2006年11月25日

一月遅れで、ジュビロが日々(^^;)

なぜか10月22日の「ジュビロが日々」でごんす(@^^@)


なんかよくわからないんですけど、呑み会の帰りに逆方面の電車に乗って、3駅行ったとこで気付きました。降りて乗り換えようと、そのホームの逆側で、しばらく待ってたら、そちらも同じ逆方面行きでした。おぬし、やるな!

という「トホホ」はおいといて、ホームを移ってようやく正しい方向の電車を待ちながら、携帯で試合検索したら、当然、日本シリーズの結果ばかり。ようやくJリーグの結果を見つけたら・・・。

はい。勝ち点3ゲットと、トラタヌをしていると必ず負ける、最近お定まりの悪パターン。4連勝どころか、な、なんと、降格争い真っ最中の福岡に勝利を献上してしまっているではありませんか。なんつー太っ腹。てか、お陰で、名波のセレッソの足を引っ張ることにもなってるじゃありませんか。せっかく、今日、セレッソも勝ったというのに、ジュビロのせいで自動降格圏内からの脱出はなりませんでした。ジュビロの方も、次回は、首位の真っ赤なチームとの対決!勝てるわけないと思ってると勝つ、という最近のいい方のパターンが適用されるとええのだが・・・。


ところで、久々に書き込もうとしたら、やり方を忘れていました!
今、やり直し入力をしたとこですが、今度は大丈夫かな。。。
posted by miquage at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ねばり腰リターンドォ!ジュビロが日々

ジュビロ磐田 2 対 1 大宮アルディージャ

おぉっと三連勝!
今季初の三連勝!!
そして、川口能活がジュビロに来て以来、初めての三連勝ーーっ!!!

川口のこと、ほんとに知らなかったです。
ヘーーホーー、そーだったんだー!!
なんかギャフン!(古っ)って感じです。
しかし、待てよ、てことは、昨シーズンは、一度も三連勝、無かったんじゃ・・・(大汗)

・・それにしても、まるで、ジュビロに今までかかっていた、「一勝したら一分け」、「二勝の後は負け」という悲惨な呪いがとけたかのようです。いったいぜんたい、どこの、どんな王子様がホカしてくれたのでしょう?それとも、アジウソン監督、アナタが、ラッキー・ボーイなの?!(ゴメン、プリンスとは言いがたいナイスすぎバデーなもんで。。)

いや、他力本願な考え方はいけませんです。
実は、昨日の試合の録画を見た後、ゴンが得点した、9月16日の、フロンターレとの激闘(4対3で勝利)の試合もビデオで見たのですが、若手、やってくれてるじゃありませんか!自分達でなんとかしなきゃ、どーにもならないぞってのが、だんだん骨身にしみてわかってきたんじゃ。てことは、裏返すと、監督も、ベテランも、それほどは頼りになんねーぞってのがわかってきて、お尻に火がついてきた、と言い換えることもできるかもです(^^;) が、よかったんじゃないでしょーか。結果的に、若手のお陰で、昔みたいな「勝ちきれるチーム」になってきたのですから!!

今日だって、2得点は、太田と前田の若手コンビだし、前田はなんと12点目。ま、今季は上に何人もいるから、FWで代表入りは難しいでしょうけど、ようやく前田も花が咲きはじめたようです。カレンは昨年の活躍はどーした、ってしょぼくれぶりだったですが、昨日だって、いい働きしたんだし、U21の代表にも今回、選ばれたしで、よかった、よかった。(チッ、磐田からは一人だけかよ、ってのはおいといて)

それから、いつも、解説者から、速さとスタミナを絶賛される、MF太田ですが、23歳の若さで、すでに、顔が、面構えが、できてきました!比較的小柄だし、まったく派手なとこがない選手ですが、そういう意味でも、とてもジュビロらしいMFだと思います。(いや、30歳になっても、顔を骨折しても、ちっとも顔が変わらない、アンドロイドみたいな某MFも、とても好きなんですけどね。)

で、実は、他のハタチくらいの選手の皆さんって、顔の区別はつくんだけど、プレーの特質まであんまし区別ついていません(^^;) でも、そろそろ、ヤツらも本格的に覚えてやらねばなるめー、と思う今日このごろなのでした。もう秋も深くなってきたことだし。←これはつまり、秋になるまで、何度もヤツら見てるのに、今まで覚えようって気が起こらなかったのか、記憶力の低下を意味するのか、アッシにもよくわかりません。それはともかくこれからは覚えようと思うって、覚え書きですな、多分(^◇^)

