2007年02月25日

もののあはれな開幕直前

来週は、Jリーグ開幕ですね。
例年開幕一週間前に行われるのが、ゼロックス・スーパーカップです。
Jリーグ・チャンピオンと天皇杯王者が戦うのですが、今年は、レッズが両方制したので、レッズが戦うのは、天皇杯2位のガンバになりました。

あー、つまんねーの。
つい2年前位までは、ゼロックス・スーパー杯も、いつもいつも、ジュビロ対どっかだったのになー。でも、その頃は、ジュビロばっかり出てきて、他サポの人たちは、さぞつまらなかったろうなー。なんてことに思い至れるようになったとは、私も成長したものである。でも、こんな成長、したくもなかった(T_T) いつまでも、ゴーマンでいたかったよー。

今年なんて、ジュビロから移籍した選手がどっちかのチームで活躍してるってことも皆無で、あまりに隔世の感がありすぎです。とは言いながらも、未練たらしく(?!)、昨日録画しといた、ゼロックス杯を見たのでした。

昨年1年、レッズにまったく勝てなかったはずのガンバが、勝っとります。結局、なんと4対0で、終わりました。
マグノ・アウベスなんて、ゼロックス杯初めてのハットトリックやってしまいました。オキニの播戸はあまり活躍できなかったんで残念だけど、ガンバの仕上がり具合は、かなりいいみたいです。西野監督の美しい顔は、加齢&艱難辛苦の相乗効果で、少々やつれてしまいましたが、今年のガンバは期待できそうです。

しかし、試合見ながら、恒様(宮本)移籍効果、なんて言葉が浮かんでしまいました。いなくなった方がチームがよくなるなんて、なんかカナシーですね。代表の時も中間管理職的苦労を重ねてきたらしい、恒様ですが、どこに行っても、苦労がたえないタイプの人なんじゃないかなー。かといって、恒様はまったくタイプじゃないので、悩ましい、とか可哀想とか言って、萌える気にもならないのであった。

それより、レッズ、どうしたんでしょうね。トゥーリオはじめ、出られない怪我人が多いそうですが、今年はタイトルを取れる限る取るはずだったんじゃなかったんかい。最初から躓きましたね。折角取った、阿部ッカム、が、なんだか、オズオズと遠慮がちにプレー参加しているみたいなのも気になります。今年は、リーグ戦と並行してアジアCLも勝ち抜かなければならず、これから、地獄の耐久レースみたいな日程が始まるはずなのに、ほんとうに、困ったことです。代表にも、けっこうな人数とられちゃうんだし、開幕一週間前でこれって、かなりヤバイんじゃないのかなぁ。他クラブなれど、こっちは、悩ましい。とても気になります。

だって、ジュビロなんて、かつては、いっっつも、地獄の耐久レースみたいな日程だったんだからね。それでも、選手達は、黙って耐えたのであった。強いチームの宿命とはいえ、ほんとに、おつかれさまでしたm(__)m 今頃言ってどうする、ですけど、言いたい気持ちです。そして、今更だけど、その頃の中心選手達を全力でねぎらいたい気持ちです。ああ、こんな心境になるのも、ジュビロ弱体化効果ですね。それとも、歳と共に、もののあはれを感じるようになってきたってこと?ということは、加齢効果?もとい、単なる加齢?それとも、加齢イコール人間的成長?

なんでもいいけど、いつかは、ジュビロがまた、ふてぶてしいまでに強くなって、サポもゴーマンに戻れるといいな。
で、ここで、「今年こそは」、って、無理なことを言わないところが、「加齢」のなせるわざ?イコール人間的成長?しつこく繰り返すところが、年寄りの繰り言?(だから、どーでもいいってばさ。)

そうそう、今年、ジュビロのユニの背中は、キットカットではなく、ミロに変わります。ジュビロ選手の平均年齢低下に合わせたのかもしれん。「強い子のミロ」背負って戦うのが似合いそうな青二才ばっかのジュビロです。それにしても、中山や鈴木や田中にミロって似合わないよなー。ベテランのこと、もっと考えてやらんかい!ああ、また、年寄りの繰り言・・・。
posted by miquage at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

加齢なる一族

 タイトル、なぜか最初に、この字が出たのです。意味深です。

 キムタクの「華麗なる一族」ですが、初回は見逃したけど、二回目からなんとなく毎回見ています。しかし、はっきり言って、主役は、北大路欣也サマではありませんか。

 鈴木京香との、ベッド・シーン(上半身裸で、薄着の京香と並んでベッドに入っているだけですが)まで、こなしておられる!さすがでござります!胸板、厚い(よう)です!

