

それから、なんかわけわかんない変な妖精役の、デルフィーヌ・セイリグ。これまたフワフワして夢のようにきれいなブロンドの熟女です。

なんといってもおとぎ話なのだからでしょうが、こうした、人形のように美しい登場人物が次々に出てきて、皆が固唾を飲んで見守る中(?!)、ようやく登場するのが、王女様の相手役、赤の国の王子様です。

いったいどんな役者だったら、ここで浮いてしまわないでしょうか??
髭の剃り跡がうっすらと青いような精悍な美青年でも出てきたら、どないしよ(;>_<;)
もうすべておしまいです。ぶちこわしです。責任者、出てこい!です。

でも、ここでのジャック・ドゥミの選択は賢明でした。
「ロシュフォールの恋人達」でもドヌーヴの相手役だったジャック・ペランを使ったのです。

      ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ええと、今回も長ーーい前置きですんません(^◇^)
てか、すみません。今までのは、ぜぇ〜〜んぶ前置きです。
だって、私がこの映画に執着し続けていたのは、
もちろん、このジャック・ペランを見たかったからなんだも〜ん(爆)

実は、私は、小学生の時、古本屋で買った古い「スクリーン」でこの人の笑顔を見て、みょ〜に気に入り、ずーっっっとこの人のファンで、この人萌えでしてん。(いわゆる一目萌えってやつでしょーか(^^;))
それからテレビの深夜映画で、モノクロ映画「鞄を持った女」見て、ますます萌えましてん。
さらには、「家族日誌」(これもモノクロ)で昇天しましてん(^◇^)(てか、一つ目の魂は、ここで完全に消費されてしまったのじゃ)

何に、そんなに萌えたかっていうと、この人のはかなさってか、繊細さってか、不安定さってかにです。(内包された矛盾とも言ったりして(^^;))
この人って、パリの文化人の家庭に産まれた、おぼっちゃまなんです。俳優としても、「育ちはいいんだけどよんどころない事情(たいていは自分自身の甘さのせい)でどんどん不幸になっていく美少年または美青年」みたいな役が定番だったようです。

ただし、(私には)美形ではあるけれど、造形的にはそんなにハンサムとは思えません。
おでこが出ているし、顎がしゃくれてる。
可愛いらしい童顔なんだけど、とても神経質そうな顔なんです。
よく言えば繊細っていうのかな。
そして、ブロンド。(実は違うのかもだけど、ブロンドの役が定番)

今回の映画では、ドヌーヴのブロンドと対比させるためか、髪はダークブラウンです。これってあまり似合わないかも。でも、やはり王子様は髪がダークじゃないといけないんでしょうね、おとぎ話では。だけど、それでも相変わらず可愛いです。なんつか、キュンキュン言ってる子犬みたいな、可愛いらしさ(笑)だいたい、どう見ても、17−8才にしか見えないっす。
ペランは、ドヌーヴより2つ年上ですから、この時、30才に近いはずなんですけど、ウッソーとしか言いようがありません。ヘタするとお姫様よりいたいけな感じの、年下&弟風の王子様です。

だからでしょうか?
この映画でも、「ロシュフォールの恋人達」の時と同じく、この2人には、
キス・シーン一つありません!(T_T)
最後が2人の結婚シーンだってのに、これって信じられます?!
いくらおとぎ話だからって、てか、おとぎ話だからこそ、最後は美しい誓いのキスで終わるもんだと思って期待してたんですが、とうとうありませんでした!!!

それもあってか、どうも最後まで、この冷たくきれいなお姫には、このガキっぽいオージなんてほんとは眼中にないんじゃって感じがつきまといます。けしからんことです。

・・・ところで、これ読んで、某氏が、超美人だけど気の強そうなドイツ人ブロンド妻より年下&キュートに見えたことを連想される皆さんもいらっさるのでは、と思います。さらに、完璧に尻に敷かれてた風であったとこも・・。
てことで、私は、つくづく、ほんのガキンチョの頃からこういう受けキャラ(ワハハ)が好きだった自分の将来(って今ですが)を憂える気持ちになりました。(てかもう遅すぎ!!!)