11月4日からは、天皇杯参戦だし、還ってきたねばり腰をキープして、勝ち抜いてほしいものです。
posted by miquage at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ねばり腰リターンズ?!ジュビロが日々

9/30  ジュビロ磐田 1 対 0 横浜F・マリノス
10/7  ジュビロ磐田 3 対 2 ガンバ大阪

アレヨアレヨの間に、2連勝。正直言って、どちらの試合もあまり勝てると思っていなかったので、ビックリしてポカンとしてたら、ここに書くのが遅れてしまったって感じです。とにかく、2連勝を果たし、今季初めて6位までせり上がったジュビロでございます。しかもっ、2試合とも、後半ロスタイムの前田ゴールによる辛勝、ねばり勝ち!(^◇^) 土曜夜の某スーパーサッカーPLUS でも、「てことは、ようやく磐田も走れるようになってきた、ということでしょうか」、なーんて、病人が重湯からお粥に変わったかのような、わかったような、コノヤローな、某氏の発言を聞くことができました。ほんまに、ようやく、ネバネバした二枚腰サッカーができるようになってきたのやろか。それともできるようになってきたかのような錯覚なのでしょうか。

というのも、ここ数試合、どうも監督の指示が、マン・マークとゾーン・ディフェンスのまぜこぜらしいんですけど、その切り替えがうまく行ったせいでうまく運んだのか、切り替えなかったのでうまく運んだのか、監督の試合後のコメント読んでも、よくわからなかったりするんだもん。古なじみのアジウソンではあっても、外人監督っていまいちよくわかりません。てか、ブラジル流で、わざとわからなくして、煙に巻いてるってとこもあるのかもです。それならそれでいいんだけどさ。たとえば、選手が監督の指示がよくわからなかったふりをして正確に従わなかったせいで逆にうまくいったんだったり(つまり、マグレってこと)じゃなかったことを、切に祈ります。トークバトルでゴンも嘆いていた、昨今のどーーしても三連勝かなわぬジュビロの不安定さが、今度こそ、解消されてきているのだとよいのですがー。

なにしろ、相手チームにとってみれば、マムシなみ(笑)にタチが悪い、たとえ負けてても「ロスタイムに同点にするのは当たり前、延長で勝ち越すのはデフォルト」な三枚腰、四枚腰の、しぶといサッカーをしていた、以前のジュビロを見慣れていた身にすれば、まだなんとも判断がつきかねるところです。試合を中継で見られたのは、岡ちゃんはすでにいないんで憎らしさも三割安(笑)のFマリとの一戦の方だけでしたが、この試合、両チーム共、instrumentalで「昔の光、今何処〜」のメロディがヒョロ〜と流れてきそうなサムいシーンた多々見られました。つか、どちらも、ほんとーにたいしたことなかったです。いつの間にかたいしたことなくなってしまったチーム同士の試合だったっす(涙)たいしたことなさを競い合ってる試合だったっす(シツコイ?!)結局、ジュビロが勝てたのは、F・マリの方が少しだけどーしょーも無さが勝っていたから、ただそれだけっす。

しかし、これもそれも、昔の目で今の選手達のプレーを見ているからなんでしょう。今の選手で、この内容、この勝利ゲットだったらもぉもぉ御の字ってか、ほめてつかわすってなもんのはずですよね。特に、一昨日なんて、勝った相手、ガンバっすよ。はっきり言って負けると思ってたから、外出中、携帯で経過確認もしなかったっすよ。揚げ句に、結果見て、これはアクセスするページを間違えて昔の試合結果を見てしまっているのでは、などという疑いすらもって、何度も確認し直した人もいたくらいだし(^^;)(どーせヲレだよ。)

以上、三連勝してからアップしようと思ってたら、もはやその機会はござらぬ、という、今季再三繰り返された教訓を生かして、アップしてしまおうと思います。・・・うっ、マズイっすよ、ヤバイっすよ、次節、こないだ初負けをさせていただいた、大宮サマじゃん。


にしても、昨年まで神戸にいた、ガンバの播戸、よくやってる!一昨日は頻繁にオフサイド・トラップにかかってくれたみたいで、有り難かったけど、どうせなら、遠藤やシジクレイじゃなくて、この人にゴールさせてあげたかった。7試合連続ゴールをあげさせてあげたかった。ほんと言って、このコは他人の気がしないっす。ああ、見慣れた坊主頭のあの形。こないだ、27歳にして、初代表に選ばれた時は、涙が出そうでした。それもこれも、「こ〜べ〜、泣いてどおなるのか〜」と今年、J2にいってしまった神戸ですが、その神戸にいた時の、2004年春のあの人との思い出があるから。この人を見ると、あ奴を思い出すから。そうそう、あの頃は、播戸くんのHPも頻繁に見に行ったよなー。そういう人、きっと多いよね。とにかく、あの頃、(多分)アレに優しくしてくれて、ありがとうね。それだけで、もうこれからもずっと応援するからね。代表でもゴールあげてね!