 しかし、なんつか、まさに「御大」って感じの、この人が出てくると、なんでも時代劇になってしまうような感じがします。てか、まんま、腹黒なお代官様ではありませんか。

 ま、このドラマも、60年代の高度成長期という、「時代」を見る、時代劇なのですから、かまわないっちゃかまわないのかもしれません。トウが立った青二才を蹴散らして、大芝居を繰り広げる北大路様の前に、敵はありません。

 しかし、昨夜の回の、あまりにベタな、あまりに安っちー血糊の使い方、あれだけは、なんとかしてほしかったなー。時代劇風目張りメイクに、赤ペンキみたいなべっとり血糊って、討ち入りじゃないんだからさ。まさか、時代劇の小道具、そのまま使ってるんじゃないでしょーね(^^;)

 ハッ、でも、60年代って、今の若者にとっちゃ、もうそのくらいムカシ感がある「時代」だったりするの?だから、あれが許されるのかしら。うーーむ、じゃー、一人だけとても今っぽい、キ○タクの髪型はなんとする。あ、でも、彼は体型が60年代だから、許されるのか。(冗談ですよ、冗談・・(^^;;))
posted by miquage at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

サックスブルーのショッキングブルー

星のカケラを拾い集めても、もう二度と同じ光は放ちません。

古めのサポーターから見ると、もうほとんど空中分解の某チーム。クラブ側から言えば、多分、分解したのではなく、変形または変化もしくは進化しただけなんでしょう。

だけど、その過程で、こぼれていったカケラが、大きすぎ、多すぎるのです。もう、ほとんど実体が無いではありませんか。

それなのに、とうとう、今日、福西崇史30歳のFC東京移籍まで決まってしまったのです。これで、最後に残っていた、核の部分にまで、大きな穴が・・・(;>_<;)

きっと皆さんはご存知ないでしょうけど、ジュビロにはもう、藤田も名波もおらんのですよ。服部も今年からおらんことになったのですよ。

てことは、なんと、30歳以上の選手は、鈴木と田中と川口と、そして、ゴン中山くらいしかおらんとですよ。

てことは、若い子よりどりみどり状態ですのよ。でもほんと言うと、全部、アレダレヨ状態ですのよ。

すみません。ペコちゃんより、納豆より、ここ数日で、何より衝撃だったのは、(当然のことながら)この一件だったのでした・・・。
posted by miquage at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

めでた新年初TV

今さっき、紅白も終わり、2007年になっちまいました。
で、今、フジの「ジャニーズ・カウントダウン」という番組を見てます。確か去年の大晦日もなんとなくこれ見てたような。だって、ふと見たら、何故かマッチ(って呼び方もちょっとビミョーですが(^^;))が出てたんだもの。今年は、老けた少年隊が出てたりします。てか、ほんと、ジャニーズ番組って、雰囲気が大昔から、変わんないんだよな。安心感があります。あ、今年もまたまた、マッチ、出ました!・・しかし、十代前半から四十代まで、まんべんなく共演させてしまう、ジャニーズって、やっぱすごい。しかも、去年のヒットから、20数年前のヒットまで、完全にゴチャマゼで歌わせてるし(^^;)

こういう、アイドルの高齢生存率を見ると、日本は高齢化社会が進んでいるんだなぁ、とつくづく思います。そして、それにも関わらず、いつまでたっても、お子様文化の国なんだぁ、なんてね。いいのか悪いのかわからないけど、癒されないこともない、でも、こんなんで癒されてていいのか、てなこと考えていたら、、、森光子まで出てきたよ!記念写真じゃ、中心におさまってる。

うぅうむ、この人はいったいどういう位置づけなんでしょう。何故か絵的に見事にうまく収まっているんですよね。記念写真でも浮いてないし。もしかして、ここまでになると、何も生臭い感じがしないからかもしれませんね。だから、生臭い感じのしない、永遠の美少年&美青年集団たる(べき)ジャニーズ系と同席しても溶け込めるのね。

しかし、ほんとうに元気ですよね、森光子。いつまでもマッチとかいつまでも少年隊ってのもなんだかなー、と思って見てましたけど、この、森光子みたら、すべてぶっとんじゃいました。なんつか、化石になりかけて、でも微妙に中に水分を閉じこめているような、生臭くないけど、半生(なま)みたいな、どっこい、生きてる、みたいな、そう、プリザーブド・フラワーみたいな存在感が、なんとも言えません。(あ、プリザーブド・フラワーは生きてないんで、質感だけの例えですが(^^;))