話し戻りますが、この映画、キス・シーンは省エネ・カットでも、どうやら設定的には10代半ばから後半らしいこの2人が、楽しそうに遊んでいるシーンは出てきます。
真っ白な衣装で、草原でゴロゴロころげまわったりしているんですが、2人とももーとにかく可愛い。万年美少年ペランのお陰で、大人顔のドヌーヴも本当の少女のように見えちゃいます。

この映画のペランは、他にも、赤の国だからってんで、赤い大きなボンボンつき帽子をかぶって出てきたり、ジャン・マレーと同じく、カボチャにタイツだったり、サービス・カット出まくり(^◇^) そして、そのすべてが超可愛いのでした。
それもすべて、童顔に加えて見事なまでに細身の王子様体型だからなんでしょう。いやー、この人がスタイルもこんなにいいなんて、知りませんでした。眼福、眼福。あ、ヨダレこぼさないでください(^^;)

てか、20数年後の「ニュー・シネマ・パラダイス」の大人のトト役で棺桶かついでいた時のあのたくましさは、まだ毛ほども見られないんです。ま、あれはあれで、イケてましたけど。

さっ、「ロバと王女」のDVD予約に行ってこよーっと!(^◇^)
posted by miquage at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

アンジェリーナに1800円

正月はいわゆる正月映画を劇場でバーンと観てやる。
今年最初のゼータクはこれと決めていたので「Mr.& Mrs. Smith」の4時からの回を観にいった。しかし、正月映画というにはちょっと小粒っぽくない?!ブラピのファンでもないのに何故にこの映画? つか、なんでハリポタやキングコングじゃないんだって素朴な質問が出そう。

実はハリポタは今まで一度も観てないんで、今更観るわけにいかないんだ。なんとなく義理と人情が立たないんだ。そして、キングコングの方はハズれた場合のショックが大きそうなので回避した。キングコング映画というかキングコング、大好きなんで、ショボかったらガッカシだもんね。で、それ以外で少しでも誉められているのを目にしたことがある、Mr.& Mrs.にしたの。でも、誉めてたのって香取慎吾だっけ?稲垣の方だっけ?それから、どこかの週刊誌だっけ?どっちにしろ、たいした誉め方じゃなかった気もする。・・とにかく、少なくとも「アンジェリーナ・ジョリーの唇と脚」だけは、皆誉めていたような。

ま、豪華カップルのシャレたラブ・コメのよくできたのだったらおなぐさみというか、けっこう拾いものかもしれん、などと思いながらも、正月にロードショーでやろうってんだからなんかそれだけのもんがあるんだろうと勝手な期待もあったのであった。(ああ、くどくどしー)

以下、ネタばれ(バレバレ)になりますのでご注意ください。
(かまわない方はクリックして読んでください。)


続きを読む
posted by miquage at 22:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

Shall we Susan?

今日は、縁あって「Shall we dance?」を観てまいりました。
日本の「Shall we dance?」を、リッチな外人の肉体で作り直した映画。でも、リチャード・ギアとジェニファー・ロペスより、見モノはなんといっても、スーザン・サランドン御大だと思います。

主人公の奥さんは日本版より出番も多く重要な役柄なのですが、それが、スーザンなんです。さすがに彼女に普通の奥さん役は無理とでも思ったのか、いわゆるキャリア・ウーマンな奥様でしたが、その役柄からもはみ出しそうな、タダモノではない、存在感!

あの目の迫力に関しちゃ、もう言うまでもないでしょうが、次に目がとまるのが、「手」です。すごいんです。年齢があらわれまくっている手を、隠そうともしない。それで充分に色っぽい。それで充分に「女」を感じさせる。堂々たるものです。

それに較べたら、ジェニファー・ロペスは超地味でした。今回、ダンスにすべてをかける、お堅いお嬢さん役なんだから、しかたないのかな。もともと、日本人がイメージする、いわゆる「チレーな外人のねーちゃん」(笑)とは、ちょっと傾向が違う顔立ちなんじゃないかと思うんですけど、映画ではずっと髪をひっつめているんで、ますます地味です。

アメリカ人のあこがれのヒップラインNo.1というので、一生懸命見ていたのですが、確かにヒップから脚にかけても線は、チレーです。でも、他にそれほどチレーな外人のねーちゃんが出てこないので、外人はみんなスタイルがいいと思いこんでいる昔の人間には、今ひとつ、彼女がダントツだというのは、わからないのでした。

ところで、チャード・ギアは、ほんとうに、あのリチャード・ギアなのでしょうか。
若い頃のギアって、ちょっと正視できない感じのイヤラシちっくな男優だったと思います。やたらにマッチョで、しかも顔がヘン(失礼!)。つーか、いわゆる「チレーな外人のにーちゃん」の基準に合わない顔だったんです。(あくまで個人的な基準ですが(^^;))

それが、ここ7−8年で、別人になりました。いまだに、いわゆるハンサムではないのではという疑いは捨てきれない私ですが、あのヤラシさがすっかり抜け落ち、品よく洒落た中高年になったことは認めざるを得ません。銀髪効果だけでしょうか。それとも、内面からも油がほどよく抜け落ちたのでしょうか。それにしても、この人の場合は、髪の毛が減るタイプの外人でなくて、ほんとうによかったですよね。まさに、カミに感謝!です。