それにしても、あーーあ・・・。
posted by miquage at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

アマンドが夢、ジュビロが日々

昨日は、祝日なのに、仕事でしたー。

そしたら、フカクでしたー。午後3時半から試合だったのでしたー。断じて忘れていたわけではないのに、試合経過&結果をネットでチェックするのを失念しておりましたー。

4時半頃、仕事が終わって、銀座に映画を見にいきましたー。祝日の土曜のせいか、見たい映画のチケットは、きれいに売り切れてましたー。最近、銀座の映画館はほとんど指定席だったんですね、知りませんでしたー。

虚しく、お茶して帰る途中、もう試合が終了時間なことに気付きましたー。携帯でチェックしたら、3対2で負けてましたー。

てことは、1年半ぶりの三連勝は泡と消えましたー。
ゴンは、39歳のバースデー・ゴールをあげるどころか「ホームで、ひさびさフル出場で、負け」、というのを体験したのでしたー。

ついでに、相手は、今までジュビロが負けたことがないはずの、大分トリニータでしたー。

ちなみに、ここのところ、チームの中心として大活躍の、「だけど、もう多分代表には呼ばれない」福西は、眼窩骨折で欠場でしたー。


てことで、一番哀しかったのは、負けたことないチームに負けさせていただくという初体験にも大きなショックを受けなくなった自分の打たれ強さ(←ちょっと違うような気も(^^;))でしたー(トホホ)

有楽町アマンドのビッグシュー(イチゴ入り)が美味しかったのが、せめてもの慰めでっしゃろか、てな一日でしたー。

    * * * * * *

とゆわけで、問題のビッグ・シューですが、高さ7センチ、直径11センチ位(誤差1センチ内外)の大きなものでしたー。お陰で、本当なら追加したかった、ダージリン・ティー・シューにはアタックできませんでしたー。

このビッグ・シューの中には生クリームとカット・イチゴがほどよい割合で入っていて、イチゴの酸味が生クリームの甘みを緩和し、この大きさでも軽く食べられるようになっていましたー。

久々にアマンド(日比谷店だけど)に入ったのを記念し、アマンドのHP、初めて見てしまいましたー。

・・・しかし、このトップページの、アマンドのキャッチフレーズ(?!)ってどうよ?

「美しい菓子は、あたえる美しい人生を!
 快い菓子は、あたえる快い律動を!」


律動などいらぬ。
勝利がほしい!
posted by miquage at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

疾風怒濤三連休

私的に年に一度クラスのイベントが続いた三連休が終わった〜。てか、終わってしまった〜。ハ〜〜〜、疲れました〜〜〜。

昨日は、「誰も寝てはならぬ」のドSなトゥーランドット姫に翻弄されてヘロヘロになって帰ってきたら、ジュビロが、ジュビロが、川崎Fを振り切って、勝っとるやないか〜〜〜っ!(^◇^) 7対0の前試合でもう運は尽きたかと思ってたんだけど、イケてるじゃありませんか!!!しかし、アッシが見られないと根性出すって、いけない習慣がついてしまったよーだね、ジュビロさんは・・・。

そして、今日は、誰が見ても見なくても負ける心配だけはない、「ぴあ」のジュビロ・トークバトルを見に、国際展示場に行ってまいりました。出演は、ゴンちゃんとカレンくん、そして司会は、中西さん、という豪華キャスト!だけど、昨夜の試合で2人が1ゴールずつあげてなかったら、なんと寂しいトークバトルになっていたことか。こういうこと一つ見ても、若いカレンはともかく、ゴン中山がいかに強運な男がわかるというもの。何しろ、昨夜のが、今シーズン初ゴールだったんだもの。お陰で、国際展示場内国際会議場の座席はほぼ満杯、とても盛り上がっていました。まるで、ジュビロが強かった頃のトークバトルのようでした(トホ)

てことで、いや〜、ゴンちゃんのしゃべること、しゃべること。ほとんど中西さんと2人の対談ショーのようでした(^^;) なにしろ、話が面白すぎて、終わらなくて、予定時間を20分も過ぎてようやく終わったのでした。