ていうか、結局、この人が出てくれば、すべての違和感が霧散解消してしまうのです。少年隊が完全にオッサンだろーが、Kinki Kidsが十周年で28歳だろーが、たいしたことないんです。結局、究極の防腐剤というか消臭剤というか、そういう役割をになっているのですね。さすがだ!恐るべし、森光子!願わくば、来るべき超高齢化社会のシンボルとして、いつまでも長生きしていただきたいものです。
posted by miquage at 01:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ホカロン無情(T_T)ジュビロが日々

<天皇杯準々決勝@埼玉スタジアム>

   ジュビロ磐田  3 対  3 浦和レッズ
延長前後半      0 対  0
PK戦        9 対 10


今日は、最近珍しいくらいのいいお天気でした。
浦和美園駅から、スタジアムに向かう道すがら、分厚いダウンのコートを脱いで歩いたほどでした。実は、スタジアムは寒いだろうと、大きめの膝掛けやレッグ・ウォーマーまで持参しておりました。結果、リュック以外に手提げ袋が必要になり、ますます汗をかいてしまいました。

しかし、試合20分前位から席でじっと座っていたら、やはり寒くなってきました。結局、試合開始早々に、ホカロンを2つ出し、両腿の下に敷きました。

しかし、後半は、そのホカロンが暖かいのか、ぬるいのかよくわからなくなりました。あまりに寒い為だろうか、それとももうさめたのだろうか、んな、バカな・・などと時々、考えました。

延長になると、もう何も感じなくなりました。PK戦になると、寒さ自体を感じなくなりました。

・・・今、そのホカロンは私の手元にありますが、まだまだ暖かいです。不良品ではなかったのでしょう。冷めたら捨てようと思いながら、冷めないんで、捨てられません。でも、早く捨てたい!

負けた試合のホカロン(しかもまだ熱い)なんて、嫌いだぁ〜〜〜!!!



というわけで、以下は、スタジアム・レポートです。
てか、単なるグチですんで、聞いてやろうって方はどーぞ!

続きを読む
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

浦和美園で果つ?!ジュビロが日々

タイトルがちょっと縁起でもなかったかもです。

だいたい、駅名がいけないんですよね。
美園っていうと、フランス語だったら、シャンゼリゼじゃないすか(少しウソだけど(^^;)) ということは、とにかく、天国を連想させる地名じゃないでしょうか。 で、つい、果てる、とか言いたくなってしまうんですよね。いかんなー。

でも、果ててはいけない。バテてもいけない。
いや、負けて果てるのは勝手にしてくれだけど、勝って果てると、元旦の国立に行き着けなくなる。

なにしろ、明日(23日)、飛車角落ちのレッズに勝っても、29日はエコパで、(多分)静岡ダービーが待ってるんです。

でも、てことは、今年国立に行ける確率は非常に、そして非情に、小さいということです。

しかし、天皇杯は、元旦の国立が、ほんとの天国。
ここで勝って初めて昇天できるんです。
明日は心して戦ってください。

実は、私も、ホカロンを4つ持って、出陣です。
年の瀬ですが、年賀状も書いてませんが、掃除もしてませんが、寒いですが、行くんです。

だって、なにしろ、今年最後のジュビロの試合ですもんね。
最後くらい、見にいかんとね。(だから、違うってばーーっ!(^^;))
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

大出来かもねぇジュビロが日々

ジュビロ磐田 0 対 3 鹿島アントラーズ

最終節の結果については、もう「レッズ、オメ!(@^^@)」だけしか言うことがありません。ワタシの他の期待は、ことごとく裏切られました(T_T)


そして、「言うことがない」と言いながら、いつものように、「言う」ワタシ(^^;) 哀しいサガです。

まず、セレッソ大阪、入れ替え戦まで行けませんでした。福岡に抜かれて、J2落ちが確定してしまいました。名波がせっかくヘルプに行ったというのに、帰ってきたオークボも不発続きで、まことに残念です。最終戦は、森島が怪我で観戦、西沢も途中で負傷、という状況だったそうですが、やはり、入れ替え戦ができるとできないでは、天国と地獄ですよね。

入れ替え戦は、福岡対神戸。この組み合わせだと、私は神戸を応援したいです。昨季末の段階で、J1に移籍せず、がんばり抜いた、三浦淳宏の心意気をなんとかしてやりたい。(そりゃ、福岡にも、元ジュビロでがんばっている、久藤がいるけどさ。)昨日の最終節で、三浦淳宏は途中退場になってしまったらしいですが、入れ替え戦は出られるのだといいな。←やっぱ無理なのでしょうか?!