今日はまたヘンな訛りが出まくりですね。どうしたのでしょうか。
タイトルですが、「スーさん」ではなく、「スーザン」と読んでくださいね。

PS
ところで、スーさん、ミラン、ナカ〜タのフィオに勝ちましたね。後半途中から、ピルロ復活、おめでとうございます。(無知ですみません。なんで出てなかったの?)
posted by miquage at 23:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

そうでないヒトにはそれなりに。。。

「オーシャンズ12」を見てしまった!(*^o^*)
ロードショーを映画館で見るなんて、いったい何年ぶり?なんて贅沢なんだ〜。
こないだは、ボーン・スプレマシーの試写会に行ったし、なんかバチあたりそう。

「オーシャンズ12」ですが、この映画、「顔ぶれだけでカンドー!」って批評が多い。でも、内容自体は、少々古めかしい感じがしなくもない。昔ながらの大掛かりな泥棒ストーリーを時代設定に合わせて一新しただけのような。。

「オーシャンズ11」はビデオ撮ったまままだ見ていないのだが、こっちと同じで下敷きになっているストーリーは昔の同名映画と同じで、それをリメイクした作品なのだろうか?いろんな面で古めかしく感じられるのは、だからなんだろうか?!

結局、ブラピはじめこれでもか〜、のスター軍団の価値がわかる人にはすっごく面白い、そうでない人にはそれなりに面白い、くらいの映画なのでは、と思っちゃったりします。

あと、マット・デイモンは、「ボーン・スプレマシー」と違って、こっちは若いカワイコちゃん的位置づけの役柄なのねん。まあだ、こっちの方が適役なんじゃ、とか思えてしまうのは、やはり童顔のせいでしょうか?!

というわけで、ここから先は、ネタバレになりますので、ご注意ください。

続きを読む
posted by miquage at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

とらぬ女にとる不幸

こないだ、TVでやってた「踊る大捜査線2」をなんとなく見てしまった。
そしたら、「2」は「責任をとらない女性キャリアの話」だったのだ。(「女性キャリアは責任をとらないという話」と言い換えてもいい。)そして、この女が降ろされ、代わりにちゃんと責任をとる、男性キャリアが指揮をとり、おかげで、事件は解決する。

たしかに、女性エグゼクティブの特質として責任をとるのが苦手ということは、ビジネス本なんかによく書いてある。だけど、そういう本には、その代わりにこういう長所が、、ということも並べて書いてあるわけで、単にそれは、性差による特徴のひとつにすぎないんである。

そうそう、私は、「話を聞かない男、地図が読めない女」ではないが、性差は存在する、そしてそれのどこが悪い、派だ。どちらが優れている、ということではなく、いわゆるジェンダー(社会的性差)以外に、生まれつきの性差ってある。あるに決まってると思う。

話は戻るが、確かに映画だと、短所だけをあげつらって際立たせないと、話が面白くならないのかも。とくにこういうエンタメ系だと。しかしねえ、いくらなんでもここまで画一的な描き方はないんじゃないの。ちょい興ざめだよー。だいたい、女性全体を貶めている。所轄の婦警達が逆に素朴な責任感と意欲に満ちあふれているって描き方もあまりに類型的。女は、単純労働をやらせとけば間違いない。賢いのは間違いのもと、ってことになるぜ、気を付けないと。

キャリアの美人の女性が、実はこんなに愚かしく、結局、上から替えられてしまうって、痛快かもしれない。木訥で繊細な男のキャリアの勝利は胸がすくかもしれない。だからと言って、ここまで単純化しなさんな。いくらエンタメ映画だからって、ここまでタイプキャストすると、リアリティーに欠けてしまって、結局つまらなくなる。だって、男だろうが女だろうが、ここまでおバカな偉いサンって、あり得ないもの。それに、「いかにもそういう女っていそう」っていう描き方でもなくて、「女が偉くなるとこんなもん」っていう描き方なんだもん。アホかー。

と、こんなこともサカナ的に考えたけど、面白くないこともなかったです。主役は絶対死なないから気楽に見られるし、相変わらず、いかりや長介はカツオだしのようないい味だしているし。

織田裕二と柳葉敏郎には、特にどちらに思い入れがあるわけでもないので、他には感想もないなあ。

・・・でも、織田裕二も、確かもう30代半ば過ぎのはず。あのキャラクターでそれって、ちょっときつくない?!てゆーか、実年齢を考えてこの映画観るとギョっとするかも。彼は永遠の青年ってやつで、これからもいくのかな。行くしかないよね。老けた織田裕二って、ちょっと想像できないもの。イルハンじゃないけど、いつまでも顔だけでも若く見えることを祈るよ。

それにしても、たとえ40代になっても、顔のせいで20代青春真っ盛り的な熱血キャラクターを演じるしかないって幸せなのかな、不幸なのかな。。。
posted by miquage at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。