で、特に「やっぱそうだったのかー」感(笑)が強かったことなんですけど、21歳のカレンくんは、ゴンはじめジュビロのベテラン選手と食事に行くとかオフでのおつきあいをほとんどしたことないのだそーな。中西さんもビックリでした。

ベテラン側が誘いにくい理由ってのが、若いハタチ前後の選手は、寮住まいが多いので、寮のバランスのとれた食事で身体作りをすることが望ましいので〜、なんて中山は言ってましたけど、要するに、歳が離れすぎていて、おつきあいのしようがないってことなのねっって感じ。

やはりねー。このあたりに、ジュビロのサッカーの統一性がなくなった原因があるんじゃ、とゆー思いを強くしちゃったのでした。中西氏が、誘ってもらえってけしかけていましたから、これからに期待しましょー。(遅いんじゃ、なんてドSな突っ込みは無しね(^^;))
posted by miquage at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

永遠のデスラ〜様ふたたび!

ウキャ〜、月イチ呑み会から早めに帰って、なにげなくテレビをつけたら、なんと、デスラー総統のお顔がアップに!!!
しかし、せっかくデスラー様が挨拶しに来たというのに、ヤマトの船内には誰もいない。古代達は、ANAの特割を利用して、観光中だったのだ〜。

というわけで、デスラー総統、ANAのCMに特出だったのです。ああ、おなつかすぃ〜(T_T) やはり、お慕いも〜しておりますわ〜。
あ、古代や雪も、出てましたですよ、観光シーンで一瞬。でもやはり、あくまで主役はデスラー様。彼らはオマケですのよ。

・・・てか、このCM、ANAの宣伝になるんだろうか。
ヤマトのDVD貸し出しが増えるだけだったりして。。
posted by miquage at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画>女性漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

アレアレアラアラ ジュビロが日々

9/9(土)  ジュビロ磐田  7 - 0 アルビレックス新潟

皆さんご存知の通り、8月23日にジェフに3対1で勝ったジュビロは、その後、「以下省略」したくなるような2つの結果をプレゼントしてくれました。

8/26(土) ヴァンフォーレ甲府と 1 - 1 で引き分け(>_<)
8/30(水) サンフレッチェ広島に 2 - 1 で敗戦(;>_<;)

ところが、昨日、ジュビロは、何故か7対0で、アルビレックス新潟に完勝したのです。

中継がなかったので、TVでやってる名波@セレッソ対ガンバの大阪ダービーを見ていたヲレは、ジュビロHPの試合経過が、刻々と加点されていくのを見て、「ウソだろ」とか「なにかの間違いだよな」とか「審判がひどいのかな」とかついつい思った、恩知らずだっ。

とゆわけで、いつも(勝手に)お世話になってる、「三光鳥の話」さんが、リンク・フリーなのを今頃発見したので、リンクを貼らせていただくことにしました。詳しくはそちらをご覧あれあれ、ですm(__)m

そうそう、三光鳥っていうのは、静岡の県鳥(「けんちょう」って読むのかしらん)でごわす。ジュビロの「ジュビロくん」、と「ジュビィちゃん」(確か17歳)は、三光鳥のカップルなんだよん。しょーむない豆知識ですまんこってす。
posted by miquage at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

禍福はあざなえるナワのれん(T_T)

ううっ、23日はやっっぱり厄日でした。
夜中にシアワセな気分でジュビロ勝利報告を書いた約一分後、リンク先のおあねす先輩のとこを見たら、某氏の「引退が決まったらしい」って書いてあるのに突然気付きました。ガビ〜〜ンと、凍りついてしまいました。

まだ、Milliyet紙の独占報道(本人表明ではない)とのことですが、とうとう「タオルを投げた」そうです。実際的にはとうにタオルは投げ込まれていて、サッカー選手としては引退同然だったことは、私だってアタマではわかっていたんです。でも、心と体が認めようとしていなかったんだ〜〜(;>_<;)

しかし、本当に公式に引退ということになれば、サッカー選手としては、名実と共に完璧に終了したわけで、これから丁寧に葬らねばならないのです。引退試合とかやってもらえるのだろーか。やったってトルコじゃどーせ見らんないけどさ。

それにしても、これからは、YouTubeで某氏を検索しても、芸能ネタ動画ばかりになるのだろうか。リンク先のpondeliさんとこによると、奇しくもトルコは土葬だとのこと。私は、これからも、某氏サッカー選手時代の画像や動画を掘り返し続ける、ネットのゾンビ・ハンターになるしかないのだろうか。それとも、モデルや俳優としての某氏に萌えるんるんアルバムと化していくのだろうか。

明日はどっちだ?
どっちなんだよーーーっ☆☆(>。☆)
posted by miquage at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | イルハン>ジュビロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