・・・あぁあ、なんかもう力尽きてきた。
バ○ヤローと言う元気もない。

ジュビロは昨日、鹿島の野沢のハットトリックで3対0で負け、通年5位で終わりました。先週、5連勝で4位に上がったのは、やはり(偶然+幸運)x2だったのでしょう。それが証拠に先週ジュビロに(たまたま)負けたエスパルスは、3対0で広島に勝って、しっかり4位で終わっています。

しかし、結局、今年のジュビロは「5位でも出来すぎ」な程度のチームだったのです。「6連勝」とか、「4位」とかいった数字は、まだまだなじみません。人材インフラの整備が不十分です。たまたま後半戦、調子が上がったので、4位以内、なんて夢を見てしまいましたが、昨日の試合(見てないけど)で、現実に気付きました。

来週から本格突入の天皇杯でも勝ち進めたら、(多少の)復活が少し本当に思えてくるかもです。しかし、天皇杯は、リーグ戦で疲れ果てた上位チームが弱いのが定番ですから、勝ち進めて当たり前なところがありますし、それほどこれで期待することもできないことは、よっくわかっております。。

てか、数年前、ジュビロがタイトル・コレクターだったころは、天皇杯もとってほしいと切に思いながらも、頼む、そろそろシーズン終了にしてくれ、と思う気持ちも片隅にオーアリでしたよ。選手もきっとそうだったと思うな。2シーズン制だったせいもあるけど、ほんとうにきつい日程だったもの。(ああ、また、遠い目・・・。)

それにしても、Fマリはまた、大改造のようです。某選手や某大介、どこに行くのかなぁ。
posted by miquage at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ああレッズ・・でもジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 0 清水エスパルス

ディープインパクト、勝ったそうですね!ってのは置いといて、
ガンバは、雨の中、ロスタイムのマグノアウベス・ゴールで勝ち、レッズは引き分けてしもうた。結果、レッズの優勝は最終節にもちこされ、京都サンガは最下位が確定してしまったのであった。

というわけで、今日は、もう本当にドラマな、優勝のかかった2試合(ガンバ対京都とレッズ対FC東京)をかけもちで見ることができ、TV観戦の醍醐味を味わうことができました。

しかし、レッズは、最終節(なんと2位ガンバとの直接対決)で、負けても、まず優勝は間違いないんですね。それというのも、ガンバったら、今日の試合で得失点差をかせぐことがまったくできなかったんですもの。

なにしろ、前節、ジュビロにも敗れ、死にものぐるいの京都は、本当にがんばりました。ロスタイムに入るまで、ガンバと引き分けで、宮本(の髪)もヨレヨレで湯気が(雨の日はいつもそうか(^^;))というすごい試合でした。少しだけ早く試合が終わったレッズは、もう今日優勝が決まるかと、待ちかまえていたのに、ほんとに残念だったのー。

ま、次はホームで盛大に優勝が祝えるのだから、ガンバさんのお陰でうちの優勝が一層盛り上がってよかった、くらいの寛大な気持ちで最終節にのぞんでください。だって、確か6対0くらいでレッズに勝たなきゃ、ガンバの優勝はないんだもの。

というのも全部置いといて、
もちろん、もちろんですわよ。ジュビロ・サポは、一番ドラマなもう一試合をメインで観戦しましたですよ! そう、ジュビロとエスパルスの4位をかけた決死のダービー! 

そりゃまー、○分に一回くらい、ギド&ワシンの仏頂面と雨にぬれた宮本&マグノの顔をおがみに行きましたけど、やはり一番イケてるのは、腸炎で前節休んだ、福西さんのちょっとやつれたニヒルなお顔だったなーと(いや別にサポだから義理立てしているわけじゃ・・(^^;))

とにかく、今日は福西の日でした。得点は、前田のPKだったんですけど、これを誘発したのは、福西さんでしたし、他にもいっぱい、解説者から、「経験と技量のなせるワザ」などと言われてしまうような「爽やかヤクザ」らしいプレイが随所に見られました。やはり、単なる「爽やか」だけでは、実力が伯仲したチームとの試合では勝てないんですね。

以上、ほんとうに久々にエスパルスに勝って、5連勝、そして4位に躍進したジュビロでした。

あれ〜、最終節の相手にしてすぐ後ろについてきていた、アントラーズったら、負けてやんの。やはり、オガサが抜けた穴は大きいのかなー。そのオガサのメッシーナ、25日は、ベンチ入りしたオガサの出番はなく、ミランに敗戦とのこと。(オガサ、ガマンだ、もうすぐ出番が・・。)