今日はカンダイッチ(⌒▽⌒)ノジュビロが日々

ジュビロ磐田 3 対 1 ジェフ市原・千葉

今日は、コンタクト入れを開いたらなぜかかたっぽしか入ってないし、某有名中華料理店の予約とろうと思ったら感じ悪いし、胃が荒れてキャベ○ン常用中だし、いいことないなー、と思ってたら、最後にありましたっ(@^^@)

なにせ4試合ぶりの勝利でっせ。
それもあの、ジェフ市原・千葉相手に3対1でっせ。
しかも、前半20分くらいに一人退場で、10人で戦ったんですぜ。
J1では珍しいほど若手ばかりのヤング・ジュビロ、やってくれます!
そんなに私のグチがこたえたんでしょーか(@^^@)
・・ぢゃなくて、やはりこれは、名波不在効果ではなかとですか?!
若いコ達も、自立しなくちゃと、根性座ってきたのじゃなかとですか?!

 次もバッチリ期待しちゃおーかな。
 てか、期待すると負けるんだよなー。
 ・・・表面的にはやめとこ。

ところで、うち帰ったら、洗面所にひからびたかたっぽのソフト・コンタクトが。
どうやら、昨夜洗う時に落としたらしい。
高い、2週間使い捨てのだったのになー。
昨日使い始めたばかりだったのになー。
でもいいの。一つ得たら一つ失うものなのよね。
それに、眼球の裏に回ってたりしてなくてよかったよね。

てことで、とにかく今日はカンダイッチなのであった〜(⌒▽⌒)ノ"
posted by miquage at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

負けない!ジュビロが日々

ジュビロ磐田 1 対 3 名古屋グランパスエイト


ううぅうむ、厳しい。
ジュビロ・サポ的にヒジョーに厳しいジュビロなのだった。
またまた3失点。前の試合では3失点しても分けたが、今度は、敗戦である。

そして、対戦相手「藤田俊哉の名古屋」は、これで4連勝だそうな。
試合見られなかったんでわからないけど、俊哉は、ようやく最近、
名古屋でボランチとしてうまくなじみつつあるそうな。
それはそれでけっこうなことである。
そして、名波のセレッソは、名波が見ているだけで、13試合ぶりに勝ったそうな。
てか、皆の動きがあまりよかったので、名波は出る暇なかったそうな。

てことで、繰り返すが、アジウソン新監督になっても
あいかーらずヒジョーに厳しいジュビロなのであった。
なにが厳しいかって、最下位セレッソに2対0で完敗した、
岡田F.マリちゃんに匹敵するくらい厳しい。
でも、本当はもっとずっと厳しいのは、
F.マリより2位だけ上の10位 ジュビロなのかもであった。

・・・てのは、勝てないからってのもあるけど、
そんなことでは、ジュビロ・サポは負けなくってよなのであって、
だけど、ジュビロがジュビロじゃない感じがするのは
負けそーなくらい、厳しいのであった。ヤバイのであった。
だって、名波も藤田もいないっしょ。中山出らんないっしょ。
そしたら、田中誠だって鈴木秀人だって福西だって、
ここってどこのチームよってプレーしてても思うんじゃないの。

てか、二十代前半ってか、二十歳くらいの青い果実(笑)ばっか
ピッチに取り残されているんですが、こういう人員構成って、
宴の後っつか、空中分解すませた後みたいな感があるのですが、
いかがなもんでしょ、若い新監督。
こういう若いにーちゃん達をかわいがって、まとめてくれる
おじさん達が、少数派になりきっちゃって、もうすでに死に体。

大黒柱のおっさん群がsomeからa few になり、今度はとうとう、
few になってしまった感がアリアリ。
誰かにその役割をシフトするったって、フクにするのは、無理な話だろう。
昨日の試合見た人から、あまり動いてなかったとクレームがついていた。
8月12日の鹿島戦でも同上だった。
いや、動かなくってもいいんだけどさ。別の役割果たせる人なら。
でも、性格的にそういう役割とはミスマッチなんじゃないの。
かといって、ゴンもハットもマコもヒデも、そういうタイプの人材ではなかろう。
それとも、アジ監督は、そういう役割はいらないってか?!

名波は、あと1年半ほどは現役でフル稼働して、35歳で引退、
42歳で監督で帰ってくる、みたいなことを言ってるそうだ。が、
が、が、

いったい帰るおうちはあるのだろうか・・・。


負けてないのは、タイトルだけやん(^^;;)
posted by miquage at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュビロ>イルハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。