ところで、ジュビロのベテランは、アントラーズ柳沢(元メッシーナ)に何故かとても弱かったのですが、かつてのヤナギをよく知らない、(そして、W杯のヤナギを知っている)アジウソン・チルドレンの若手達はどうなのでしょうか。彼の神通力は通じるのか、最終節、これも楽しみなところです。あれ、でも、ヤナギは怪我でここのところ出ていなかったのかも?? やはり、明治は遠くなりにけり、ですなぁ・・・。
posted by miquage at 17:33| Comment(3) | TrackBack(1) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

どっこい勝ってる、ジュビロが日々

ふー、ようやく11月23日の「ジュビロが日々」まで来ました(とはいえ、一ヶ月でたった3件のエントリしかないって(T_T) )

てか、私がブログをサボっているからって、試合がないわけでも、ジュビロが負け続けているわけでもないのであったー。(負け続けてると思ってた人も多いんじゃ(^^;))

さて、今日を含めてあと3試合となった、J1リーグ、ジュビロは、今日も勝って、なんと2年ぶり、いやもしかして3年ぶりくらいの4連勝! で、5位から4位に上がったかな、と見たら、4位の同じ静岡のエスパルスも勝っております。仲良く足踏み状態。
そして、後ろから、ぴたりと鹿島が・・・。しかし、このあたり、優勝も降格もかかっていないので、盛り上がっているのは、ハッキリ言って各チームのサポだけ。ちょっと哀しいかも。

レッズ・サポはこの週末にもいいことがありそうで、いいなぁ。来季は私もこの時期、今季とは違った意味で正気でいられない状況だといいなぁ。

というわけで(どんなわけだ)、今週は、野ばらちゃんのではなく、本物の、ナボコフの「ロリータ」を読んでおります。最近出たばかりの新訳が、早くも文庫になってて、それがとてもいいと聞いたので、買ってみたのです。が、面白いです。とてもいいです。1955年の作品とのことですが、もっと古典っぽいのかと思ってたら、ちっともそんなことないのでした。

そして、今週末は・・・もしかして、エスパとの4位をかけたダービー決戦だぁっ!
posted by miquage at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュビロが日々もどき(また一月遅れ)

今度は、10月29日の「ジュビロが日々」でおます(^^;)


金・土と社内旅行なんてもんに行ってたお陰で、土曜日午後二時からの、浦和レッズとの決戦が見られなかったのです。その上、帰りの電車内で携帯の電池が切れてしまい、途中から試合経過のチェックができなくなってしまいました。ウォ〜!

しかし、災難はそれだけでは終わりませんでした。
TVで試合を見ていたはずのうちの親に早く結果を聞こうと、二階の居間に上がったら、何故か居間のドアが開かないではないか。そして、居間の中には、親が。私が帰るちょっと前に、居間のドアを閉めた瞬間から、開かなくなったそうな。

あわてて、近所の鍵屋に走ったのだが、二四時間営業と看板に出ているのに、やっていないのであった。電話もかけたのだが、誰も出ない。そこで、すぐ近くの交番に相談したら、すぐ、鍵・ドアの救急なんとかという会社のチラシをくれた。そこに電話したら、三−四〇分で来てくれるという。

結局、四〇分くらいたってやってきた、その業者が、ヤスリ(?!)で、引っ込まなくなってしまったドアの凸の部分を、ガリガリ切ってくれて、なんとか開きました。
しかし、その業者が、帰った直後に、何気なくドアを閉めたらもう一度開かなくなってしまう、というとんでもないオチまでつきました。

この時は、ノブを必死にガチャガチャやったら、どうにか開きましたが、結局、その部分を取り換えるまでは、もうドアをキチンと閉めてはいけなかったんですね。業者に電話したら、その注意をし忘れたのだと謝りました。彼の指示に従い、ドアが閉まらないよう、凹側をガム・テープでふさぎ、凸側のヤスリで切りきれなかった部分を、引っ込めた状態でやはりガム・テープ止めしました。

業者が言うには、狭いトイレのドアが開かなくなって、通りに向かって助けを求めた人もいるそうです。しかし、通りに向かって窓がないトイレだったらどうしたらいいのでしょう。閉じこめられたのが、通りに面した窓がある、水も食べ物も電話もある、居間でまだよかったのかもしれません。

いやー、しかし、何故かあのレッズに勝っちゃった(!!!)喜びも吹っ飛ぶような、ナンギな一日でした。いや、こういうことがあったから、かわりにレッズに勝てたのかもです。
posted by miquage at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。